>   >  ビジュアライゼーションやバーチャルプロダクションもOK!ASUSモバイルワークステーション「ProArt StudioBook」の実力と使い勝手をモデリングブロスがチェック
ビジュアライゼーションやバーチャルプロダクションもOK!<br />ASUSモバイルワークステーション「ProArt StudioBook」の実力と使い勝手をモデリングブロスがチェック

ビジュアライゼーションやバーチャルプロダクションもOK!
ASUSモバイルワークステーション「ProArt StudioBook」の実力と使い勝手をモデリングブロスがチェック

[PR]

昨今注目を集めるビジュアライゼーションやバーチャルプロダクションの制作において、ノートPCはどこまで活用できるのか。その分野の担い手であり技術開発にも参画するモデリングブロスが、クリエイター向けのASUS製モバイルワークステーションを検証。高負荷にも対応するスペックと、利便性を高める機能に迫った。

TEXT_近藤寿成(スプール)
PHOTO_弘田 充

まず重視するのは「メニーコアCPU」
ゲームエンジンのためのGPU も高性能に

VFXのモデリングから製造業界向けビジュアライゼーションモデルの制作まで、多彩なコンテンツやアセットの制作を担うモデリングブロス。現在は系列会社スタジオブロスと共に行っている ソニーPCLとの協業の中で、バーチャルプロダクションなどの映像ソリューション開発も手掛けている。

今回はモデリングブロスの代表で、以前はハリウッドでCGアーティストとして活躍していた今泉隼介氏に、同社の業務内容を踏まえて、ASUSモバイルワークステーション 「ProArt StudioBook」の実力や使い勝手を検証してもらった。


  • 今泉隼介 氏


    モデリングブロス 代表

モデリングブロスの業務において、「VFX用の背景アセット制作やハードサーフェスモデリング」「ゲームエンジンを活用したビジュアライゼーション」「バーチャルプロダクション」の3つが、大きな柱として挙げられる。ビジュアライゼーションでは、例えば自動車メーカーのデザイン検討に利用するビジュアライゼーションを、メーカーから提供されるCADデータを活用してゲームエンジンで実現する。これにより、車のタイヤやボディカラー、あるいは背景などをコンフィグレーターで変更し、その様子を360度好きな角度からチェックできるようになる。一方バーチャルプロダクションは、大型LEDディスプレイに背景映像を映し出し、その前に立つ人物や物体などを一緒に撮影する手法である。カメラの動きに連動して背景のパースを動かす必要があることから、背景映像をリアルタイムにレンダリングする技術が求められる。モデリングブロスでは、その背景コンテンツや連動技術の開発を担っているかたちだ。

▲自動車業界ではとくにハイクオリティが求められる傾向にあり、カーコンフィグレーターなどではレイトレーシングに対応した表現が当たり前になりつつある。当然、負荷の高いコンテンツになりやすいわけだが、高スペックモデルのProArt StudioBookなら「リアルタイム表示での作業にも対応できるレベルにある」(今泉氏)

今泉氏によれば、ゲームエンジンを使用したリアルタイムのビジュアライゼーションは、高いクオリティを求められるフェーズに入っているとのこと。レイトレーシング対応が当たり前になりつつあり、PCへの負荷は「非常に高くなっている」そうだ。また、社内では「イテレーションの回数をいかに増やすかに重点を置いている」(今泉氏)ことから、より早く結果が見られるようなPC環境を目指しているという。 そのため、モデリングブロスではPCパーツ全体でスペックの高さを求めているが、その中でもまず重視するのが「メニーコアのCPU」である。DCCやCAD、ゲームエンジンなどのアプリケーションが昨年からメニーコアに対応し始めたことから、作業時の負荷低減と効率向上を目的にメニーコアCPUへの入れ替えを進めているそうだ。その意味で今泉氏は、今回のモデルが「インテル® Xeon® プロセッサー」を搭載する点に期待を寄せる。また、ビジュアライゼーションで利用するゲームエンジンはGPUパワーが求められることから、GPUも優先度は高い。実際、今泉氏が利用するデスクトップは一般向けの一世代前のミドルハイエンドのCPUとGPUを採用している。

▲ボディや内装などのカラーリングが、ユーザーにもメーカーにも直接に関わってくるというのは自動車業界ならでは。当然、細かい調整が求められる部分となるが、ProArt StudioBookが搭載するディスプレイには「違和感がない」と今泉氏。キャリブレーションは何気に手間のかかる作業となるだけに、最初から調整されている点はうれしいポイントだ

これらの背景を踏まえ、今回は今泉氏が高い負荷のかかるテストを実施すると共に、全体的な使い勝手をチェック。ASUSモバイルワークステーション「ProArt StudioBook」がもつ実力を検証した。

検証ハードウェアについて

今回は、ASUS製のクリエイター向けモバイルワークステーションをピックアップ。広色域に対応した17型液晶ディスプレイを搭載する「ProArt StudioBook Pro X W730G5T」と「ProArt StudioBook Pro 17 W700G3T」の2モデルで、ビジュアライゼーション時の性能を検証した。

ProArt StudioBook Pro Xはワークステーション向けの6コアCPU「インテル® Xeon® E-2276M プロセッサー」と業務用GPU「NVIDIA Quadro RTX 5000」を、ProArt StudioBook Pro 17は6コアCPU「インテル® Core™ i7-9750H プロセッサー」と業務用GPU「NVIDIA Quadro RTX 3000 Max-Q」を搭載。どちらも、ハイスペックとコンパクトサイズを高いレベルで両立するモデルとなる。

さらに、両モデルの液晶ディスプレイはASUS ProArt Calibration技術を搭載し、sRGB 129%、Adobe RGB 97%、DCI-P3 97%に対応すると共にDelta-Eは1.5未満を実現するほか、PANTONE認証も取得する。

ProArt StudioBook Pro X W730G5T
¥649,000(税込)

  • OS
  • Windows 10 Pro for Workstations 64ビット
  • CPU
  • インテル® Xeon® E-2276M プロセッサー(6コア / 12スレッド / 2.8GHz /インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0利用時は最大4.7GHz /キャッシュ12MB)
  • GPU
  • NVIDIA® Quadro RTX™ 5000
  • メモリ
  • 64GB DDR4-2666 ECC対応
  • ストレージ
  • 1TB M.2 NVMe PCIe 3.0 Performance SSD
  • ディスプレイ
  • 17.0型WUXGA(1920×1200)16:10、DCI-P3:97%

製品情報はこちら

ProArt StudioBook Pro 17 W700G3T
¥252,780(税込)

  • OS
  • Windows 10 Pro 64ビット
  • CPU
  • インテル® Core™ i7-9750H プロセッサー(6コア / 12スレッド / 2.6GHz /インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0利用時は最大4.5GHz /キャッシュ12MB)
  • GPU
  • NVIDIA® Quadro RTX™ 3000 Max-Q
  • メモリ
  • 32GB DDR4-2666
  • ストレージ
  • 1TB (PCI Express 3.0 x4接続)
  • ディスプレイ
  • 17.0型WUXGA(1920×1200)16:10、DCI-P3:97%

製品情報はこちら




次ページ:
ビジュアライゼーション向けデータの UE4フレームレート計測結果は?

Profileプロフィール

モデリングブロス 代表 今泉隼介 氏

モデリングブロス 代表 今泉隼介 氏

モデリングブロス

モデリングブロス

フォトリアルな表現を中心に、多彩な作品を制作するモデリング・ライティング専門プロダクション。プロダクトビジュアライゼーションからエンターテインメント映像デザインまで、幅広い領域を手掛ける。そのほか、教育機関での講演やCG教育に関する活動も行う。 www.modelingbros.com

スペシャルインタビュー