>   >  目指すのは、クリエイティブ・テクノロジー・カンパニー。創業1年でカンヌライオンズを獲得した、豪Alt.vfxが実践する次世代のVFXスタジオ像とは?
目指すのは、クリエイティブ・テクノロジー・カンパニー。創業1年でカンヌライオンズを獲得した、豪Alt.vfxが実践する次世代のVFXスタジオ像とは?

目指すのは、クリエイティブ・テクノロジー・カンパニー。創業1年でカンヌライオンズを獲得した、豪Alt.vfxが実践する次世代のVFXスタジオ像とは?

オーストラリア・ブリスベンに本社を置く、VFXスタジオAlt.vfx。2011年6月にスタジオをオープンさせた同社は、共同創立者である高田 健氏のキャリアを活かして日本のCMや映画などのVFXも精力的に手がけており、『SUNTORY PEPSI NEX 桃太郎シリーズ』や 『namie amuro x docomo 25 年の軌跡』など、エポックメイキングな作品制作に携わってきた。6人でスタートしたAltは、現在常駐スタッフ70名、APAC地域では最も受賞歴のあるスタジオへと成長した。Alt創立10周年記念企画として、高田氏にAltの成功を支えてきた同社のDNAや軌跡を深堀りする。

TEXT_山本加奈 / Kana Yamamoto(NEWREEL.JP
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
Special thanks to 田中秀幸 / Hideyuki Tanaka(FrameGraphics.)、柿本ケンサク / Kensaku Kakimoto and 河西正勝 / Masakatsu Kasai(Tohokushinsha Film Corporation

Alt.vfx - The Work - 2020

<1>ピンチがチャンスを生む。Alt.vfxの設立のきっかけは"大洪水"

──設立10周年おめでとうございます。この10年は長いものでしたか? それともあっという間の10年でしたか?

Alt.vfx・高田 健氏(以下、高田):ありがとうございます。本当にあっという間の10年間でした。自分たちを取り囲む環境は随分と変わったし、変化のスピードは年々加速していると感じます。デジタルテクノロジーの進化は目覚ましいものがありますが、コロナ禍でさらに推し進められたんじゃないでしょうか。設立当時から取引先のクライアントやブランドも様変わりしました。目まぐるしく変わる世の中ですが、Alt.vfx(以下、Alt)は仲間とはじめた独立系の会社ということもあって変化に強い体質が幸いし、激動の世の中においても成長を続けられました。仲間たちと一緒にAltを起ち上げて良かった。その気持ちは創業した初日から変わりません。

高田 健/Takeshi Takada
Alt.vfx共同代表取締役、エグゼクティブ・プロデューサー。日本生まれ、オーストラリア育ち。日本でIT企業や広告代理店を経て渡豪。業界を代表するポストプロダクションでプロデューサーとして業務に携わる。2011年に独立し、ビジネスパートナーとAlt.vfxを設立。トップクラスの技術とクリエイティブの力で世界で評価されるスタジオへと成長。ブリスベン本社をはじめ、シドニー、メルボルン、ロサンゼルス、東京に拠点がある
www.altvfx.com/

──Altを起ち上げるにいたった経緯を教えてください。

高田:これが面白くて。共同設立メンバーのコリン・レンショウ/Colin Renshawと僕は当時、オーストラリアの最大手のVFXスタジオであるCutting Edgeに在籍していました。僕はプロデューサーとして、日々楽しく仕事をさせてもらっていましたが、6年程経った頃からコリンと、僕たちが会社を起ち上げたらどうなるかなって話すようになりました。まだ見たことのない世界を見てみたい気持ちが芽生えはじめたんですね。

そんなとき決定的な出来事が。僕たちの住む街、ブリスベンで大洪水が起きました。ちょうどそのとき、日本からの大きなキャンペーン案件が進行中で、それは僕たちにとって"勝負作"となる、難易度の高いCG作品でした。街全体が大洪水で浸水し、都市機能は麻痺し、空にはヘリコプターが飛び、コロナ禍じゃないですけど自宅待機を強いられるほどの災害でした。ビルに入るのも警察をくぐり抜けて入らないといけない状況だったので、僕たちプロジェクトチームは、夜中に会社に忍び込んでサーバを上の階に運びました。水が引き始めた日には最上階の会議室に仮設のワークスペースをつくって作業を再始動していたんです。自分たちのクリエイティブやクラフトへの情熱の強さを実感した出来事でした。この一件で「このメンバーだったらこれからも絶対にいいものをつくれる」と思ったんですね。同じような強い気持ちがメンバーそれぞれの中にも芽生えたんじゃないかと思います。

「ピンチがチャンスを生む」という考え方が僕は好きなのですが、極度のピンチのときに僕らは会社設立というチャンスを見出しました。半年後にはFlame 2チェーン、Avid Media Composer用PC2台、DaVinci ResolveMaya用PC 6台、Nuke用PC3台を導入した、Alt.vfxが誕生しました。当時は画期的なSAN/NAS統合 サーバ「SPYCER BOX」も導入して、デジタル化を見据え最初からテープレスのワークフローを構築したことがポイントでした。

──ドラマのようなお話ですね。起業してからはじめての作品を覚えていらっしゃいますか?

高田:もちろん覚えています。この作品もまた、すごいことが起きるんですよ。まずコリンと僕が退社して独立の準備をはじめたのですが、そのときの僕らの所有物といえばiPhoneとMacBookだけでした。オフィスもないから打ち合わせはカフェ。知名度も所有物も何もない僕たちのところに、コリンと関わりのあった、ガース・デイヴィス/Garth Davisというオーストラリアではスーパースターの監督(『LION ライオン 25年目のただいま』や、現在製作中の『Tron: Ares』で監督を務める)から、コリンに直接仕事の相談がきました。大手のビール会社の大キャンペーンです。「CGでフォトリアルなシカをつくってほしいんだけど、できるか?」という内容でした。当時はCG動物というと、ハードルが高く誰もがやりたくないモチーフだったんですね。通常なら業界のトップスタジオに話がいく案件です。コリンと仲間で色々と議論しながら「僕たちでできる!」と、この案件にコミットする決断をガースに伝えました。

と、そこまではいいのですが、すぐに広告代理店の担当者から電話がかかってきました。

代理店:ところで、会社はあるんでしょうね?
僕:会社は昨日登記しました。
代理店:オフィスはあるんですよね?
僕:ありません......。でも、みなさんが撮影が終わって編集に入る頃には、オフィスはできています。僕はその建物の前に今、まさにいますから!

といった感じで必死に説得しました。

──スタートアップ精神が満載のエピソードですね。それが2012年度のカンヌライオンズでシルバーを受賞したトゥーイーズの『Nocturnal Migration』というわけですね。

高田:ええ、このトゥーイーズのプロジェクトは3ヵ月ほどかけてつくった、僕たちのデビュー戦となりました。そこからはまさにシンデレラストーリーのようでした。「どこがあのシカのVFXをつくったの? Altだって。Altって誰??」って業界がザワついたほど(笑)。ガースをはじめ僕たちに賭けてくれた人たちには感謝しかありません。

『Nocturnal Migration』
カンヌライオンズでVFX部門でシルバー、アニメーション部門でブロンズを受賞。Nukeでコンポジット、Flameでフィニッシュ、3DCGにはMayaMassiveが用いられた
www.altvfx.com/work/tooheys-extra-dry/
Toohey's Beer - NOCTURNAL MIGRATION
Dir: Garth Davis, VFX: Altvfx

メイキング動画

<2>Nothing is Impossible ! ピンチをチャンスに変えるAltのDNA

TOYOTA HIGHLANDER『HEROES』
2020年のスーパーボウルで放映された本作のVFXを担当
www.altvfx.com/work/toyota-highlander/

──今では"Alt"というブランドが確立されていますが"Altらしさ"はどのようにつくられていったのでしょう?

高田:会社設立のきっかけとなったエピソードにも現れているのですが、当時からAltには"妥協しない"というDNAがすでにありました。それがブランド力を築き上げた原動力だと思います。そして「ピンチはチャンス!」ですよね。きっかけとなった大洪水の事件からこの2つのDNAが形成されていったんだと思います。"Nothing is Impossible----不可能なことはない"と、みんなが本気で信じています。

──それらのDNAを支えてきた、企業カルチャーのようなものがあれば教えてください。

高田:ひとつはコラボレーションです。僕たちは第1号作から現在まで、世界的なアーティストと手を組んで作品づくりをしてきました。プロジェクトによって必要なアーティストは異なりますが、社内で補えない人材はプロジェクトに応じて世界各国のアーティストをキャスティングしています。でも 裏を返せば、創業当初は実績もなかったのでそういったやり方でしかできなかったわけですけど。

そして、日本とは逆かもしれませんが、Altはスペシャリストの集団にこだわっていることです。ゼネラリストはいません。コラボレーションをするアーティストもその分野で超越した才能をもつアーティストたちです。トゥーイーズのCMでは動物の表現が難しいと先に触れましたが、僕たちは、イタリアのマシモ・リギさんという動物のスペシャリストをアサインしました。そしてシカの群れの表現では、ロード・オブ・ザ・リングで活躍したMassiveの使い手を口説いて参加してもらいました。リギングはアニマル・ロジックにも在籍していたことがあって、フリーランスとして活動しているスーパースターに頼みました。この考え方は今も変わりません。そういう意味でも、これらの全てを内包しているトゥーイーズのCMは、Altにとって大きな意味をもつ作品です。

次ページ:
<3>田中秀幸監督、柿本ケンサク監督、河西正勝プロデューサーから届いたお祝いのメッセージ

Profileプロフィール

高田 健/Takeshi Takada(Alt.vfx)

高田 健/Takeshi Takada(Alt.vfx)

Alt.vfx共同代表取締役、エグゼクティブ・プロデューサー。日本生まれ、オーストラリア育ち。日本でIT企業や広告代理店を経て渡豪。業界を代表するポストプロダクションでプロデューサーとして業務に携わる。2011年に独立し、ビジネスパートナーとAlt.vfxを設立。トップクラスの技術とクリエイティブの力で世界で評価されるスタジオへと成長。ブリスベン本社をはじめ、シドニー、メルボルン、ロサンゼルス、東京に拠点がある
www.altvfx.com

スペシャルインタビュー