>   >  ディレクションシーズが伝授!超効率的3DエフェクトTIPS(遊技機向け映像からスマホゲームまで)
ディレクションシーズが伝授!<br/>超効率的3DエフェクトTIPS(遊技機向け映像からスマホゲームまで)

ディレクションシーズが伝授!
超効率的3DエフェクトTIPS(遊技機向け映像からスマホゲームまで)

[PR]

昨今の遊技機向け映像は、液晶画面の表示性能の高まりなどを受け、よりいっそうリッチで高品質な表現が求められてきている。そこで今回は、遊技機映像制作に多くの実績をもつディレクションシーズに3DCGソフトとコンポジットソフトを上手く連携させることで、効果的に派手なエフェクト映像を作り出すコツについて解説してもらった。ぜひ、参考にしてもらいたい。

▲遊技機向け3Dエフェクトサンプル
Copyright © DirectionSeeds Co.,Ltd. All Rights Reserved

▲Unityを用いたスマホゲーム向け3Dエフェクトサンプル
Copyright © DirectionSeeds Co.,Ltd. All Rights Reserved

【INFOMATION】
ディレクションシーズは、コンシューマー・スマホ・VR等ゲーム案件増加に伴い、積極採用中!!

■募集職種:①2DCGデザイナー②3DCGデザイナー ③3DCGアニメーター ④コンポジッター ⑤絵コンテ
■待遇:【新卒】月給23万円 /【キャリア】年収320万円~550万円
※希望、経験、能力を考慮の上、当社規定により優遇
■休日:年間休日数126日(2016年度)/完全週休2日制(土・日・祝・その他会社の定める休日)/年末年始休暇、年間休暇、有給休暇

>>>詳しくはこちらまで

スマホゲームにも役立つ遊技機ならではのノウハウ

遊技機業界は激動の時代を迎えている。規則改正等の影響を受け、映像制作ラインの減少、予算削減等、非常に厳しい状況にあることは周知の事実だ。このような状況でもこれまで同様の品質が要求されるため、制作の現場では「より良いものを」という考えの下、いかにコストを抑えつつ遊技機として高品質な成果物を生み出せるか、日々試行錯誤を重ねている。また、当社では昨年から新たにスマホゲーム向けエフェクト制作を手がけているが、処理負荷を考慮した制作レギュレーションが厳しく、Unityベースという制作環境のちがいや、DCCツールとの連携等、押さえるべきポイントがいくつかある。しかしながら、レイアウト込みのデザイン、テンポ・タイミングといった部分は遊技機もスマホゲームも共通であるため、当社の試行錯誤が何らかの気づきとなれば幸いである。

最近の遊技機向けのコンポジット業務では、空間を飛び回り尾を引くトレイル(軌跡)やFumeFX等のフルイドエフェクトなど、3次元的なエフェクト表現を求められることが多い。これらの3DエフェクトはAfter EffectsやElement3Dだけで制作するには難易度が高いため、クオリティを上げやすく自由度の高い3Dソフトを併用することで表現の幅が向上する。当社ではコンポジターと3DCGデザイナーが同時に作業を開始し、各々のツールが得意な部分を担当することで品質向上を図っている。ただし、コンポジターだけで作業を完結できなくなってきているため、上手く連携が取れないと作成期間の長期化につながってしまう。その回避策として、各工程で雛形となるデータを多数用意して作業時短を図ることで効率を上げている。今回は、遊技機演出の過去から強化されたエフェクト表現の分析、3Dソフトを併用したコンポジットに焦点を合わせ、遊技機らしさを表現するためのセオリーや、実際にそれらを作成するためのソフトウェアの具体的な使い方など、実践的なTIPSを紹介したい。

Topic 01 遊技機コンポジットの特徴

遊技機エフェクトの昨今 2次元から3次元へ

近年の遊技機演出は派手さをさらに追及し、クオリティがよりいっそう高まってきている。これまでのように単純な光が1本横に走るだけだった演出が、最近では筒のように立体感がある光の柱になり細かい粒子が流体のように巻き込む等、ディテールと表現力がどんどん上がっている。当否に直結する激熱な演出ともなると、もともと派手な演出の多い遊技機の演出に対してさらにインパクトを上げなければならない。単純に考えるとエフェクトを盛っていけばよいのだが、ベースの演出が派手なので、浅はかに盛ると真っ白に明るく画がつぶれていくだけで演出として成立しない。ゲーム性を伝える役割の当否信頼度の色、エフェクトのテンション、視認性等を保持した上で派手にするためにはエフェクトをただ重ねていくだけでは限界がある。

その課題に対する答えのひとつが立体的なエフェクト表現だ。単純に見応えが上がり、画面内での動きの情報量が増えるのでクオリティが上がったように見えやすい。考え方と しては、既存の平面的なエフェクトのパーツを立体的に解釈して立体パーツに置き換えていくことである。例えば、演出の開始時に頻繁に行われる「強く光る衝撃波を出す」という内容があるが、今までは平面的に輪を拡大させて画面アウトさせるだけが多かった。こちらを立体的に解釈すると「光の輪(平面)」が「光の球(立体)」へと変更になる。球体を単純に拡大させるだけでも、手前に迫ってくる手前の面とカメラから遠くなっていく奥の面に動きが付くので、情報量が増えて見応えが上がる。こういった立体パーツを複雑に組み合わせて構成することで、単純な演出と差別化を図れるのだ。

遊技機演出の過去と現在

▲過去の遊技機演出は平面的に光るだけの演出が多かった<A> 。現在はメインのエフェクトに対して奥と手前にパーツを配置したりすることで画面に奥行きを出し、立体的に見せる演出が主流である<B> 。エフェクトが立体的に動くことでアニメーションとして目に付きやすくなるので、存在感も増す。熱い演出等でインパクトを出すために特に重要なのは画面手前、遊技者に向けて飛ばすエフェクトだ。逆に目立たせたくなければ、画面内に収まるように平面的に作成する。このレベルの演出が遊技機演出の常識になってきている

立体的な表現の定番化

▲光が集まって発射するような基本的なエフェクトでも、パーツを立体的に置き換えるだけで見映えが変わってくる。<A>平面的なエフェクト/<B>立体的なエフェクト。立体的にすると単純に情報量が増えるので、クオリティが高く見えやすい。逆に立体的に見えないと、意図がない限りは手を抜いているように見えがちである。アニメ風の演出なら平面っぽく見せた方が演出として合う場合があるので、演出に合わせて立体感を使い分ける必要がある。特に指定がない場合はできるだけ立体的になるようにすると良いだろう

様々な動きや質感へ対応する量産体制

▲エフェクトを立体的につくるには作業工程が大きく変わる。After Effectsだけで作成するには難易度が高く時間もかかるので、立体の場合はいかに量産できるかが課題となる。単純な円のような軌跡ならElement 3Dで十分だが、複雑な軌道のトレイルは3Dソフトで作成した方が速いし自由度も高い。3Dトレイルはテクスチャを自由に乗せることができるので、After Effectsでつくり込んだ動画テクスチャを貼って作成している。このテクスチャを切り替えることで短期間にバリエーションを作成することが可能だ。<A> 炎の3Dトレイル/ <B> 光の3Dトレイル/ <C> 雷の3Dトレイル

Profileプロフィール

ディレクションシーズ/DirectionSeeds

ディレクションシーズ/DirectionSeeds

山口 絢(ディレクションシーズ・執行役員)、國雲好隆(同、3DCGディレクター)、中西 亮(同、アートディレクター)

株式会社ディレクションシーズ

株式会社ディレクションシーズ

ディレクションシーズは、パチンコ・パチスロ液晶ソフトの企画・デザイン・液晶制御をはじめ、コンシューマー・スマホ・VRゲーム等の3DCG制作を行なっています。アニメを題材としたトゥーンCGの開発実績が多く、2Dならではの魅力を活かした3DCGモデルを作成、手付けアニメーションでアクロバティックにグリグリ動かすプリレンダームービーを得意としています。なお、ディレクションシーズでは案件増加に伴い積極的に人材採用中です。ご興味ある方はぜひご応募ください。
www.d-seeds.com
cgworld.jp/jobs/30001.html

スペシャルインタビュー