>   >  『ゲームデザイナーのための空間設計 ~歴史的建造物から学ぶレベルデザイン~』発売(ボーンデジタル)
『ゲームデザイナーのための空間設計 ~歴史的建造物から学ぶレベルデザイン~』発売(ボーンデジタル)

『ゲームデザイナーのための空間設計 ~歴史的建造物から学ぶレベルデザイン~』発売(ボーンデジタル)

ボーンデジタルは、『ゲームデザイナーのための空間設計 ~歴史的建造物から学ぶレベルデザイン~』を発売する。
詳しくは こちら

■ 『ゲームデザイナーのための空間設計 ~歴史的建造物から学ぶレベルデザイン~』について

プレイヤーの感情をコントロールする名作と呼ばれてきたゲームタイトルには、プレイヤーが気が付かないうちにプレイ方法を教え、導き、のめり込ませる工夫が満ちている。同書はそれらの工夫を実際のゲームタイトルから抽出した上で建築理論と融合させ、読者のゲーム開発に役立つ知識として提供する。また、「ムービーが多すぎて集中できない」、「次にどうしたらいいのかわからない」といった、プレイヤーが飽きてしまったり、ストレスを感じてしまう課題の解決にも、人が過ごす空間を研究してきた建築の原理は先例として役立ち、ヒントを与えている。ゲームデザインの持つ側面の中で、レベルデザインはデザインに用いるツール、利用するエンジンによって具体的な手法が異なる。ゲームジャンルごとに中心となるメカニクスも違うため、方法論を導くことが難しいとされてきた。同書は、空間設計という点でゲームと共通項を持つ建築・空間デザインの原理を学ぶことで、ゲームデザインへのヒントを得るというアプローチを選択している。建造物と実際のゲームタイトルを比較しながら分析していくことで、空間をレイアウトするスキル、空間を用いて感情を喚起するテクニック、建築理論に裏付けられたゲームレベルを作成する技術を身に付けることができる。紹介する数々の建造物は、見た目の良し悪しだけではなく、空間の組み立て方について多くの事を教えてくれる。特に、歴史的に評価された建物は訪れた人に与える「体験」を重視しており、ゲームプレイに通じる要素に満ちている。
優れた建造物の空間は「ストーリーを伝える」、「アクションを促す」、「交流を促進する」つまり、説明が無くとも、人の感情をコントロールする力を持っている。また、ゲーム制作の技術はすぐに過去の物となりがちだが、空間の原理は古びることがない。同書の研究内容は、制作環境が変化しても使える原理として有用だ。

同書で学べること
・現代のレベルデザインの慣習、手法、ツールに関するケーススタディ
・歴史的建造物の考察から優れたレベルデザインについて学ぶ
・空間を使用してプレイヤーの感情を導いたり、引き出したりする方法
・現実世界に影響を与える目的で作られた空間デザインの考察
・ストーリーの伝達、アクションの促進、交流を推進する空間作成

■ 基本情報

『ゲームデザイナーのための空間設計 ~歴史的建造物から学ぶレベルデザイン~』
著者:クリストファー・トッテン(Christopher W. Totten)
価格:7,560円
翻訳:Bスプラウト
ISBN:978-4-86246-261-9
Cコード:C3055
総ページ数:384
サイズ:B5版(182×257mm)


■ 関連 URL

・『ゲームデザイナーのための空間設計 ~歴史的建造物から学ぶレベルデザイン~』
 http://www.borndigital.co.jp/book/5339.html
・株式会社ボーンデジタル
 http://www.borndigital.co.jp

新着のニュース一覧