>   >  Cinema 4Dの使い方を基本から解説『作って覚える Cinema 4Dの一番わかりやすい本』発売(技術評論社)
Cinema 4Dの使い方を基本から解説『作って覚える Cinema 4Dの一番わかりやすい本』発売(技術評論社)

Cinema 4Dの使い方を基本から解説『作って覚える Cinema 4Dの一番わかりやすい本』発売(技術評論社)

Cinema 4Dの使い方を基本から解説『作って覚える Cinema 4Dの一番わかりやすい本』が、4月11日に発売される。
詳細はこちら

■概要

『作って覚える Cinema 4Dの一番わかりやすい本』では、3DCG作成統合ツールCinema 4Dの使い方を基本から解説。基本操作から始まり、モデリング、アニメーション、レンダリングまで「キャラクターをつくって動かすこと」にテーマを絞って機能を解説していくので、初めての人もこれ1冊でCinema 4Dによる3DCG制作の基礎を身に付けることができる。最新のCinema 4D Studio R20に対応。付属DVDにはサンプルファイルだけでなく、合計20時間以上の解説動画を収録している。

『作って覚える Cinema 4Dの一番わかりやすい本』
2019年4月11日発売
国崎貴浩著
B5判/368ページ
定価(本体3,880円+税)
ISBN 978-4-297-10421-4

新着のニュース一覧