>   >  「効率的に制作するためのツール改革セミナー」金沢と博多で開催(ボーンデジタル)
「効率的に制作するためのツール改革セミナー」金沢と博多で開催(ボーンデジタル)

「効率的に制作するためのツール改革セミナー」金沢と博多で開催(ボーンデジタル)

「効率的に制作するためのツール改革セミナー」が金沢と博多で開催される。同セミナーでは、最新ツールを使い業務効率化を図るための方法を紹介。ゲストにCreative Cloud道場でもお馴染みのアドビ システムズ 仲尾 毅氏、そしてCGWORLDで連載中のトランジスタ・スタジオの秋元純一氏、アマゾンウェブサービスジャパン(福岡のみ)を迎えて、アドビ製品だけでなく、最新のレンダラー事情や管理ツール、クラウドレンダリングなどを紹介する。
詳細はこちら

■内容

「作業効率を格段に上げるAdobe Creative Cloudワークフロー」(仲尾 毅氏/アドビ システムズ Creative Cloudエバンジェリスト)
Adobe製品というとIllustrator、Photoshopのように昔から使用している画像作成や加工用のツールというイメージもしれない。CCになってそれほど進化をしていないと考えている人もいるが、実は思っている以上に違う。今更! ではなく今からでも遅くない作業効率化のためのツールの活用方法を紹介。
「ものづくりとVR」
如何に"もの"をリアルに見てもらうかが必要な時代になった。ディスプレイ上で見るのではなく、実際のサイズ感などを体感するためにVRコンテンツの需要が高くなっている。そのためには何か必要か、何が役立つのかを紹介。
「Arnold vs. サードパーティ製レンダラー検証」(秋元純一氏/トランジスタ・スタジオ 取締役副社長)
Maya、3ds Maxからmental rayが離れたことで、レンダラーを選ぶ時代がやってきた。Maya、3ds Maxに標準搭載されたArnoldレンダラーを選ぶべきか、業界標準のレンダラーであるV-Ray、新興勢力のGPUレンダラーRedShiftやOctane renderなどを実際に検証したデータを紹介。レンダラーで迷っている場合の参考に。
「Amazon Web Services紹介」※福岡のみ(アマゾンウェブサービスジャパン)
「Deadlineを活用したクラウドレンダリング」
AmazonファミリーとなったTihnkbox Softwareのレンダリング管理ツールDeadlineの活用方法を紹介。Deadlineの特徴やDCCツールからのジョブの投げ方などを含めた運用方法、さらに、最近注目を集め始めているクラウドレンダリングについて、AWS(Amazon Web Service)とDeadlineの組み合わせでのクラウドレンダリングを実際に実演しながら紹介。

※内容は予告なく変更になる場合あり

■開催概要

  • 開催日
  • 【石川県 金沢】2017年8月22日(火)
    【福岡県 博多】2017年8月29日(火)
  • 時間
  • 【石川県 金沢】18:00~21:00(開場17:30)
    【福岡県 博多】15:00~18:00(開場14:30)
  • 会場
  • 【石川県 金沢】ITビジネスプラザ武蔵 4階 サロンスペース「CRIT」
    〒920-0855 金沢市武蔵町14番31号
    http://www.bp-musashi.jp/access/
    【福岡県 博多】サイバーコネクトツー 10階 セミナールーム
    〒812-0011 福岡市博多区博多駅前1-5-1 博多大博通ビルディング10階
    http://www.cc2.co.jp/company/map
  • 参加費
  • 無料 ※事前登録制
  • 主催
  • ボーンデジタル
  • 協賛・協力
  • アドビシステムズ/アマゾンウェブサービスジャパン(福岡)/C8LINK(石川)/サイバーコネクトツー(福岡)

新着のニュース一覧