>   >  [お知らせ]前回大好評だったカナバングラフィックス富岡氏の講座がバージョンアップして3月14日に開催(CGWORLD +ONE Knowldege)
[お知らせ]前回大好評だったカナバングラフィックス富岡氏の講座がバージョンアップして3月14日に開催(CGWORLD +ONE Knowldege)

[お知らせ]前回大好評だったカナバングラフィックス富岡氏の講座がバージョンアップして3月14日に開催(CGWORLD +ONE Knowldege)

CG/映像クリエイターのためのスキルアップ講座『CGWORLD +ONE Knowledge』。

前回大好評だったカナバングラフィックス富岡氏の講座がバージョンアップして再登場。
現在進行中のプロジェクトの裏側も追加してCGプロダクションにおけるオリジナルアニメーションの企画発案について解説します。

カナバン流企画書の作り方 Ver1.1

お申し込み/詳細はこちら

講座概要

講座名:
カナバン流企画書の作り方 Ver1.1
CGプロダクションによるオリジナルアニメーションの企画発案とは

内容:
前回ご好評いただけた「カナバン流企画書の作り方」に、現在進行中のプロジェクトの裏側も追加してVer1.1として再登場です。

動画配信などのプラットホームが増えたことで、従来には無かった短い尺のコンテンツが求められる時代が来ました。10年前はTVシリーズや映画など、CGで表現するにはあまりにハードルが高いメディアしかありませんでしたが、今は小規模で資本力が低いCGプロダクションにもチャンスが訪れています。
プランナーや脚本家がいないCGプロダクションでもオリジナルのアニメーションの制作は可能です。当社では特殊なことをしているのではなく、教科書通りに企画や脚本の制作をCGデザイナーが行っています。自分達はどういうお客さんに作品を届けていくのか、制作費の回収に至るまでにはどういった道のりがあるのか、そしてお客さんに共感をしてもらえるキャラクターとはどういったものなのか、お金やマーケットのことも考え、制作以外のことにも目を向けて物語の土台を作っていきます。そして出来上がった物語の上に自分達の作家性を演出や設定を通して落とし込んでいきます。

この講義では当社が今まで制作してきた企画書の事例をあげながら企画書が出来るまでのプロセスについて説明します。これから自社IPを持ちたいと考えているCGプロダクションの経営者やプロデューサーがCGデザイナー達をどのように導いていくと良いのか、クリエイター目線ではなく、ビジネス側の目線でお伝えできればと思います。またクリエイターやディレクターを目指される3DCGデザイナーの方達には本当の意味での「プロ」の作り手とはどういったものかご理解いただければと思います。

ウサビッチ イナズマデリバリー

イナズマデリバリー シーズン1

開催日時:
2018年3月14日(水)19:00〜22:00

講師:
ディレクター 
富岡 聡 氏

1972年生まれ
1997年 東京農工大学大学院修了
1997年 株式会社Dream Pictures Studio入社。
1999年 フリーランスのデザイナーとして活動を始め、同年に個人制作の初のオリジナルアニメーション「SiNK」を発表する。
2004年 有限会社カナバングラフィックス設立し、ゲームムービー、ショートフィルム、コマーシャルフィルム、映画など様々なジャンルのCGアニメーションを手掛ける。
2006年 監督、脚本、絵コンテを担当した「ウサビッチ」が放送・配信を開始。その後、「ウサビッチ」は2015年までに6シリーズを発表。その他にCM、映画CGパート、ゲームムービー、遊技機液晶アニメーションを手掛ける。
2016年 新作アニメーション「イナズマデリバリー」を監督。

参加費:
10,000円(税別)

定員:
45名

お申し込み/詳細はこちら

新着のニュース一覧