>   >  「Brain Online Video Award(BOVA)2019」オリエンテーションへの参加申込受付を開始(宣伝会議)
「Brain Online Video Award(BOVA)2019」オリエンテーションへの参加申込受付を開始(宣伝会議)

「Brain Online Video Award(BOVA)2019」オリエンテーションへの参加申込受付を開始(宣伝会議)

株式会社宣伝会議は、オンラインに特化した動画コンテスト「Brain Online Video Award」(BOVA)を10月1日よりスタートする。同日発売の広告クリエイティブ専門誌『ブレーン』11月号とBOVAオフィシャルサイトにて、協賛企業による課題を発表。それに先立ち、10月23日~25日に実施される協賛企業から課題出題の背景を直接聞くことができるオリエンテーションへの参加申し込みを受け付け中だ。
詳細はこちら

■「Brain Online Video Award(BOVA)」とは

「BOVA」は、「宣伝会議」の創刊60周年を記念し、2013年より開催されているオンライン動画のコンテスト。協賛企業から出された課題に対して、解決策となる動画を募集する「一般公募部門」と、企業のマーケティング課題のために作られたオンライン動画を募集する「広告主部門」によって構成されている。同アワードは宣伝会議のこれまでの国内外のクリエイティブ業界における情報ネットワークや、宣伝会議賞などアワードの長年のノウハウを基に、成長期にあるオンライン動画領域の活性化を後押しするもの。受賞作品の中には200万回以上再生し、大きな反響を呼んだ映像も生まれている。

■応募概要

【一般公募部門】
協賛企業から出された課題に対して、解決策となる3分以内の動画を募集。
グランプリ(1点):賞金 100万円・賞状・トロフィー
準グランプリ(1点):賞金 20万円・賞状・トロフィー
審査員特別賞(3点):賞金 5万円・賞状
学生部門賞(2点):賞金 5万円・賞状
協賛企業賞(各企業 1点):賞金 3 万円・賞状
【広告主部門】
2018年1月1日から12月31日までにオンライン上で公開された企業・団体のオンライン動画を対象とする。
グランプリ(1点)賞状・トロフィー
準グランプリ(1点)賞状・トロフィーばあ 審査員特別賞(3点)賞状

■応募方法(11月1日より受付開始)

BOVAオフィシャルサイトより会員登録後、サイト上で動画をアップロード。

■スケジュール

2018年10月1日:協賛企業の課題発表(ブレーン 11月号誌面、BOVAオフィシャルサイト)
10月23日~25日:協賛企業による課題オリエンテーション
https://www.sendenkaigi.com/event/bova-orien/で参加受付中)
11月1日:作品応募受付開始
2019年1月23日:応募締切
2月上旬:一次審査
3月上旬:協賛企業による審査、および審査員による最終審査
4月1日:受賞作品発表(ブレーン2019年5月号、およびBOVAオフィシャルサイト)
4月下旬(予定):贈賞式

■審査員一覧

【最終審査員】
佐々木康晴氏 審査員長(電通 第 4CRP 局長/エグゼクティブ・クリエーティブディレクター)
木村健太郎氏 (博報堂ケトル 共同 CEO /エグゼクティブ クリエイティブディレクター、博報堂 APAC co-CCO)
たじまなおこ氏 (フリーランス 映像ディレクター)
田向 潤氏 (フリーランス 映像ディレクター)
中島信也氏 (東北新社 取締役/CM ディレクター)
眞鍋海里氏 (BBDO J WEST コンテンツプランナー)

新着のニュース一覧