>   >  「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア2019」開催
「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア2019」開催

「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア2019」開催

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭、「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(以下、「SSFF & ASIA」)2019の開催が、5月29日(水)~6月16日(日)の期間にて決定した。今年は120を越える国と地域から約10,000本の応募があり、厳選なる審査で選ばれた約200作品を都内複数の会場にて無料上映する(一部イベントは有料予定)。
詳細はこちら

■概要

ショートフィルムの特徴はその作家性にある。世界中の監督が自身の感性に従ってすくい取った「文化や社会」が反映された作品を「SSFF & ASIA 2019」では様々な部門や特別プログラムで上映する。

今年21年目を迎える「SSFF & ASIA 2019」。オフィシャルコンペティションに設置されている3部門(「ジャパン部門」、「アジア インターナショナル部門」、「インターナショナル部門」)の各優秀賞および「ノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社」の優秀賞、計4作品が、米国アカデミー賞の短編部門のノミネート候補作品になることが決定した。4作品を推薦できるのはアジアの国際短編映画祭でも初の快挙となる。

さらに、会場に来場できない人でもショートフィルムの魅力を存分に体験できるよう、オンライン会場を設置。日本初公開作品を含む映画祭ならではのラインナップを紹介する。また、女性のフィルムメイカーを応援するプロジェクト「Ladies for Cinema Project」や、25歳以下の若手監督作品にフォーカスする「U-25プロジェクト」といった新たな企画も始動する。

「SSFF & ASIA 2019」注目ポイント
①オンライン開催:21年目の映画祭を記念しオンライン会場を設置。日本初公開作品を含むラインナップを全国に無料配信
②Ladies for Cinema Project:女性フィルムメイカーによる世界のショートフィルムを特集
③U-25プロジェクト:国内在住の25歳以下の若手クリエイターによる5分以下の作品を特集

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019」概要
映画祭代表:別所哲也
フェスティバルアンバサダー:LiLiCo(映画コメンテーター)
開催期間:5月29日(水)~6月16日(日) 上映会場:都内複数の会場にて
※開催期間は各会場によって異なる
料金:無料上映 ※予約開始は4月24日(水)を予定。一部、有料イベントあり
問い合わせ先:03-5474-8844/look@shortshorts.org
主催:ショートショート実行委員会/ショートショート アジア実行委員会
※上記の記載内容は変更になる場合あり

新着のニュース一覧