>   >  SKIPシティ映像ミュージアム「マツリミライ:先端映像技術が"祭"をアップデートする」4月16日から開催(デジタルSKIPステーション)
SKIPシティ映像ミュージアム「マツリミライ:先端映像技術が

SKIPシティ映像ミュージアム「マツリミライ:先端映像技術が"祭"をアップデートする」4月16日から開催(デジタルSKIPステーション)

埼玉県は、SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアム(川口市)にて、2019年4月16日(火)~2019年9月29日(日)まで、企画展「マツリミライ:先端映像技術が"祭"をアップデートする」を開催する。ARやプロジェクションマッピングなど、先端映像技術を使った5つの体験型コンテンツを展示し、未来型の「祭」を楽しめる展覧会だ。
詳細はこちら

■先端映像技術が"祭"をアップデートする

ユネスコ無形文化遺産に屋台行事や神楽、山車行事が登録されている秩父夜祭、川越まつりをはじめ、伝統的な祭りが数多く開催される埼玉県にて、新しい「祭」の体験ができる企画展を開催。会場には、従来のお祭りで見かけるような金魚すくいや射的、盆踊りなどはなく、代わりに、スマートフォンで魚を捕まえる金魚すくいや、ヘッドマウントディスプレイとアームセンサーをつけてAR空間でモンスターを退治するアトラクション、体を動かす(踊る)ことで音を奏でることができるARアプリケーションなど、まったく新しい体験を、お祭りや縁日のように楽しむことができる。また、埼玉県では北本まつりに代表される伝統的な「ねぷた」が、プロジェクションマッピングによって参加型の展示に生まれ変わり、自分の顔がねぷたに映し出されるという、従来の祭りにはなかったインタラクティブな楽しみ方ができる。

会場内では、全てのコンテンツをお祭りのように自由に楽しめるとともに、各コンテンツに使われているARやプロジェクションマッピングなどのしくみについても、解説パネルでわかりやすく紹介。先端映像技術について学びながら、大人から子どもまで(※一部年齢制限あり)楽しめる展覧会だ。全てのコンテンツは、ミュージアム入館料(大人510円/小中学生250円/常設展も入場可)だけで体験できる。また会期中は、ワークショップなどの様々なイベントも予定している。

■展覧会概要


映像ミュージアム企画展「マツリミライ:先端映像技術が"祭"をアップデートする」 会 期:2019年4月16日(火)~2019年9月29日(日)
会 場:SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアム
開館時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日※7/16(火)は特別開館)
料金:大人510円/小中学生250円(常設展示もご覧いただけます)
主催:埼玉県
後援:埼玉県教育委員会/川口市/川口市教育委員会
協力:A-KAK(赤川智洋、小楠竜也、中西宣人)/株式会社しくみデザイン/株式会社meleap
企画:株式会社デジタルSKIPステーション
お問合せ:048-265-2500
Webサイト:www.skipcity.jp/event/vm/mm

新着のニュース一覧