>   >  「Short Shorts Film Festival & Asia 2020」CGアニメーション部門ほか各部門の作品募集中
「Short Shorts Film Festival & Asia 2020」CGアニメーション部門ほか各部門の作品募集中

「Short Shorts Film Festival & Asia 2020」CGアニメーション部門ほか各部門の作品募集中

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「Short Shorts Film Festival & Asia 2020」では、2020年の映画祭開催に向けて、CGアニメーション部門ほか各部門でショートフィルム(短編映画)を募集中だ。
詳細はこちら

■「Short Shorts Film Festival & Asia」について

同映画祭は、俳優の別所哲也氏を代表に1999年に設立。以来、世界のショートフィルムを日本に紹介するとともに、映画制作者の登竜門として映画界を支える役割を果たしてきた。近年では、若手のみならず経験を積んだ世界の制作者が、ショートフィルムというフォーマットに注目し、数多くの作品を制作、同映画祭に応募している。映画祭では世界の制作者とともに、映画文化の普及と発展に取り組んでいる。

■「CG アニメーション部門」について

CGが使用されたアニメーション作品を募集する部門
締切:2020年1月31日(金)
賞金:優秀賞60万円
登録料:無料
応募ガイドライン:
1.3DCGまたは3Dを使用した2Dアニメーション作品
制作の過程でCGなどのコンピューター技術が使用されたアニメーション作品。制作の全てが3Dを使用したものでなくても可。作品のストーリー性に加え、CGの特性を活かした行源の新しさ、視覚演出などの技術を審査対象とする。
2.プレミア規定
ジャパンプレミア(日本初上映)は問わない。
3.ジャンル
アニメーション。
4.尺
25分以内(エンドクレジットを含む総尺)。
5.制作年
2018年6月以降に制作された作品。
※作品エンドクレジットに表記されたコピーライトの年度を、基本その作品の制作年とする。したがって、製作や諸準備が多年度にまたがった場合、最終的に作品制作が完了した時点をもって制作年とする。
6.制作国
全ての国と地域の作品を対象とする。
7.言語
日本語または英語。それ以外の言語が使用されている作品は、オリジナル言語の対訳の日本語字幕もしくは英語字幕をつけること。
8.フォーマット
映像データ(Quick Time)またはBlu-ray Disc/DVD。

応募方法ほか、各部門の詳細はこちら

新着のニュース一覧