>   >  「CEDEC AWARDS 2019」最優秀賞、発表(コンピュータエンターテインメント協会ほか)
「CEDEC AWARDS 2019」最優秀賞、発表(コンピュータエンターテインメント協会ほか)

「CEDEC AWARDS 2019」最優秀賞、発表(コンピュータエンターテインメント協会ほか)

日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス 2019」(略称「CEDEC 2019」)において開催する「CEDEC AWARDS 2019」の各技術部門の最優秀賞が決定し、「CEDEC 2019」会場のパシフィコ横浜において発表・授賞式が行われた。
詳細はこちら

■概要

「CEDEC AWARDS」は、コンピュータエンターテインメント開発の進歩へ顕著な功績のあった技術にフォーカスし、技術面から開発者の功績を称えるもの。「エンジニアリング」、「ビジュアル・アーツ」、「ゲームデザイン」、「サウンド」の各部門の優秀賞を対象に「CEDEC 2019」受講申込者、講演者の投票により最優秀賞が決定した。

また授賞式では過日発表されたコンピュータエンターテインメント開発全般に貢献した人物を表彰する「特別賞」を受賞したゲームデザイナー、ディレクター桜井政博氏(有限会社ソラ代表)、「著述賞」を受賞した『チェインクロニクルから学ぶスマートフォンRPGのつくり方』(発売:星海社)の著者である、松永 純氏(株式会社セガ・インタラクティブ チェインクロニクルシリーズ 総合ディレクター)にトロフィーが授与された。

■CEDEC AWARDS 2019 最優秀賞

エンジニアリング部門
対象技術:ゲーム開発における大規模アセットのバージョン管理を大幅に効率化
受賞者:「Perforce」開発チーム(Perforce Software, Inc.)
授賞理由:大規模バイナリデータを高速で扱えることを強みとして、容量が大きくなりやすいゲームのアセットのバージョン管理を大幅に効率化している点を評価

ビジュアル・アーツ部門
対象技術:魅せるUIという表現方法の確立
受賞者:須藤正喜氏(株式会社アトラス)
授賞理由:『ペルソナ3』以降のシリーズのUIデザインを担当。世界を見ても例を見ないようなメタ表現として魅せるUIデザインとそれを成り立たせる設計を突き詰め、業界に貢献している

ゲームデザイン部門
対象技術:「つくって、あそぶ」アナログ融合の最新形
受賞者:「Nintendo Labo」開発チーム(任天堂株式会社)
授賞理由:Nintendo Switchとダンボールキットという組み合わせで新体験を創出。プレイヤーの創意工夫で遊びが拡張していくゲーム性と、そのクリエイティビティが動画配信との組み合わせによって共有され拡がっていく体験を評価した

サウンド部門
対象技術:大空での戦況によるインタラクティブミュージックシステムとリアルな効果音表現
受賞者:『エースコンバット 7 スカイズ・アンノウン』サウンド開発チーム(株式会社バンダイナムコスタジオ)
授賞理由:大空という遮蔽のない大空間で、バトルの状況に応じて絶妙に変化するBGM再生を可能にしたインタラクティブミュージックシステムは、とても自然に戦闘を盛り上げてくれる。近接した時と離れた時の飛行音や爆発音など、効果音の自然な変化もゲームへの没入感を高める要素となっており、総合的に高く評価

新着のニュース一覧