>   >  審査委員長に宇川直宏氏を迎えxRのグローバルアワードへアップデート「NEWVIEW AWARDS 2020」の公募を開始(Psychic VR Lab)
審査委員長に宇川直宏氏を迎えxRのグローバルアワードへアップデート「NEWVIEW AWARDS 2020」の公募を開始(Psychic VR Lab)

審査委員長に宇川直宏氏を迎えxRのグローバルアワードへアップデート「NEWVIEW AWARDS 2020」の公募を開始(Psychic VR Lab)

VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を提供する株式会社Psychic VR Lab株式会社パルコ株式会社ロフトワークによる共同プロジェクト「NEWVIEW(ニュービュー)」は、ファッション/カルチャー/アート分野のxR(VR/AR/MR)コンテンツを募るグローバルアワード「NEWVIEW AWARDS 2020」を開催し、2020年8月3日から作品の募集を開始した。
詳しくはこちら

■概要

同アワードは、すべてのクリエイターが3次元の空間表現を手にする近未来に先駆け、新たな表現やカルチャー/ライフスタイルを追求し、「超体験のデザイン」を牽引する次世代クリエイターを発掘・発信することを目的としている。2018年は世界7ヵ国219作品、2019年は世界8ヵ国254作品が集った。第3弾となる今年度は、VRに加えARのコンテンツも対象とし、さまざまなフィールドで活動する国内外のクリエイターによる作品を募集。部門を分けずに総合評価するxRのコンテンツアワードへとアップデートする。テーマは、プロジェクトのタグラインでもある「DESIGN YOUR ULTRA EXPERIENCE」(超体験をデザインせよ!)。審査委員長には宇川直宏氏、審査員には、日本から真鍋大度氏、和田彩花氏、海外からはデヴィッド・オライリー氏(アイルランド)、ルー・ヤン氏(中国)、ジェシー・ダミアーニ氏(米国)、トン・ヴァン・グール氏(オランダ)を迎え、これからのカルチャーシーンにインパクトを与える作品を選出する。

新着のニュース一覧