>   >  日本最大級、若き空間映像クリエイターの登竜門「東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.5」オンライン配信で開催決定
日本最大級、若き空間映像クリエイターの登竜門「東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.5」オンライン配信で開催決定

日本最大級、若き空間映像クリエイターの登竜門「東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.5」オンライン配信で開催決定

東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会は、「東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.5(以下、PM Award Vol.5)」を11月14日(土)に、無料オンラインライブ配信で開催する。無観客での開催となり、現地での一般観覧は不可。

■開催概要

東京国際プロジェクションマッピングアワードは、学生・若手映像クリエイターの発掘を目的とした国際的な日本最大級のプロジェクションマッピングのコンテスト。東京ビッグサイトを舞台に実施されており、5回目を迎える今年は、来場者、出演者、スタッフの健康と安全を考慮し、オンライン配信での開催となった。

これに伴い、今回は、実行委員会を構成する株式会社IMAGICA EEXと株式会社ピクスのクリエイティブ演出のノウハウと最新テクノロジーを駆使し、ドローンを用いた撮影、複数カメラでの視点の切り替え型の配信や、観客参加型の評価システム、今までにないニューノーマル時代(新常態)における新しい形の映像コンテストのオンラインライブ配信を実施する。PM Award Vol.5は、チーム単位(1名も可)での参加で、大学生以下の学生を対象とした「学生部門」と、25歳以下の若手を対象とした「U-25 部門」の2部門で構成されている。書類審査により、カナダ、イギリス、日本の全3ヵ国10チーム(「学生部門 8チーム」、「U-25部門 2チーム」)がファイナリストに選出されており、各チームにより制作されたプロジェクションマッピング映像作品が、東京ビッグサイトの巨大な逆三角形部分に投影され、審査員による審査により各賞を決定する。特に今回は、制作開始時のオリエンテーションから中間制作物の講評会などを、全てテレビ会議システムで実施しており、各チームで多くの部分がリモート環境により制作されているため、正にニューノーマル時代の映像制作コンテストを実現している。

MCには、昨年に引き続き、国際感覚に優れ、タレントとして様々なメディアで幅広く活躍するハリー杉山氏を迎え、映像・クリエイティブ業界の第一線で活躍する川本 康氏、森内大輔氏、橋本大佑氏、シシヤマザキ氏の4名で審査を行う。PM Award Vol.5は、東京臨海副都心まちづくり協議会が共催しており、株式会社東京ビッグサイトと共同で開催するイベント「有明・冬フェス 2020 東京国際プロジェクションマッピングアワード」の一環として実施される。

東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.5
日時:11月14日(土)18:00~20:30
会場:無観客オンライン配信
テーマ:「CONNECT with」
賞金:総額100万円
pmaward.jp

新着のニュース一覧