>   >  オンラインセミナー「がんばり過ぎない動画のつくり方」開催(ボーンデジタル)
オンラインセミナー「がんばり過ぎない動画のつくり方」開催(ボーンデジタル)

オンラインセミナー「がんばり過ぎない動画のつくり方」開催(ボーンデジタル)

コンテンツをすべて1から自分でつくるのではなく、素材を組み合わせてなるべくシンプルに動画をつくる方法を紹介するオンラインセミナー「がんばり過ぎない動画のつくり方」が開催される。ゲストは映像作家、音楽家でもあるスタジオねこやなぎ代表の大須賀 淳氏。初めてでも挑戦できる動画編集方法を1時間という枠で紹介する。
詳細はこちら

■開催概要

内容
・動画内製のメリット
「製品の使い方」などちょっとした情報を、季節やそのときの話題にあわせて動画で発信することで、カスタマーとの関係を築く上で大変有効に活用できるようになる。こうした小回り重視のコンテンツは、内製するほうがメリットが大きくなるので、そのあたり含めて紹介
・動画の設計
いきなり動画制作を始めるのは非効率的。そこで簡単な脚本が重要に
・Premiere Rushの概要
・他のモバイルアプリとの連携
・Adobe Stock、Adobe Fontsから素材入手
・Premiere Proへの移行
RushからPremiere proに引き継ぐことで、さらなる効率化UPを実現可能に
・質疑応答

開催日:2021年5月26日(水)
時間:15:00~16:00
会場:オンライン
参加費:無料 ※事前登録制
参加対象:
動画内製化でお困りの人、これから動画制作を始めようと思っている人
主催:ボーンデジタル
協賛・協力:アドビ株式会社

新着のニュース一覧

  • 第11世代インテル プロセッサー搭載「Precision 3000シリーズ ワークステーション」2製品を発売(デル・テクノロジーズ)

    ツール

    第11世代インテル プロセッサー搭載「Precision 3000シリーズ ワークステーション」2製品を発売(デル・テクノロジーズ)

    デル・テクノロジーズ株式会社は、第11世代インテル プロセッサーを搭載したワークステーションの新製品となる「Precision 3650 タワー」、「Precision 3450 スモール フォーム ファクター」の販売を開始した。「Precision 3650 タワー」は、ワークステーション レベルのパフォーマンス、VRコンテンツを作成できる能力と信頼性を、拡張性に優れた購入しやすい価格のエントリーレベルのタワー型ワークステーションで実現している。「Precision 3450 スモール フォーム ファクター」は、プロフェッショナル向けグラフィックス、強化されたメモリー、第11世代インテル CoreおよびXeonプロセッサーを搭載した、お手頃価格のワークステーション。いずれもオペレーティング システムはWindows 10 Pro for Workstationsに対応し、 スムーズで汎用性に優れたPC環境を構築できる。