>   >  ABAL、VAIO株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施、VRシステム開発をさらに強化(ROBOT)
ABAL、VAIO株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施、VRシステム開発をさらに強化(ROBOT)

ABAL、VAIO株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施、VRシステム開発をさらに強化(ROBOT)

株式会社ロボット(以下「ROBOT」)の関連会社株式会社ABALは、VAIO株式会社を引受先とする第三者割当増資の実施を決定した。
詳細はこちら

■概要

今回の増資により、ABALの持つ革新的な技術でインタラクティブな映像体験をすることが可能となるABALシステム(※)と、VAIOが持つ長きにわたり画期的なデジタルプロダクツを生み出してきた"ものづくり力"や技術力を生かした新規領域事業へのノウハウとを融合させ、世界の競合システムに対しても優位性を有するメイド・イン・ジャパンのVRシステムの構築を目指す。ROBOTはABALの営業窓口として、同社と共に革新的なVRサービスの創造に取り組んでいく。

※独自の開発によりVR空間内を自由に歩くことができ、オブジェクトに触れ、多人数による共有体験ができ、ワイヤレスによって広い行動範囲が実現できるなど競合システムに対しても優位性を有する革新的なVRシステム

■出資概要

出資方法:ABALの普通株式を第三者割当増資によりVAIOが取得
出資日:2017年8月31日(予定)
出資総額:10,000,000円

新着のニュース一覧