>   >  中国最大級のアニメ製作スタジオ「彩色鉛筆動漫」の日本進出を支援(日宣)
中国最大級のアニメ製作スタジオ「彩色鉛筆動漫」の日本進出を支援(日宣)

中国最大級のアニメ製作スタジオ「彩色鉛筆動漫」の日本進出を支援(日宣)

総合広告代理店の株式会社日宣は、中国トップクラスのアニメIPホルダーであるテンセントグループ「閲文集団」が出資する中国トップクラスのアニメ製作スタジオ「彩色鉛筆動漫」が日本進出(日本法人名「Colored Pencil Animation Japan株式会社」)するにあたり、包括的な支援を実施した。
詳細はこちら

■概要

中国のアニメ市場の規模は2016年に約200億元(「中国アニメ市場調査」日本貿易振興機構2018年3月)に達し、その後も急速に成長を続けている。製作・運営・関連商品(グッズなど)などを含めた巨大な産業となっており、出版、テレビ、映画、インターネットなどの業界が関わっている。市場の成長とともに中国のアニメ製作力も急成長しており、中国Webアニメを黎明期から牽引し、ハイエンドな大人向けアニメなども製作し高い技術力がある彩色鉛筆動画は、日本のアニメ製作力に魅力を感じ、日本のアニメーターの獲得やアニメスタジオとの連携の強化を目的に2018年6月6日に日本法人Colored Pencil Animation Japanを立ち上げることとなった。日宣は、日本法人Colored Pencil Animation Japan設立のため、広告宣伝やセールスプロモーションに限らず、パートナー企業と連携することで、翻訳・通訳業務や各種申請などの日本法人設立に関する手続きの支援、日本でのアライアンス先の紹介、人材採用に係るコンサルティングなどをワンストップで提供している。今後も、幅広い中国企業のニーズを吸い上げ、人材面なども含めた中国企業の日本進出時・進出後の支援を拡大していく。

「彩色鉛筆動画」創業者・CEO兼
Colored Pencil Animation Japan 代表取締役 鄧志巍氏コメント

「今日まで辿り着くにあたり、中国企業という点において、日本での会社設立には様々な困難がありましたが、2018年、わたしの情熱に共鳴してくれた仲間とともに、憧れの日本で新たなスタートを切ることができました。わたしは経営者である以前に、ひとりのクリエイターであり、アニメファンです。デジタル作画が主流になっても、視聴するデバイスが変わっても、はじめて色鉛筆を手にした時の気持ちを忘れずに、まだ誰も観たことのない感動を、世界に発信していきたいと思います。また、我々の仲間である『日宣』には、弊社設立後においても、様々な業務や多くの日本企業との連携の架け橋になってくれることを願っております。そして、わたしたちの作品に、どうぞご期待ください!」

新着のニュース一覧