>   >  日本発のソーシャルVRサービスを手がける株式会社ambrが累計1億円の資金調達実施。仮想世界のさらなる開発に向け、採用を強化
日本発のソーシャルVRサービスを手がける株式会社ambrが累計1億円の資金調達実施。仮想世界のさらなる開発に向け、採用を強化

日本発のソーシャルVRサービスを手がける株式会社ambrが累計1億円の資金調達実施。仮想世界のさらなる開発に向け、採用を強化

日本発のソーシャルVRサービスを開発する株式会社ambrはANRIや株式会社ModelingCafeほかエンジェル投資家数名を割当先とする第三者割当増資、および日本政策金融公庫からの借入を実施し、総額1億円の資金調達を完了した。
詳細はこちら

■概要

資金調達の目的
以下への投資を目的に資金調達を実施した。仮想世界"ambr"の継続的な開発・運営ほかのVRデバイスへの対応(現在Oculus Goに対応)、技術開発力/創造力向上に向けたさらなる開発体制の強化、以上の投資を以って事業拡大を図っていく。
仮想世界ambrについて
・VR機器でアクセス可能な新しいソーシャルな仮想世界
仮想世界"ambr"はVRデバイスからアクセス可能な新しい仮想世界。ユーザーはアバターとなってアクセスし、ほかのユーザーと一緒に仮想世界でのコミュニケーションやゲームを楽しむことができる。また、ambrはユーザーやコミュニティと一緒に発展していく仮想世界を目指している。継続的に空間や機能を拡張していくほか、ユーザーが一緒に仮想空間を創造できるようなしくみも構築していく予定だ。
・クリエイターやIP・企業とのコラボレーションを推進
ambrはクリエイティブを重視しており、クリエイターとの連携による創造性の高い仮想世界の実現を目指している。今後さらに多くのクリエイターとの連携を積極的に進める予定。また今後、ファンやブランドを持ったIPや企業とコラボした仮想空間の創造も推進したいと考えいる。
・Unityエンジニア及びCGクリエイターの採用を強化
仮想世界ambrを一緒に開発するUnityエンジニア及びCGクリエイターを採用強化中。詳細は募集要項にて。

新着のニュース一覧