>   >  チームラボ、人工衛星の実物大模型に高さ19mの滝をプロジェクションマッピングする新作「憑依する滝、人工衛星の重力」を、 東京都現代美術館のアトリウムにて発表(チームラボ)
チームラボ、人工衛星の実物大模型に高さ19mの滝をプロジェクションマッピングする新作「憑依する滝、人工衛星の重力」を、 東京都現代美術館のアトリウムにて発表(チームラボ)

チームラボ、人工衛星の実物大模型に高さ19mの滝をプロジェクションマッピングする新作「憑依する滝、人工衛星の重力」を、 東京都現代美術館のアトリウムにて発表(チームラボ)

東京都現代美術館(東京)で開催される展覧会「ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて」において、チームラボは、陸域観測技術衛星2号「だいち2号」の実物大模型に、高さ19mの滝をプロジェクションマッピングする新作「憑依する滝、人工衛星の重力」を、アトリウムにて発表した。
詳しくは こちら



■ 「憑依する滝、人工衛星の重力」について

東京都現代美術館(東京)で開催されている展覧会「ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて」において、チームラボは陸域観測技術衛星2号「だいち2号」の実物大模型に、高さ19mの滝をプロジェクションマッピングする新作「憑依する滝、人工衛星の重力」を、アトリウムにて発表。その他、デジタルアート作品「冷たい生命」と、「脊振ILCハイスクール!」も展示中だ。期間は2014年6月7日(土)~8月31日(日)まで。
ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて
展示詳細
陸域観測技術衛星2号「だいち2号」特設サイト

●出品作品
『憑依する滝、人工衛星の重力/ Universe of Water Particles under Satellite's Gravity』
チームラボ, 2014,デジタルインスタレーション(19000mm)
『冷たい生命/ Cold Life』
チームラボ, 2014, デジタルワーク, 2160×3840 pixels, 7min 15sec(ループ), 書: 紫舟

『脊振ILCハイスクール!/ Sefuri ILC High school!』
チームラボ, 2013


●開催概要
ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて
会期:2014年6月7日(土)~8月31日(日)
会場:東京都現代美術館 アトリウム他 〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1
開館時間:10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
※7月18日、25日、8月1日、8日、15日、22日、29日は21:00まで
休館日:月曜日(7月12日は開館)、7月22日



■ 関連 URL

・「ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて」
 http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/cosmology.html
・チームラボ株式会社
 http://www.team-lab.com

新着のニュース一覧