>   >  新宿の大型ビジョンで『方丈記』がテーマの映像作品を初公開、映像×書道×音楽のコラボ(オムニバス・ジャパン)
新宿の大型ビジョンで『方丈記』がテーマの映像作品を初公開、映像×書道×音楽のコラボ(オムニバス・ジャパン)

新宿の大型ビジョンで『方丈記』がテーマの映像作品を初公開、映像×書道×音楽のコラボ(オムニバス・ジャパン)

総合デジタルプロダクションの株式会社オムニバス・ジャパンは、新宿のまちを舞台に開催されているパブリックアートイベント「新宿クリエイターズ・フェスタ」において、同社エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターの山本信一氏が、書家・木下真理子氏と音楽家・コリーフラーと『方丈記』をテーマにコラボレーションした映像作品『Fragments』を、9月28日(土)から新宿の大型ビジョン4か所で初公開中だ。
詳細はこちら

■各分野で実績のあるアーティストがジャンルを超えてコラボした映像

今年で9回目の開催となる夏の一大アートイベント「新宿クリエイターズ・フェスタ」が、来月10月14日(月)でフィナーレを迎える。9月28日(土)からは新宿駅東口駅前の「アルタビジョン」や西武新宿駅前の「ユニカビジョン」をはじめとした新宿の大型ビジョン4か所で「アートビジョンプロジェクト」が17日間にわたり開催される。今年は、2013年から同プロジェクトを手がける映像作家でオムニバス・ジャパンのエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターの山本信一氏が、書家・木下真理子氏と音楽家・コリーフラーといった各分野で実績のあるアーティストと、それぞれのジャンルを超えてコラボレーションを行った映像作品『Fragments』を「新宿クリエイターズ・フェスタ」で初公開、同時多発的に大型ビジョンで放映される。

同作は、書家・木下真理子が選んで揮毫した鴨長明の『方丈記』をモチーフにしたアート作品に、映像作家・山本信一意地が時間軸を与え、さらに音楽家・コリーフラーが『方丈記』の言葉を分解・再構築したサウンドによって構成された映像作品。常に"うつりかわるもの"を眺めながらも感じる"普遍的なもの"をテーマにしている。現在、ティザー映像を公開中

■新体験アプリとの連動で、没入感溢れる音楽×映像体験を提供

ユニカビジョンでは、スマートフォン連動アプリ「VISION α」がダウンロードされたスマートフォンを『Fragments』放映中にユニカビジョンにかざすと、スマートフォンで『Fragments』の音楽を高音質で楽しむことができる。「VISION α」ダウンロードはこちら(App StoreGoogle Play)。アプリ利用方法はユニカビジョンオフィシャルサイトにて。

■イベント概要

「新宿クリエイターズ・フェスタ」
開催日時:開催中~10月14日(月)まで
開催場所:新宿駅周辺
主催者:新宿クリエイターズ・フェスタ実行委員会・新宿区

アートビジョンプロジェクト
作品タイトル:『Fragments』
開催期間:9月28日(土)~10月14日(月)
開催場所:アルタビジョン・エストビジョン バイ ルミネエスト・フラッグスビジョン・ユニカビジョン
本編:60秒/2分30秒(ユニカビジョンのみ)
放映時間:
アルタビジョン:毎時24分(10:00~24:00)
エストビジョン バイ ルミネエスト:未定(毎時15分~20分毎に1回の予定)
フラッグスビジョン:毎時00分/15分/30分/45分(9:00~23:00) ユニカビジョン:10:40/12:40/14:40/16:40/18:40/20:40
※放映時間は予告なく変更になる可能性がある
※最新の放映時間は公式HPにて

新着のニュース一覧