>   >  Ambisonics 7th order 64ch Immersiveアルバム『UNAHQ 2016 Piano Pieces』リリース(UNAMAS Label)
Ambisonics 7th order 64ch Immersiveアルバム『UNAHQ 2016 Piano Pieces』リリース(UNAMAS Label)

Ambisonics 7th order 64ch Immersiveアルバム『UNAHQ 2016 Piano Pieces』リリース(UNAMAS Label)

第26回日本プロ音楽録音賞ハイレゾ部門で最優秀/Best Studio賞を受賞し通算6度目となる受賞作品をリリースしているUNAMAS Labelから、HOA(High Order Ambisonics)によるアルバム『UNAHQ 2016 Piano Pieces』が2月1日にPCM 96-24 2CHで先行リリース、その後、Ambisonicsフォーマットによる64CHフォーマットがリリースされる。

■概要

HOAは、従来のチャンネルベースのミックスとは異なり、シーンベースという空間再現方式で最大64CHのサラウンド空間を作成後、リスナーの再生環境に応じてヘッドフォンから2CHステレオ、5.1CH、11.1CHなど自由に設定可能な柔軟性をもっている点が特徴だ。『UNAHQ 2016 Piano Pieces』は音楽家、作曲家、そしてmarimoRECORDSの代表でもある江夏正晃氏が長年温めてきたピアノ小品22曲をAmbisonicsでもmixした世界初のアルバムとなる。

江夏正晃(Masaaki Enatsu/ marimoRECORDS)
音楽家、DJ、プロデューサー、エンジニア、エレクトロユニット FILTER KYODAIやXILICONのメンバーとして活動する一方、多くのアーティストのプロデュースやエンジニアも手がける。また株式会社マリモレコースの代表として、映画音楽、CM、TV 番組のテーマ曲など、多方面の音楽制作も行う。ヘッドフォンやシンセサイサーのプロデュースなとも手掛け、関西学院大学の非常勤講師も勤める。著書に『DAWではじめる自宅マスタリング』(リットーミュージック)などがある。自他ともに認めるシンセサイザー好きで、ビンテーシアナログシンセはもとより、最近はモジュラーシンセを使った制作、ライブも積極的に行なっている。今回は全楽曲をピアノ中心に構成し新しい世界観を表現する。

新着のニュース一覧