>   >  ユーザが制作したYOASOBIの楽曲『夜に駆ける』のAR作品を活用し映像作家YPがスペシャル映像として編集・公開予定(Psychic VR Lab)
ユーザが制作したYOASOBIの楽曲『夜に駆ける』のAR作品を活用し映像作家YPがスペシャル映像として編集・公開予定(Psychic VR Lab)

ユーザが制作したYOASOBIの楽曲『夜に駆ける』のAR作品を活用し映像作家YPがスペシャル映像として編集・公開予定(Psychic VR Lab)

VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を提供する株式会社Psychic VR Lab、株式会社パルコ、株式会社ロフトワークによる共同プロジェクト「NEWVIEW(ニュービュー)」は、現在展開中のジャンル特化型xR表現コミュニティ「NEWVIEW CYPHER #MUSIC」にて、ユーザが制作した「小説を音楽にするユニット」YOASOBIの楽曲『夜に駆ける』のARミュージックコンテンツをベースに映像作家YPがスペシャル映像として編集・公開することを発表した。

■概要

NEWVIEW CYPHERは、あらゆるジャンルのクリエイティブ表現をフリースタイルにxR表現し合うコミュニティ活動。「NEWVIEW CYPHER #Music(ミュージック)」は、AR×MUSICの新しい可能性を「小説を音楽にするユニット」YOASOBIと共に探求をしていく活動を行なっている。これまでミュージックビデオは楽曲の世界観をよりユーザーに伝えるため、公式からオンリーワンの作品が公開されるのが一般的だった。このコミュニティ活動では、音楽の新たな表現や体験の可能性として、UGC(ユーザー生成コンテンツ)型の新たなARミュージックコンテンツ文化をつくり出すことを目指している。

今回、この活動を通して生み出された様々なARミュージックコンテンツの1つの出口として、映像作家YP氏とコラボレーション。YP氏がピックアップした優秀なAR作品を組み合わせ、1つのスペシャル映像として公開する。

YOASOBI『夜に駆ける』の楽曲をモチーフにした多彩なアプローチのサンプルワークスも3作品公開中。AR作品制作のインスピレーションとなる本ワークスを元に、〆切である11月1日23時59分に向け、ミートアップやワークショップ、もくもく会などを開催し、作品制作をコミュニティ参加者一丸となって行なっていく。制作に関するコミュニケーションはDiscordで行なっており、こちらから参加可能。

募集アーティスト/クリエイター
・プロ、アマ、年齢問わずAR×MUSICの新たな表現に関心がある人
・作品の制作と作品エントリーを実施できる人

スケジュール
AR作品部門作品投稿募集期間
2020年9月11日(金)12:00~ 2020年11月1日(金)23:59
※投稿された作品は、NEWVIEW AWARDS 2020にも同時でエントリーされる
・映像作品部門は別途告知
AWRD:https://awrd.com/award/newview-cypher/tab/music
※その他は順次公開予定

新着のニュース一覧