>   >  パーソナルモビリティ型VRアトラクション「キックウェイ」がJOYPOLIS VR SHIBUYAにてロケテ開始(ハシラス)
パーソナルモビリティ型VRアトラクション「キックウェイ」がJOYPOLIS VR SHIBUYAにてロケテ開始(ハシラス)

パーソナルモビリティ型VRアトラクション「キックウェイ」がJOYPOLIS VR SHIBUYAにてロケテ開始(ハシラス)

渋谷駅から徒歩1分の立地で最先端のVRアトラクションを気軽に体験できる「JOYPOLIS VR SHIBUYA」にて、株式会社ハシラスが開発したパーソナルモビリティ型VRアトラクション「キックウェイ」のロケーションテストを実施中だ。対応コンテンツとして、立ち乗りVRジェットコースター『URBAN KICKWAY』、恐竜アドベンチャーVR『DINO KICKWAY』の2種が用意されている。
詳細はこちら

■ロケーションテストの詳細

プレイ可能コンテンツ:『DINO KICKWAY』、『URBAN KICKWAY』
期間:2019年12月25日~(終了日未定)
年齢制限:7歳未満利用不可、7歳以上13歳未満の方は保護者の同意が必要。その他の利用制限については問い合わせを
場所:「JOYPOLIS VR SHIBUYA」
東京都渋谷区神南1-23-10MAGNET by SHIBUYA109 6F
料金:1プレイ500円(税込)

■キックウェイとは

「キックウェイ」は立ち乗り型のVRライドアトラクション。シートに着座するタイプのVRアトラクションと異なり、立ち乗りならではの臨場感とスリリングな体験が楽しめる。VRコンテンツに合わせて加速度や振動、送風などの体感を発生させ、VR体験のリアリティを何倍にも増幅する。また、VR内と現実世界の「移動の体感」を一致させることで、VR酔いを抑止する。独自開発の機構は国際特許出願中で、一般財団法人デジタルコンテンツ協会が主催する「Innovative Technologies 2019」に選出されるなど、高い評価を受けている。今回ロケーションテストに導入される「キックウェイ」最新モデルは、モーションシミュレーターや各種体感装置、VRヘッドセットなどを全て搭載したオールインワン機となっており、アミューズメント施設への設置は初となる。

新着のニュース一覧