>   >  8Kディスプレイをベースとしたライトフィールドディスプレイと次世代3D映像を発表(ジャパンディスプレイ、NHKメディアテクノロジー)
8Kディスプレイをベースとしたライトフィールドディスプレイと次世代3D映像を発表(ジャパンディスプレイ、NHKメディアテクノロジー)

8Kディスプレイをベースとしたライトフィールドディスプレイと次世代3D映像を発表(ジャパンディスプレイ、NHKメディアテクノロジー)

ジャパンディスプレイ(以下、JDI)と、NHKメディアテクノロジー(以下、NHK-MT)は、次世代映像に向けた共同研究開発を開始し「17型 ライトフィールドディスプレイ」を発表した。
詳細はこちら

■概要

本共同研究ではJDIの高精細液晶ディスプレイ技術を駆使し、8K液晶ディスプレイをベースとした「17型 ライトフィールドディスプレイ」を開発した。NHK-MTのこれまでにない高精細な次世代3D映像を組み合わせ、見る視点によって異なった映像を表示し、実物を見ているかのような立体感のある映像が3D専用メガネを使用することなく視聴できる。JDIは、2017年5月21日(日)から米カリフォルニア州ロサンジェルスコンベンションセンターにて開催中の「SID DISPLAY WEEK 2017」において、JDIブース(#917)内に「17型 ライトフィールドディスプレイ」の技術展示を行なっている。

「SID DISPLAY WEEK 2017」
会場:米カリフォルニア州ロサンジェルスコンベンションセンター
会期:2017年5月21日(日)~26日(金)
www.displayweek.org
「SID DISPLAY WEEK」は、世界中からトップクラスのディスプレイ関係者が集まり、最新技術を発表、そして商業市場および消費者市場を代表する企業が出展する、電子ディスプレイ業界世界最大級の国際学会。

ライトフィールドとは
現実の世界は様々な方向に向かう光で構成されており、その光をとらえることで立体的に感じ、認識している。ライトフィールドは、限られた数ではあるが多数の様々な方向に向かう光を再現することで無限の光をシミュレートし立体視を可能にしている。

新着のニュース一覧