>   >  「体験のデザイン」としての総合芸術=VRを学ぶ、あたらしい表現の学校「NEWVIEW SCHOOL」を6月に開講(Psychic VR Lab)
「体験のデザイン」としての総合芸術=VRを学ぶ、あたらしい表現の学校「NEWVIEW SCHOOL」を6月に開講(Psychic VR Lab)

「体験のデザイン」としての総合芸術=VRを学ぶ、あたらしい表現の学校「NEWVIEW SCHOOL」を6月に開講(Psychic VR Lab)

VRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を提供する株式会社Psychic VR Lab株式会社パルコ株式会社ロフトワークによる共同プロジェクト「NEWVIEW(ニュービュー)」は、2019年の活動を開始する。そして同年の活動第1弾として、Psychic VR Labが主催の、VRを総合芸術として学べる「NEWVIEW SCHOOL(ニュービュー・スクール)」を、2019年6月より東京・京都で開講することを発表し、受講生の募集を開始した。
詳細はこちら

■概要

同スクールは、3次元空間(VR)での新たなクリエイティブ表現と体験のデザインを開拓する実験的プロジェクト/コミュニティ「NEWVIEW」の活動の一環として行う、次世代クリエイターの発掘・育成のためのプログラム。昨年初開催にも関わらず、世界7ヵ国219作品エントリーという盛り上がりを見せたファッション/カルチャー/アート分野のVRコンテンツアワード第2弾「NEWVIEW AWARDS 2019」(後日詳細発表)とも連動し、新たな表現の開拓とコミュニティとしての拡がりを加速する。

多彩な分野の講師陣から「体験のデザイン」としての総合芸術=VRを学べる
「NEWIVEW SCHOOL」のキャッチコピーは"「体験のデザイン」としての総合芸術=VRを学ぶ。あたらしい表現の学校"。アート・音楽・建築・ファッションなどの多彩な分野から、デジタル技術を果敢に取り入れた表現を続ける第一線の講師陣を迎え、総合芸術的な側面のあるVR表現ための多様かつ本質的な考え方を学べるカリキュラムを用意している。VRコンテンツ制作と配信のプラットフォームである「STYLY」をはじめ「Unity」などのツールに関するテクニカル講座も行い、次世代のクリエイターを育成していく。受講生は、卒業制作として「NEWVIEW AWARDS 2019」へ応募する作品を制作。講師を務める倉本美津留(放送作家)、大月 壮(映像作家)、谷口暁彦(メディアアーティスト)は「NEWVIEW AWARDS 2019」の審査員も兼任する。

特徴
・多彩な分野のトップクリエイターが講師陣
・VRコンテンツ制作ツール「STYLY」をはじめ「Unity」も基礎~応用まで
・卒業制作として「NEWVIEW AWARDS 2019」に応募する作品を制作
開講日
東京:2019年6月8日(土)~(全10回)
6月毎週土曜日16:00~19:00、7月以降隔週土曜日16:00~19:00、2019年9月末まで
京都:2019年6月9日(日)~(全10回)
6月毎週土曜日16:00~19:00、7月以降隔週土曜日16:00~19:00、2019年9月末まで
※京都は、ゼミとテクニカル講座以外はオンライン講義
会場
東京「TIMEMACHINE(タイムマシン)」(東京都新宿区1-34-3 第24スカイビル3階)
京都「MTRL KYOTO(マテリアル京都)」(京都府京都市下京区本塩竈町554)
定員
東京30名、京都30名
料金
東京50,000円(税込)、京都25,000円(税込)※講義一式の料金
※一部講義に必要なソフトウェアなどを購入。1万円以下を想定
ゼミ
講義とは別に、作品制作へのフィードバックを行うゼミを実施
※豊田啓介氏のゼミはnoizゼミとして実施

そのほか、詳細はこちら

新着のニュース一覧