>   >  巨大LEDウォールにより、高精細なCG背景空間で撮影ができる「LED STUDIO」が誕生(サイバーエージェント)
巨大LEDウォールにより、高精細なCG背景空間で撮影ができる「LED STUDIO」が誕生(サイバーエージェント)

巨大LEDウォールにより、高精細なCG背景空間で撮影ができる「LED STUDIO」が誕生(サイバーエージェント)

株式会社サイバーエージェントは、巨大画面のLEDウォールを導入し、CG映像とLEDライティング技術を組み合わせて創りだす、高精細なCG背景空間で撮影が可能な「LED STUDIO」をカムロ坂スタジオに設置し、2020年11月よりサービス提供を開始する。2020年10月現在、これらサムスン電子製で最先端の巨大LEDウォールとLED照明を常設しているのは「LED STUDIO」が日本初となる。
詳細はこちら

■導入の経緯

新型コロナウイルスによる社会変容にともない、TVやインターネット、雑誌などにおける広告やプロモーション素材の撮影が短縮・中止され、撮影の時間や場所などへの多くの制約が続いている。たとえば、ロケーション撮影に必要な諸外国への渡航が難しいといった地理的制約や、演者や著名人の拘束時間の確保が難しい上に、ロケ先での撮影許可の取得もハードルが高いなど、現在も多くの課題を抱えている状況だ。このような課題を解決するため、現在、最新技術を駆使したCG制作やバーチャル撮影などの需要が高まり、広告やイベント、アパレルやエンタメなど様々な領域で活用事例が生まれている。

■「LED STUDIO」について

新たに設置された「LED STUDIO」は、世界最小の微細なLEDを使用し業界最先端の技術によって作られたサムスン電子製の巨大なLEDウォール(縦3.2m×横4.8m)と、最も照度が高いLEDソフトライトによって多彩なライティングエフェクトが設定できるLED照明で構成されている。巨大なLEDウォールを囲むように設置されたLED照明によって、人物と背景に適したライティングが考慮されたCG背景の空間を、色彩豊かに創り出すことが可能だ。

LED照明により、従来の撮影では時間を要した照明のセッティング作業も効率化され、演者への負担も少なく臨場感のある撮影ができ、多忙な著名人の時間や場所の制約を大幅に減らす。コロナ禍においても、海外など遠方に移動せずスタジオ内だけで様々なロケーション撮影が可能だ。

また、撮影後の合成作業も格段に効率化する。従来のグリーンバック撮影のように、撮影後に人とCG画像を合成させるデジタル合成ではなく、「LED STUDIO」が創り出すライティングが考慮された臨場感あるCG背景の空間で人物撮影することで、CG撮影後に必要な背景と人物の合成作業が大幅にスピードアップ。これにより、これまで実現できなかったスピードでバリエーション豊かな撮影や素材制作が可能だ。

さらに今後は、同社が保有する3DCG技術や空間スキャン技術を活かし、オリジナルのCG背景とLED照明のライティングパターンで制作した「同社オリジナルのLED空間モデルデータ」を大量に作成し、提供をする予定。このように「LED STUDIO」は、ポートレイト撮影や動画にCM、CGコンテンツ制作はもちろんのこと、各種イベントやファッションショー、オンラインライブなど様々な場面において活用が期待される。

活用例
・現在の情勢下では難しい、海外や地方の風景を背景としたロケーション撮影やポートレイト撮影
・雑誌やCMの宣材撮影や動画撮影
・イベントやオンラインライブなどのコンテンツ制作
・演者と空間を組み合わせた、多種多様な動画広告クリエイティブの作成
・スピーディーなクリエイティブ素材の制作と運用

新着のニュース一覧