>   >  新しい「ユニティちゃんトゥーンシェーダー」を発表、無料で提供開始、「PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity」に対応(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)
新しい「ユニティちゃんトゥーンシェーダー」を発表、無料で提供開始、「PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity」に対応(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)

新しい「ユニティちゃんトゥーンシェーダー」を発表、無料で提供開始、「PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity」に対応(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、東京国際フォーラムで開催された開発者向けイベント「Unite 2017 Tokyo」にて、「ユニティちゃんトゥーンシェーダーVer.2.0」を発表した。
詳細はこちら

■「ユニティちゃんトゥーンシェーダーVer.2.0」について

この「ユニティちゃんトゥーンシェーダーVer.2.0」はより高品質のトゥーンラインシェーダーであるPencil+4Line fo Unityと組み合わせて使用することで、商業アニメーション水準の品質の映像を制作することができる。また、こちらは現在配信中の携帯ゲーム『あんさんぶるスターズ!』の制作においても採用されている。なお、「ユニティちゃんトゥーンシェーダーVer.2.0」は、「ユニティちゃんオフィシャルHP」の「DATA DOWNLOAD」コーナーより、無料でダウンロードが可能となっている。

「ユニティちゃんトゥーンシェーダー ver.2.0」は、セル風3DCGアニメーションの制作現場での要望に応えることのできる形で設計された、映像志向のトゥーンシェーダーとそのサンプルアセット。テクスチャで指定可能なアウトラインの入り抜き調整や影の指定、ノーマル色と影色の混合部のぼけ足調整など、多彩な機能を備えているのが特長だ。ダウンロードおよび詳しい情報は「ユニティちゃんオフィシャルHP」にて。

新着のニュース一覧

  • 3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    ツール

    3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    JUNSは、高速なレンダリング処理を行うRyzen7プロセッサを搭載し、3DCG制作に最適化したワークステーション「SuperPC RYZENX」を発売した。「SuperPC RYZENX」は、高度なアニメーション制作や物理シミュレーション、解像度の高まる3Dビジュアルやタイトルモーションなど高精細な3DCG映像表現を求める制作者へ向けた、パワフルかつ最もコストパフォーマンスに優れた高速レンダリングマシン。AMDのZENマイクロアーキテクチャを採用した8コア16スレッドプロセッサ Ryzen7を搭載し、レンダリングやモデリングにかかる時間を短縮。"すべての制作者を待ち時間から解放する"をキーワードに企画・設計されたモデルだ。