>   >  国内BTO初、NVIDIA GeForce RTX 3080/3090を水冷化、デュアル水冷G Master Hydroシリーズに標準搭載(サイコム)
国内BTO初、NVIDIA GeForce RTX 3080/3090を水冷化、デュアル水冷G Master Hydroシリーズに標準搭載(サイコム)

国内BTO初、NVIDIA GeForce RTX 3080/3090を水冷化、デュアル水冷G Master Hydroシリーズに標準搭載(サイコム)

株式会社サイコムは、NVIDIA社の最新ビデオカード「NVIDIA GeForce RTX 3080」および「NVIDIA GeForce RTX 3090」の水冷化を新システムにより実現した。CPUとビデオカードが水冷仕様となるデュアル水冷モデルのG-Master Hydroシリーズの「G-Master Hydro Z490」、「G-Master Hydro Z490 Extreme」、「G-Master Hydro X570A II」で搭載可能とし、1月25日(月)より販売開始した。標準でNVIDIA GeForce RTX 3080、オプションにてNVIDIA GeForce RTX 3090を選択できる。また、最新のデスクトップ・プロセッサー「AMD Ryzen 5000 シリーズ」を搭載した同シリーズの新製品として「G-Master Hydro X570A Extreme」も販売中だ。

■製品概要

新水冷システムの開発にあたり、ビデオカードの冷却にはデンマークの水冷クーラーベンダー最大手、ASETEKのOEMによる独自の水冷ユニット「Asetek Hybrid GFX 240mm LCS」を新たに採用。冷却ファンには空冷最強メーカーとして知られるNoctuaのプレミアムファン「NF A12x25 ULN」を2基搭載し、240mm×120mmラジエーターと2基の超静音高性能ファンにより、TDP350WのGeForce RTX 3090においても高負荷時に高い冷却性を保ったまま静音性も維持する。同社ではその性能を証明するために独自に検証を行い、ホームページにおいて冷却性能、静音性、高冷却に伴う水冷ビデオカード性能の向上に関するデータも参考値として公開している。

今回の新水冷システムの製品化に合わせ、G Master Hydroシリーズの新ラインナップとして第4世代AMD Ryzen搭載の「G Master Hydro X570A Extreme」の販売も開始。昨年11月より販売開始したAMD Ryzen 5000シリーズ搭載PCは現在までその数を増やし、新水冷システムを標準搭載した同製品は第4世代AMD Ryzen搭載 G Master Hydroシリーズ機種のフラッグシップモデルとなる。標準構成価格は、AMD Ryzen 7 5800 X 搭載モデルが365,310円(税込)より。納期については、製品サイト上にリアルタイムで表示される納期での納品になる。「G Master Hydro」は、ゲームユーザーの細かなこだわりに応えたエンスージアスト向けモデル。今後もデュアル水冷システムにかける同社の強い思いを 、高次元のゲーミング性能を求める熱狂的なゲーマーに向けてさらなる進化を続けながら製品開発を行なっていくという。

G-Master Hydro Z490 281,770円(税込)より
www.sycom.co.jp/custom/model?no=000783
G-Master Hydro Z490 Extreme 320,300円(税込)より
www.sycom.co.jp/custom/model?no=000784
G-Master Hydro X570A II 302,560円(税込)より
www.sycom.co.jp/custom/model?no=000785
※上記3製品の価格はGeForce RTX3080 10GB/税込の価格。詳細は各製品ページにて

新着のニュース一覧