>   >  「PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity」4.1.0 リリース、 Universal Render Pipeline対応パッケージを追加(ピー・ソフトハウス)
「PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity」4.1.0 リリース、 Universal Render Pipeline対応パッケージを追加(ピー・ソフトハウス)

「PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity」4.1.0 リリース、 Universal Render Pipeline対応パッケージを追加(ピー・ソフトハウス)

高品質なアウトライン描画をUnityで実現する「PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity」Version 4.1.0 がリリースされた。今回のアップデートでは、 新たにUniversal Render Pipeline(URP)対応パッケージが追加された。また、Post-processing / Bridgeは個別パッケージとして分離しPackage Managerに対応。その他、いくつかの不具合修正が含まれている。
詳細はこちら

■拡張パッケージ

HD Render Pipeline
ハイクオリティなグラフィックスを実現する「HD レンダーパイプライン(HDRP)」上でPencil+ 4ラインを描画するための拡張パッケージ。ラインの描画はポストプロセッシングエフェクトとして動作し、HDRPプロジェクトにおいて簡単かつ柔軟に使用することができる。
Universal Render Pipeline
美しいグラフィックスとパフォーマンスを実現した「ユニバーサルレンダーパイプライン(URP)」上でPencil+ 4ラインを描画するための拡張パッケージ。ラインの描画はポストプロセッシングエフェクトとして動作し、URPプロジェクトにおいて簡単かつ柔軟に使用することができる。
Post-processing
カメラのイメージバッファに対してエフェクトを適用する「Post-processing Stack v2(PPS)」上でPencil+ 4ラインを描画するための拡張パッケージ。
Bridge
Unityと3ds Max、Mayaの間でPencil+ 4ラインの設定が受け渡しできるPencil+ 4 Bridgeの拡張パッケージ。シーンファイルとは別のファイルとして管理できるため、他のシーンへ容易に適用することができる。

■対応バージョン

Pencil+ 4 Line for Unity
・Unity 2018.3 以降
HD Render Pipeline(HDRP)
・Pencil+ 4 for Line for Unity version 4.1.0 以降
・HDRP version 7.2.0 以降
Universal Render Pipeline(URP)
・Pencil+ 4 for Line for Unity version 4.1.0 以降
・URP version 7.2.0 以降
Post-processing(PPS)、 Bridge
・Pencil+ 4 for Line for Unity version 4.1.0 以降
・Unity 2018.3 以降

新着のニュース一覧