>   >  新・海外で働く日本人アーティスト:第3回:長谷川典子(Cheer Digiart Inc. / Producer)
第3回:長谷川典子(Cheer Digiart Inc. / Producer)

第3回:長谷川典子(Cheer Digiart Inc. / Producer)

読者アンケートの中で「欧米だけなく、アジア圏で活躍する人材もぜひ紹介してほしい」というリクエストいただくことが増えてきた。そうしたニーズにお応えすべく、今回は台湾からお届けする。日本で経験を積んだ後に中国へ渡り、現在は台湾のCheer Digiartでプロデューサーとして活躍中である長谷川典子さんのキャリアをご紹介。

TEXT_鍋 潤太郎 / Jyuntaro Nabe

ハリウッドを拠点とするVFX専門の映像ジャーナリスト。
著書に「海外で働く日本人クリエイター」(ボーンデジタル刊)、「ハリウッドVFX業界就職の手引き」等がある。

公式ブログ「鍋潤太郎☆映像トピックス」



Artist's Profile

長谷川典子/Noriko Hasegawa(Cheer Digiart Inc.)
京都府出身。2002年デジタルハリウッド大阪校VFX総Proコースを卒業後、2004年に同志社大学を卒業してから上京、有限会社マリンポストでCGデザイナーとしてキャリアをスタート。その後、太陽企画株式会社、株式会社オー・エル・エム・デジタル、株式会社エヌ・デザインでを経て、中国・西安のアネックスデジタル株式会社へ入社。2013年9月に台湾のCheer Digiart Inc.(台湾名:砌禾數位動畫股份有限公司)へ入社し、PM(Production Manager)、Producerを経て、外国人でありながらHead of Productionとして会社全体をまとめる役目をになうように。現在は英語留学をしながらCheerのプロデューサーとして日本案件の顧問的な役割を務めている。



<1>実写VFXからアニメーションまで幅広く現場を経験する

ーー学生時代は、どのように過ごされていたのでしょうか?

長谷川典子氏(以下、長谷川):大学在学中に、デジタルハリウッド大阪校に通っていたんです。3ds MaxとAfter Effectsを学んだ9ヶ月間でしたが、映像制作やクラスメートとの団結の楽しさを知りました。卒業制作の頃にはよく連泊して作業していました。デジハリを卒業後、インターンシップでデジタル・メディア・ラボの関西支社で3ヶ月間お手伝いをしたのですが、その時に仕事としてのCGのイロハを学びました。

ーー日本でお仕事をされていたときのお話を聞かせください。

長谷川:映画の実写VFXがやりたかったことから、最初に就職したのはマリンポストでした。ここでは、基本的に1カットをモデルからコンポジットまでという作業形態でしたので、自分の担当カットが大きなスクリーンに映されることが何よりの喜びでしたね。その次に勤めたのが、太陽企画でした。太陽企画では上野の国立科学博物館用の大型展示ムービーなどを、その後に入ったオー・エル・エム・デジタル(以下、OLMデジタル)ではNHKのフル3Dアニメと、様々なジャンルのコンテンツ制作に携わりました。さらにその後はエヌ・デザインで再び映画VFXに携わりました。ちがうジャンルの、そして作業内容も異なる仕事を複数のスタジオで経験できたことは、現在の仕事にも大変役立っています。管理側として案件を見るときに、ひとつのことを深く知っているよりも、浅く広く多くのことを知っている方が、どんな案件にも臆せず対応できるからです。

ーー社会人になられてから海外留学をされていたそうですね。

長谷川:OLMデジタル時代の上司から、中国の西安にスタジオをかまえる アネックスデジタル というCGプロダクションの業務を手伝ってほしいとお誘いいただいたのがきっかけでした。いつかは海外で働いてみたい思っていたことと、大学時代に西安で1ヶ月ほどプチ留学した経験もあったので、願ったり叶ったりだとアネックスデジタルへ入りました。中国に渡る際、仕事と語学(北京語)の両立を目標にしていたのですが、アネックスは創業間もない時期だったため、多忙で語学学習がなかなか難しく、2年半勤めてから退社をし、西安交通大学の進修課(中国語専門コース)に通いました。30歳の女子大生です(笑)。
10代から60代まで、国籍も様々な中、韓国やロシアの学生達が積極的に仲良くしてくれて、楽しい第2の学生生活を送れました。国同士では色々問題がありますが、一個人と一個人との仲には、それは無関係ということを身をもって理解しました。夏休み・冬休みの長期休暇の間には、北はハルビンから南はベトナム国境の街まで中国中をひとりで旅しました。

ーー海外における就職活動はいかがでしたか?

長谷川:中国にいた当時は、国家によるインターネットの情報制限もあり、台湾の情報が収集しにくく、「とりあえず行ってから考えよう!」と、何のツテもないまま中国から直で台湾に入りました。中国と台湾で、漢字や発音が異なるので、早く慣れるために語学学校にも少し通いました。日本人女性限定のシェアハウスに泊まりながら、オーナーさんに住居と仕事の探し方を聞いて(それすら知りませんでした)、専門サイトを漁る毎日でした。台北は日本人の多い街ですので、すぐに色々な人たちと知り合うことができ、そうした方々からたくさんのアドバイスをもらえました。台湾で日本人向けの人材派遣会社にも登録していましたが、現在の勤務先であるCheer Digiart(以下、Cheer)に入ったのは、西安にいたときにお世話になった方の紹介です。会社を訪ねると、すぐに社長さんと面談ができ、ひと通り自己紹介や他愛もない話をした後、「給料についてはメールするから」と、もうその場で入社が決まっていました。台湾の就労ビザに関して、外国人を雇える人数は会社の規模や資本金に依って変わってきます。幸いCheerは大きな会社でしたので、何の制限もなく、必要書類だけ出せば簡単に審査が通りました。

新・海外で働く日本人アーティスト 第3回:長谷川典子

Cheer内の打ち合わせ風景より。チーム全体をまとめるには、高いコミニュケーション能力が不可欠だという

▶次ページ:
<2>Cheer Digiartのワークスタイル

その他の連載