>   >  画龍点睛:Vol. 84 宇宙創生 ~TVアニメ『正解するカド』第10話より~
Vol. 84 宇宙創生 ~TVアニメ『正解するカド』第10話より~

Vol. 84 宇宙創生 ~TVアニメ『正解するカド』第10話より~

今回は特別にTOKYO MX、MBS、BSフジにて4月から7月まで放送されていたTVアニメ『正解するカド』、第10話の冒頭に登場する宇宙創生シークエンスのメイキングを解説させていただきます。画龍で制作を担当した3分ほどのフルCGシーンになります。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 229(2017年9月号)からの転載記事になります

TEXT_早野海兵(画龍) / Kaihei Hayano(GARYU)
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

information
TVアニメ『正解するカド』
総監督:村田和也/シリーズディレクター:渡辺正樹/脚本:野﨑まど
アニメーション制作:東映アニメーション
seikaisuru-kado.com
Twitter:@Seikaisuru_Kado
Blu-ray Disc・DVD BOX 第1巻(収録話数:第0話~第6話)発売中
Blu-ray Disc・DVD BOX 第2巻(収録話数:第6.5話~第12話)2017年9月27日(水)発売
Amazon プライム・ビデオにて配信中
© TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

STEP1:今回のご依頼

東映アニメーションのプロデューサー、野口光一さんから突然の依頼があったのが去年の冬。実はリンクス時代の先輩で、これまでに映画『デビルマン』(2004)や『最終兵器彼女』(2006)でご一緒させていただいています。クリエイティブな業界ですが、人の縁は本当に大事です。今回のテーマとしてあったのは「多次元と宇宙と穴」。後は自由演技でした。画龍への依頼、といいますか私への依頼は企画やデザイン、演出も全て含めたものがほとんどで、「かっこ良くして!」といった感じで依頼がくることが多いです。

STEP2:3分の自由演技



▲まずは全体の構成を考えなければいけません。短いとはいえ、3分のフルCGシーンで、キャラクターも登場せず(ナレーションはあり)、延々と背景画像を見せるわけですから、飽きさせない工夫と新しさが課題となりました。

STEP3:異次元(異方)生命のデザイン

▲6種類の異次元(異方)生命体を作成。考え方のヒントとして、生物らしからぬものから創造していくことにしました。ただ、あまりに単調になってしまうとエンターテインメントとしてのキャラクターにならない ので、誇張しつつ美しいアートデザインを反映させていきます。当初はキャラクターを中心に考えていたこともあり、かなり細部までアニメーションさせることを想定していましたが、そうすると全体の宇宙創生のイメージが希薄になってしまうので、あくまでもメインのストーリーである宇宙の表現を優先させることにしました。

次ページ:
STEP4:フラクタルの作成

その他の連載