>   >  はじめよう!踏み出そう!VFX!:第1回:Blenderで踏み出す実写合成!【ステイホームVFX連動企画】
第1回:Blenderで踏み出す実写合成!【ステイホームVFX連動企画】

第1回:Blenderで踏み出す実写合成!【ステイホームVFX連動企画】

「ステイホームだし自宅で映像をつくってみようかな?」「でも3DCGは作ったことあるけど、実写合成は難しそう」......そんなあなたのために、現役大学生の映像作家・三宅智之氏が実写合成のイロハを集中講義! Blenderとダウンロード素材で今すぐ始めよう!!

TEXT_三宅智之 / Tomoyuki Miyake(@38912_DIGITAL
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)


  • Dell Presents ステイホームVFX コンテスト エントリー受付中!

    ●審査基準
    01:自宅での撮影素材を活かした面白い表現ができているか
    02:CG・VFX技術を駆使した作品であるかどうか

    ●部門
    プロフェッショナル部門/学生部門

    ●応募方法
    ・エントリー:〜5月15日
    ・審査同意書記入:〜5月21日
    ・作品提出:〜5月24日

    www.info-event.jp/dell/lp/ws_vfx


はじめに

はじめまして、38912 DIGITALこと、三宅智之と申します。私は映像制作をしている大学生です。小1の頃に映画『ALWAYS 三丁目の夕日』のメイキングを見てVFXの魅力にドハマリし、以来独学でVFXを用いた映像制作をずっと続けてきました。最近話題のBlenderは、小学生の頃から10年近くの付き合いです。

さて、この連載では「3DCGは使えるけどVFX(視覚効果)には手を出せていない」というクリエイター向けに、VFXの入口となる技術やテクニックを実践を通してご紹介します! 実写とCGを融合するVFXの魔術を覚えれば、映像表現の幅をぐっと広げることができます。

そんなVFXは奥が深い技術ですが、ここ数年で始める敷居はかなり下がってきています。本連載では「まずは実践・最後に理論」のコンセプトでVFX初心者向けにやさしく説明していきます。さてさて、まずは悩むより手を動かせ! はじめよう! VFX!!!

今回作る映像

第1回では、以下の映像を作ります。カメラの動きに合わせて実写に3DCGを合成する、シンプルなカットです。

今回のカットは、おおまかに以下のながれで進行していきます。......といっても、まだ何を言っているかわからなくても大丈夫です。

今回は、以下のソフトと素材を使用します。実践パートで使用しますので、あらかじめダウンロードをお願いします。

●使用ソフト
Blender 2.92
www.blender.org

●使用映像素材
ライセンス:CC-BY-NC 4.0
CGW_38912VFX_01.zip

01:Blenderで「マッチムーブ」してみよう

「マッチムーブ」とは、実写の映像からモノの動きを推測し、CGにその動きを割り当てる技術です。今回は「マッチムーブ」で実写と3DCGのカメラの動きを合わせてみます。


【実践】よくわからなくてもOK! まずは手順通り触ってみよう!

●今回の「マッチムーブ」の大まかな流れ

〈Step 0〉Blenderの下準備

今回は感覚的な理解を目指して、Blenderの言語を日本語に設定します。後ほど英語に戻していただいても構いません。

  • 【1】Blenderを起動後、左上の[Edit→Preferences...]を選択します

  • 【2】新しく開いたPreferencesの、[Interface→Translation→Language]を[Japanese (日本語)]にします。[ツールチップ]と[インターフェイス]のみチェックを入れます。データのエラー回避のため、[新規データ]はOFFにします

次に、「マッチムーブ」をするために画面レイアウトを変更します。Blenderは自由にレイアウトを組むことができますが、今回は標準で用意されている[Motion Tracking]というレイアウトプリセットを利用します。

  • 【3】ヘッダーの[+]ボタン(見つからない場合は、ヘッダー上にカーソルを置き、マウスホイールを回すとヘッダーがスクロールされ見つけられるはずです)をクリックして、[VFX→Motion Tracking]を選択します


〈Step 1〉撮影データの読み込み:インポート

Blenderが準備できたら、まずは実写の映像素材を読み込みます。

【1】画面中央あたりの[開く]をクリックして、ダウンロードした映像素材を読み込みます

【2】映像を開くと、このような画面になるはずです。映像の上にカーソルを置き、[F]キーを押すと映像のサイズが画面にぴったり合います。同じく映像の上でマウスホイールで映像の拡大縮小、マウス中ボタンをドラッグすることで映像のドラッグ移動ができます

【3】映像の下側のパネルにはタイムラインがあります。タイムライン上部のフレーム数のところを左ドラッグすると再生ヘッドを自由に動かせます。タイムライン下部には再生ボタンがあり、タイムライン右下で開始フレームと終了フレームを指定できます

  • 【4】映像の左側のパネルの[トラック→クリップ→シーンフレームを設定]することで、開始・終了フレームを読み込んだ映像素材に合わせて自動で設定してくれます。今回の素材は240フレームなので、[シーンフレームを設定]を押すことでタイムライン右下の終了フレームが240に変化するはずです(デフォルトは250です)


次に、映像のプロキシ(画質を下げ軽くした代替映像)を作ります。

  • 【5】映像の右側のパネルの[フッテージ→プロキシ/タイムコード]のタブのチェックを入れます。[オリジナルを構築]で元の動画からどの程度解像度を落とすかを指定します。今回は[50%]を選択してみました。最後に[プロキシ/タイムコードを構築]を押すとエンコード処理が始まり、映像の元ファイルと同じフォルダにプロキシデータが書き出されます(Blender最下部にプログレスバーが表示されます)

【6】書き出し完了後、[プロキシサイズ]で[50%]を選び、先ほど書き出したプロキシを表示します。表示をプロキシにしたことで、画質が下がっています

プロキシはあくまでプレビューの画質を下げて処理を軽くするもので、元データが上書きされるわけではありません。特に次の工程(トラッキング)では、内部処理が元データで行われるため、素材のサイズが大きい場合プロキシを使用しても処理が重くなることがあります。

また、プロキシの画質を下げれば再生が軽くなりスムーズになりますが、あまりに解像度が低いと次の工程(トラッキング)で作業しづらくなるため注意が必要です。お使いのマシンのスペック次第でプロキシをそもそも作るべきか、作るとしたらどの程度の解像度にすべきかなどを試行錯誤し検討してみてください。

  • 【7】映像の左のパネルのプリフェッチを押すことで、映像のキャッシュを作ります。プロキシがあればプロキシデータから、なければ元データで再生キャッシュが作られます。これにより再生が高速化します

ここまで来たら、いったんセーブしましょう。

次ページ:
〈Step 2〉特徴的な「点」の追従:カメラトラッキング

その他の連載