ZBrushマスターとして独特の存在感を放つVillard・岡田恵太が、ZBrushを用いた勢いのある造形テクニックを毎月紹介していく本連載。今回は「ハイエナ 幻獣」を制作していきます。

TEXT_岡田恵太 / Keita Okada(Villard Inc.
EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(@UNIKO_LITTLE





ダークファンタジーのクリーチャーをつくる

今回はハイエナをモチーフにしたクリーチャーを作成しました。イメージとしては、よくある「悪者の手下」的な位置付けです。全身に鎧を纏っており、ダマスカス模様が身体に入っています。ダークファンタジーの雰囲気で作成していきました。


主要な制作アプリケーション
・ZBrush 2021
・KeyShot 8


STEP 01:全体のラフモデルを制作

今回も作りながらイメージを固めていきたいので、まずはざっくりと全体のラフモデルから作成していきます。その後、顔などの造形を整えていきます。

【1】上半身のラフを作成します。ざっくりとしたボリュームを作成していきます

【2】顔の造形を整えていきます。顔は見えなくなる予定ですが、基本的な骨格など意識します

【3】歯は別パーツで作成するので、とりあえず口を開けた顔を作成していきます



STEP 02:パーツを足しながらシルエットを整える

顔の造形が進んできたら、パーツを足しながら身体の造形を整えていきます。ガリガリの身体ではなく、健康的な身体をイメージしました。ハイエナの参考資料を充分に集め、しっかりと観察しながら進めていきます。

【1】上顎の歯や歯茎を作成していきます

【2】下顎の歯や舌も作成していきます

【3】顔は悪魔的な雰囲気になってきました

【4】身体のアナトミーを整理していきます

【5】ガリガリにならないように注意します

【6】筋肉を際立たせていきます

【7】ZRemesherをかけてさらに整えていきます

【8】もう少し筋を追加していきます



STEP 03:鎧を造形する

身体の造形が整ってきたので鎧を追加していきます。SubToolで作成して、編集しやすいようにします。

【1】トゲトゲしい印象の鎧にしていきます

【2】鎧に細かいディテールを追加します

【3】西洋的な印象になるよう、鎧にディテールを追加していきます



STEP 04:ディテールを加える

アルファを使用しながら詳細ディテールを追加していきます。鎧の造形に合うよう意識して、全体的に印象的な雰囲気になるようディテールを加えます。

【1】アルファを使用しながらディテールを足していきます

【2】背中を中心に模様のようなディテールを追加していきます

【3】スカルプトは完成です



STEP 05:レンダリング

最後にKeyShotでレンダリングします。

今回はダークファンタジーのクリーチャーを作成しました。雰囲気もそこそこ強そうな下僕(しもべ)のような印象になったと思います。

Profile.

  • 岡田恵太/Keita Okada(Villard Inc.)
    デジタルスカルプター、3Dコンセプトアーティスト。1991年7月生まれ、広島県出身。2012年大阪の専門学校を卒業後、大阪のゲーム会社に就職。2013年に退職し上京した後、1年ほど建設現場の作業員(荷揚げ屋)などをしながらZBrushを独学で習得し東京のゲーム会社へ就職。2015年からフリーランスとなり、PS4用ゲームのDLC『Bloodborne The Old Hunters』をはじめ主にクリーチャーなどのコンセプトモデルを手がける。2017年3月、新会社「Villard」を設立
    www.artstation.com/artist/yuzuki
    www.villard.co.jp