>   >  戦記『キャプテンハーロック』:第1回:ワールドクラスのフルCGアニメに挑む
第1回:ワールドクラスのフルCGアニメに挑む

第1回:ワールドクラスのフルCGアニメに挑む

1970年代後半に制作された、松本零士原作の 『宇宙海賊キャプテンハーロック』 。ヨーロッパをはじめ海外にも熱狂的なファンが多い不朽の名作が、この秋フル3DCG劇場長編として奇跡の復活を果たす。監督は、CGアニメの第一人者・荒牧伸志氏。そしてアニメーション制作をリードするのはハイクオリティな表現に定評のある MARZA ANIMATION PLANET という、2013年最大の要注目作について多角的に考察していく。

© LEIJI MATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners
映画『キャプテンハーロック』2013年9月7日(土)全国ロードショー
harlock-movie.com

日本アニメの代表作を、満を持してフル3DCGでリブート

全ての始まりは2008年8月初旬のこと。荒牧伸志監督が東映アニメーション取締役の清水慎治氏から『宇宙海賊キャプテンハーロック』の新作パイロット版を監督してほしいと依頼を受けたことに端を発する。その時は、まだ作画にするのか3DCGにするのかも含め具体的なことは何も決まっていなかったそうだが、数週間後に改めて打ち合わせに呼ばれた荒牧監督は、本作のプロデューサーを務めることになる池澤良幸氏と出会い、池澤氏から世界標準のハイクオリティな3DCGアニメーションとして、世界に打って出たいという大胆な構想を聞かされたのであった。それを聞いた荒牧監督は、すでにいくつかのプロジェクトで MARZA ANIMATION PLANET(以下、MARZA) の前身であるセガVE研究開発部と制作の経験があったことから、彼らに制作してもらいたいと考えたという。
「ハイクオリティでフォトリアルなCGアニメーションを作る上で、一度組んだことのあるスタッフ、スタジオと一緒にやる、というメリットは計り知れない わけです」(荒牧監督)。

© LEIJI MATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners
CGWORLD短期連載/戦記『キャプテンハーロック』(第1回)特製トレイラー

池澤プロデューサーと荒牧監督は日本から世界と互角にわたりあえるクオリティのフルCGアニメーション作品を作りたかった。それはアイアンマンやその他マーベル作品のように、マンガから生まれた映画が数多くハリウッドで生み出されていることに対する悔しさからきている。
「アニメ的なアクションやメカやキャラクターのデザイン、シーンの見せ方というのは日本のコンテンツがもつ強みのひとつだったわけですが、ハリウッド映画はそういうアイデアをフォトリアルな映像として作品に落とし込んでくる、という状況が悔しくない制作者はいないですよ」と荒牧監督。
そして池澤氏も「企画段階の時期、『ファイナルファンタジーⅦ アドベントチルドレン』(2005) が当時話題になっていて、アニメ会社として負けないものを作りたいと思っていました。欧米のような新しい制作システムに対応できるスタジオはどこか選定していたとき、荒牧監督からの打診によってMARZAへパイロット版の制作を依頼しました」と経緯を語ってくれた。

『キャプテンハーロック』監督:荒牧伸志

荒牧伸志/Shinji Aramaki(Director)

1960年10月2日、福岡生まれ。メカデザイナーとしてアニメーション界で頭角を現わし、OVA『メタルスキンパニック MADOX-01』(88)にて原案を手がけると共に監督デビューを果たす。04年には『攻殻機動隊』の士郎正宗原作『APPLESEED』を発表。フル3DCG、トゥーンシェーディング、モーションキャプチャという手法を用いた、この画期的な作品は日本のファンはもとより海外でも称賛の声を集めた。07年にはその続編『EX MACHINA』を監督、昨年には自身のスタジオSOLA DIGITAL ARTS制作による『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』を公開した。日本を代表するフルCGアニメーションに精通した演出家として知られる。

『キャプテンハーロック』場面写真

© LEIJI MATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners

そうした熱いオファーを受けたMARZAは、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』 シリーズ『初音ミク -Project DIVA-』 シリーズ などのOPムービー等で知られていたが、設立当初からの目標は「世界に誇れるフルCG劇場向け作品の制作」だった。
MARZAではその当時、ピクサー作品のようなカートゥーン調の表現を目指そうとしていた背景があり、リアル系のCG作品を作ることに多少抵抗があったという。だが、まずは一度長編作品を作ることが何よりも重要であると考えたのに加え、スタッフにリアル系のルックを得意とする人材が多かったのも決断の理由だったと、宮本 佳プロダクション・マネージャーはふり返る。

『キャプテンハーロック』プロダクション・マネージャー:宮本 佳

宮本 佳/Kei Miyamoto(Production Manager)
横浜出身。1999年株式会社スクウェア(現スクウェア・エニックス)入社。ゲームオープニング等の映像制作に携わる。2007年株式会社セガに入社、MARZAの前進であるVE研究開発部の起ち上げから参加し、現在に至る。本作品にはパイロット制作時からプロダクション・マネージャーとして参加。

『キャプテンハーロック』場面写真 『キャプテンハーロック』場面写真 『キャプテンハーロック』場面写真

© LEIJI MATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners

その他の連載