>   >  アーティストだけじゃない! 全職種に役立つファリアー流ポートフォリオ作成講座
アーティストだけじゃない! 全職種に役立つファリアー流ポートフォリオ作成講座

アーティストだけじゃない! 全職種に役立つファリアー流ポートフォリオ作成講座

アーティスト向けの「就活/転職アイテム」として認知が進むポートフォリオ。しかし、実際にはゲームデザイナーやアーティストなど、幅広い職種でそのエッセンスが役に立つという。ゲーム業界を対象とした人材育成を手がけるファリアーのポートフォリオ制作講座を取材した。

TEXT&PHOTO_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

そもそもポートフォリオとは何なのか

未来のクリエイターを「探し、育て、活躍する環境を整える」ために、2017年に創業したファリアー。そんな同社が主催する、ゲーム業界をめざす学生を対象とした勉強会が「駿馬(しゅんめ)」だ。「東京の学生に比べて、地方在住の学生は様々なハンデを負っている」として、これまで札幌・横浜・名古屋・京都・福岡・新潟・大阪で開催。就職活動で必要な企画書やポートフォリオの作成法を中心に、座学とワークショップを組み合わせた、ユニークなセミナーを続けてきた。

そんな同社が8月31日(土)に名古屋で開催した第29回勉強会が「ゲームクリエイターの『足元から支える』ポートフォリオ制作講座」だ。ポートフォリオと聞くとアーティスト志望の学生が対象になりそうだが、このワークショップではゲームデザイナー志望やプログラマー志望の学生にも役に立つ内容が学べるという。実際、会場に集まった46人(うち女性が13人)の学生も、志望職種はバラバラだった。

根岸 遼氏

講師を務めたのは自動車業界の設計開発者を振り出しに、ソーシャルゲーム会社大手のコロプラ、そしてファリアーと、唯一無二のキャリアを歩んできた根岸 遼氏だ。コロプラではアーティストの新卒採用を担当し、年間2,000冊を超えるポートフォリオの評価や、学生向けのアドバイスなどを行なってきた。2017年にファリアーにジョインすると、代表の馬場保仁氏とともに、駿馬などを通して学生の育成を励んでいる。

はじめに根岸氏は「ポートフォリオをつくる前に、何のためにつくるのか、その意味を考えてほしい」と切り出した。なお、ここでいうポートフォリオとは、「アーティストやアーティスト志望の学生が、転職/就職活動の際に、自分のスキルを説明するための資料」の意味。ただし、これを「他人に自分の考えを説明する」という視点にまで広げれば、企画書やプレゼン資料も含まれる。そのため、こうした資料をつくる際も、「なぜつくるのか」を意識することが重要だという。

続いて根岸氏は「ポートフォリオの役割」について、以下の3点に整理した。

①他人に「この人に会ってみたい」と思わせるための「宣伝担当」
②面接で話す際に「カンペ」として助けてくれる「サポート役」
③外観や話し方、話す内容以外で「印象に残る」スペシャル要素(印象操作)

①はポートフォリオで最も重要な要素だ。人気企業では毎日、大量のポートフォリオが届く。その中から人事担当者に「会ってみたい」と思わせられる内容でなければならない。他に自分のスキルを説明するための資料として持参し、面接で説明する材料にも使える。ポートフォリオの内容で、自分自身を相手に印象づけることも可能だ。根岸氏も「以前、カエルがモチーフの作品が大量に入ったポートフォリオを見たことがあり、良くも悪くも印象づけられた」という。

もっとも、そうしたポートフォリオをつくるためには、「圧倒的なクオリティを示す」か、「他の人との差別化を図る」ことが求められる。理想は前者だが、実際には大半の学生で優劣をつけがたいのが現状だ。そこで求められるのが後者で、「自分を伝えきる」ことが重要だという。そのためにはポートフォリオに「自分が最も得意な内容を入れる」ことと、「相手にあわせて少しずつ内容を変えること」が肝心。そのためには作品制作の積み重ねが最重要だと述べた。

ポートフォリオをつくるときの意識

続いてトピックは「ポートフォリオをつくる前の意識」に移った。根岸氏は「同じ内容でも、ちょっとした工夫で見る側の印象がずいぶん変わる」として、「レイアウト」「カラー」「フォント」という3つのキーワードを提示。それぞれ具体例を示しながら、解説していった。

「レイアウト」とはイラストや文章など、ポートフォリオを構成する要素(コンテンツ)の配置のことだ。同じキャラクターを配置するのでも、中央に大きく単体で表示すれば、自然と主人公的なイメージが付与される。色や形の異なる2体のキャラクターが左右に同じ大きさで並べば、主人公とライバルという関係性が連想されるだろう。中央に大きく単体で配置し、その左右に小さく別のキャラクターを並べれば、ヒーローと仲間といった具合だ。

「カラー」では色の意味や、組み合わせ方に気を配ることが重要だ。戦隊ヒーローは好例で、熱血漢の赤、クールな青、元気な黃など、色のもつ意味が効果的に使われている。マンガ『ドラゴンボール』の敵キャラクター、フリーザの配色に紫が効果的に使われているのも、知性・富・高級感を表す色だからだ。もっとも、色の意味や組み合わせは国や文化によって異なる。純粋・清潔などプラスのイメージが多い白色も、中国では陰湿・極悪など縁起の悪い色になる。こうしたちがいを理解することが重要になる。

他に学生がやりがちな失敗例として、目がチカチカする配色をしてしまうことがある。補色(色相環における対面同士の色の組み合わせ)を使いすぎるのが原因で、赤とシアン、青と黄、緑とマゼンタなどが、それぞれ補色関係となる。これに対して色相環上で近しい色の組み合わせは、落ち着きを与える。赤と黄、緑とシアン、青とマゼンタなどだ。根岸氏は「はじめにベースカラーを決め、ワンポイントで補色を加えるなど、配色のバランスを考えることが重要だ」と指摘した。

最後の「フォント」では、映画『君の名は。』のロゴが例に挙げられた。A1明朝が使用され、上品な印象を与えているが、これが游ゴシックだと大人しめになり、新ゴだと体育会的になる。新丸ゴだと子ども向けといった具合に、フォントが変わるだけで受ける印象が変化するのだ。そのためポートフォリオに添える文章やタイトルにおいても、内容に即したフォント選びが必要になる。逆に「何となく格好良いからアルファベットにする」などは避けるべきだと釘を刺した。

もっとも学生のうちから、これらを意識して使いこなすことは難しい。そこで根岸氏は、日常生活に潜むヒントに敏感になってほしいと述べた。広告はそうしたヒントの宝庫で、つくり手の意図がふんだんに含まれているという。根岸氏もWeb上の画像をスクラップできるWebサービス「Pinterest」を通して、様々な広告画像を収集し、暇を見て見返していると述べた。「なぜそうした選択をしたのか、常に説明できるようになってほしいですね」。

また、「黄金比」に関する説明もなされた。古来より人間が最も美しいと感じる比率「1:1.618」で、歴史的建造物や美術品をはじめ、様々な分野に採り入れられている。ミロのヴィーナス、パルテノン神殿、パリの凱旋門などは好例だ。オウムガイの殻、ひまわりの種など、自然界にも黄金比を基にした造形美が見られる。Twitterのロゴも黄金比で構成されたデザインとなっている。「こうした知識を知ることで、日常を注意して観察できるようになる」と根岸氏は語る。

最後に根岸氏はポートフォリオの制作ステップを次のようにまとめた。

①自分のこれまでをふり返る
②伝えたいことをリストアップする
③リストを並び替えてストーリーをつくる
④ストーリーに合わせて作品をはめこむ(作品がないならつくる)
⑤意図が伝わるか確認してから作業を始める
⑥完成したら周囲に見せて確認する

その上で、ストーリーづくりの一例として「起承転結」を挙げ、例として10ページの構成を示した。

①   表紙(一番の自信作)
②~③ 起(自分の一番のこだわり)
④~⑤ 承(こだわりを伸ばすための工夫)
⑥~⑦ 転(それ以外の要素)
⑧~⑨ 結(基礎力/デッサンなど)
⑩   自己紹介など

もちろん、それぞれのボリュームは人によって変更可能だ。根岸氏は「ポートフォリオには答えはないが、型はある」として、参考にしてほしいと語った。

次ページ:
写真を言葉で説明するワークショップに四苦八苦

特集