>   >  「第11回 吉祥寺アニメーション映画祭」、過去最多の応募作品で層に厚み。森本晃司監督「久々に面白いと純粋に思った」。
「第11回 吉祥寺アニメーション映画祭」、過去最多の応募作品で層に厚み。森本晃司監督「久々に面白いと純粋に思った」。

「第11回 吉祥寺アニメーション映画祭」、過去最多の応募作品で層に厚み。森本晃司監督「久々に面白いと純粋に思った」。

10月3日(土)、吉祥寺シアターにて「第11回吉祥寺アニメーション映画祭」が開催された。これは同日から12日まで開催した「吉祥寺アニメワンダーランド2015」の一環。本稿では、その模様をお伝えする。

<1>力作ぞろいの受賞作

「吉祥寺アニメーション映画祭」が実施されている「吉祥寺アニメワンダーランド」は、1999年にJR吉祥寺駅が開業から100周年となったことを記念して始まった。吉祥寺近辺は在住・縁のあるマンガ家やアニメ制作スタジオに恵まれており、その絶好の立地を活かした施策である。

2004年に編集家の竹熊健太郎氏とアニメ特撮評論家の氷川竜介氏が「2004年アニメの最前線~2Dと3Dの融合の周辺」および「吉祥寺アマチュアアニメーション映画祭」で、「吉祥寺アニメワンダーランド」に参加。竹熊氏が後者の中で「毎年やろう」と提案したのを契機として今に至る。

「吉祥寺アニメーション映画祭」には竹熊氏、氷川氏のほか、アニメーション史研究家の津堅信之氏や吉祥寺近辺のアニメ制作スタジオや出版社が審査員として名を連ねている。そして、今回は『未来世紀ブラジル』などで知られるテリー・ギリアム監督も参加するとあって注目が集まっていた(※その後、来日は断念された)。

今回ノミネートされたのは16作品で、そのうち3作品はギャグアニメ部門に該当。当映画祭は部門別エントリーではなく、審査の過程でギャグと判断された作品が振り分けられるのが特徴だ。以下、グランプリから各賞までを紹介する。

一般部門グランプリ『共感覚おばけ』(牧野 惇)

ギャグアニメ部門グランプリ『ヌードバッター鉄雄』(谷口 崇)

優秀賞(スタジオディーン賞も受賞)『目』(邵 雪晴)

審査員特別賞(スタジオ4℃賞も受賞)『My New Animation』(平岡政展)

第11回 吉祥寺アニメーション映画祭レポート

審査員特別賞『きつね憑き』(佐藤美代)

コアミックス賞『カラスは真っ白「fake!fake!」』(植草 航)

第11回 吉祥寺アニメーション映画祭レポート

プロダクションI.G賞『かたすみの鱗』(石谷 恵)

このほかノミネート作品は、一般部門が『ゆめみるシロ』(KENPS)、『はくしょん!』(平川侑樹)、『Steel Gears Sheep Heart』(加賀遼也)、『澱みの騒ぎ』(小野ハナ)、『Colorful Lady』(池田篤史)、『HARBOR TALE』(伊藤有壱)、『その家の名前』(坂上直)、ギャグアニメ部門が『幻の蜘蛛 オオシロウサギグモを追え!』(井上満)、『そらとぶとけい』(清水翔太)であった。

▶次ページ:<2>ハイレベルな争い。ギャグアニメに期待

特集