>   >  SOLA DIGITAL ARTSが描くエヴァンゲリオンの世界
SOLA DIGITAL ARTSが描くエヴァンゲリオンの世界

SOLA DIGITAL ARTSが描くエヴァンゲリオンの世界

昨年、日本アニメ(ーター)見本市にて公開された第12話『evangelion:Another Impact(Confidential)』。秘密裏に開発と実験が進められていた「Another No.=無号機」の姿をフルCGで描いた作品で、圧倒的なクオリティに魅了された人も多いはずだ。今回はAnother Evaのモデリングとセットアップ中心に紹介しよう。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 213(2016年5月号)からの転載となります

TEXT_大河原浩一(ビットプランクス
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

日本アニメ(ーター)見本市
第12話『evangelion:Another Impact(Confidential)』
©カラー | ©nihon animator mihonichi LLP.

造形から質感までひときわ光彩を放つAnother Evaの作成

ここでは日本アニメ(ーター)見本市で昨年2月に公開されたフル3Dアニメーション作品『evangelion:AnotherImpact(Confidential)』からAnother Evaの3Dモデルの制作を紹介する。本作は初めてフォトリアル3DCGで表現された『エヴァンゲリオン』関連作品で、公開当時は大変な注目を集めたコンテンツとして記憶している人も多いだろう。本作はSOLA DIGITAL ARTSが制作を担当し、荒牧伸志氏が監督を務めている。今回はCGディレクターである松本 勝氏、3DCGモデラーの清水智弘氏、リガーの小森俊輔氏にお話を伺った。

  • 右より、Another Evaモデリング・清水智弘氏(フリーランス)、Another EVAセットアップ・小森俊輔氏(フリーランス)、写真なし、CGディレクター&コンポジット・松本 勝氏(SOLA DIGITAL ARTS)

松本氏が荒牧監督から本作の制作について相談されたのは2014年5月ごろ。松本氏は当初、『エヴァンゲリオン』をテーマとしたフル3Dアニメーションを手がけることに不安を感じていたという。「当社で制作するということは、これまでのSOLA DIGITAL ARTSの作品のようにリアル系の3DCGのテイストになるということなので、これまでの『エヴァ』のファンに受け入れてもらえるか心配でした。しかし、荒牧監督は批判を恐れない人なので、最終的にはわれわれも挑戦しようと制作を決意しました」と松本氏。

制作にあたっては、これまでのエヴァ作品のようなアニメルックに寄せた表現ではなく、真逆の方向性を目指して制作がスタートしたという。その中で松本氏はカーペイント風の質感表現をモデラーの清水氏に依頼する。「巨大なものなので、カーペイントの粒子感が表現できるかわからなかったのですが、そこをチャレンジしてみたかった」と松本氏。CGディレクターとしては何かとチャレンジングな案件であったようだが、公開後の評判も良く、エポックメイキングな作品となったのはご承知の通りだ。「評価が出るまで不安でしたが、結果としてはやって良かったと思っています」と松本氏は本作をふり返る。

MODELING 有機的な造形とカーペイント風の質感

竹内敦志氏のデザイン画を基に、Another EVAのモデリングを行なったのが清水智弘氏だ。「竹内氏のデザインを3Dモデル化できる人はなかなかいないと思います。一見するとメカなのですが、ディテールが有機的で難しい。清水氏がもともとキャラクターモデラーだったからこそ、モデリングできたデザインだと思います」と松本氏。モデリング作業は2枚のデザイン画からはじまった。清水氏は初動から敏速なフィードバック対応の必要性を感じていたため、ZBrushを使用して10日ほどでマケットを作成。荒牧監督に方向性の確認を行なっている。「有機的なデザインを探るにはZBrushでモデリングしていくのが、一番効率が良いと思います。特に今回は真正面からのデザイン画がなかったため途中段階で数パターン作成し、荒牧監督に選んでもらったり、アドバイスをもらったりを何度かくり返しました。ZBrushだと早い段階でファイナルに近い形状を確認でき、この時点で確固たる指針ができるので、後工程の迷いも少なくなります」と清水氏は話す。

Another EVAは他のエヴァンゲリオンと同様に人間的な素体に拘束具風の装甲が施されたデザインであり、デザイン画ではわからないディテールも多い。デザイン画にない部分は清水氏が自らデザインしてモデリングしているという。「腕や腿の内側が見えなかったり、顔以外のパーツ類は詳細がなかったのですが、竹内氏のコンセプトをなるべく崩さないように心がけ、他の部分のデザインを踏襲しながらモデリングしました」と清水氏。口の内部構造や装甲内部のディテールがわかるようなショットもあるため、筋肉表現をはじめ多くのディテールを加えるようにしたという。

竹内敦志氏によるデザイン画
竹内敦志氏によるデザイン画。当初は上の2枚のデザイン画からモデリングを開始したという。巨大な肩パーツなど、エヴァンゲリオンらしい特徴を残しつつも装甲の隙間を増やすなど、3DCGとして動かしやすいデザインになっている。また目の部分も塞がれており、Another EVAとしての特徴も強調されたデザインだ。最終的には全身デザインのほか、頭部のディテールや、頭部の内部構造がわかるような構造図も制作され、モデリングの参考にされている

ZBrushによるモデリング
清水氏がZBrushでモデリングしたAnother EVAのマケット。左が初期に制作されたモデルで、右が制作後期のモデルだ。ZBrushで制作されたモデルはMayaに読み込んでプロダクションモデルになるため、リトポロジーしやすいようにマケットの段階で面の構成や、どこに穴をあけるかと いったディテールを決めてモデリングされている。清水氏は、穴を開ける際にブーリアンは便利だが、綺麗なトポロジーに揃える作業に時間がか かるため使用しておらず、穴は穴としてモデリングしているという。各パーツをリトポロジーすれば、すぐにハイメッシュのモデルがつくれる状 態に仕上げられている。「最低限のポリゴン数でリトポロジーした後に、Mayaでスムージングを1回かけてエッジを立たせるだけでプロダクションモデルとしてポリゴン化できるようにしています。曲線の多いメカのモデリングではZBrushでの作業が効率的ですね」(清水氏)


制作初期


制作後期

次ページ:
Another Evaの3Dモデル

特集