>   >  伝説的SF漫画、CG表現技術の粋を集め待望の劇場アニメ化!『BLAME!』CGWORLD特別試写会レポート&瀬下寛之監督インタビュー
伝説的SF漫画、CG表現技術の粋を集め待望の劇場アニメ化!『BLAME!』CGWORLD特別試写会レポート&瀬下寛之監督インタビュー

伝説的SF漫画、CG表現技術の粋を集め待望の劇場アニメ化!『BLAME!』CGWORLD特別試写会レポート&瀬下寛之監督インタビュー

いよいよ5月20日(土)全国ロードショーとなる、ポリゴン・ピクチュアズの新作劇場アニメ『BLAME!』。そんな本作のCGWORLD特別試写会が、去る4月26日(水)ソニーPCL試写室にて開催された。また、5月10日(水)発売となるCGWORLD vol.226(2017年6月号)では、全26ページにわたる『BLAME!』メイキング特集を掲載している。それを記念し、特別試写会のレポートに加え、メイキング特集から瀬下寛之監督のインタビューをお届けしよう。

TEXT_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)

劇場アニメ『BLAME!(ブラム)』本予告(2)

<1>3DCGの特性を最大限に引き出すことで新感覚の"アニメ"を実現

劇場アニメ『BLAME!』CGWORLD特別試写会レポート&瀬下寛之監督インタビュー

© 弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

上述のとおり、劇場アニメ『BLAME!』のCGWORLD特別試写会が東亜重工動画制作局のサポートの下、催された。公開前につき内容については伏せるが、映像・音響ともにさらにレベルが高まった内容で、劇場での視聴体験が重要な意味を持つことはまちがいない。来場者アンケートでも「視覚と聴覚に訴えてくるすごい体験」、「体感型アクション。何度も観たい」、「観たことのない格好いい質感、ライティング」、「エフェクトが派手で見応えがあった」などの声が見られ、来場者の9割方が、「面白かった」と「傑作」にチェックする満足度の高い作品に仕上がっているもようだ。

劇場アニメ『BLAME!』CGWORLD特別試写会レポート&瀬下寛之監督インタビュー

© 弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

上映に続いては本作でディレクター・オブ・フォトグラフィー(以下、DP)を務めた片塰満則氏によるショートティーチインが行われた。片塰氏といえば、これまで『シドニアの騎士』や『亜人』など、トゥーンルックの作品で造形監督を務めてきたが、『BLAME!』では制作体制の変化に伴い、新たな肩書きとなった。DPとは色や質感、照明のコントロールや、カメラのレンズ、フィルターの選択などによって、画面全体の雰囲気を作り上げる職種であるが、本作ではシェーダの開発、キャラクターのルック表現などを担当したにすぎないと語る。一方、現在準備中の新作ではライティングとカラーリングという本来のDPの職分を担当しているそうだ。

劇場アニメ『BLAME!』CGWORLD特別試写会レポート&瀬下寛之監督インタビュー

ティーチインを行う片塰氏(筆者撮影)

本作の制作においてポリゴン・ピクチュアズでは新たにレンダラ「3Delight」を内包する、オールインワンアニメーション制作ツール「Maneki」を採用し、画づくりを全面的に見直したという。Manekiを使ったことで、コンポジットツールであるNUKEで色指定を行うことができ、それまでのカラーパレットから流し込むやり方に比べて効率化がはかられた。また、ライティングについてもManekiになったことで、レンダリングの品質とスピードが向上。これにより、従来のフローであればライティングを1灯で行ない、複雑な照明の場合は合成処理で対応していたが、今回は複数の光源を同時に使っても1回のレンダリングで仕上がるようになった。これが『BLAME!』の太陽の光が届かない舞台を人工照明が照らし出す、独特な世界観の表現にマッチしている。

劇場アニメ『BLAME!』CGWORLD特別試写会レポート&瀬下寛之監督インタビュー

© 弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

『BLAME!』の作品で特に観てほしいところを問われた片塰氏は、後半に登場するサナカンやシボとい う人間以外のキャラクター表現を挙げた。「リムライトは、これまでであればNUKEのリライト機能でグラデーションを作っていたのですが、そういう後処理ではなく、Mayaからから出力されるリムライトのパスによってより効率的にエッジの立体感を表現することができるようになった」と語る。
また、視線と表面の向きによって変化するフレネル係数を、ハイライトの濃度に掛け合わせることで従来のトゥーンルックよりも豊かな光沢の表現ができたとのこと。そのほかにも、サナカンやシボは目のレンズの屈折率を非常に高くしてあるという。これにより、人間の目とそうでない存在のちがいを描き分けていることも劇場の大画面でチェックしたいポイントだ。

劇場アニメ『BLAME!』CGWORLD特別試写会レポート&瀬下寛之監督インタビュー

© 弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

5月10日(水)発売の月刊CGWORLD vol.226(2017年6月号)では、表紙(魅力的な本作の世界観を示す描き込み!)と第1特集で本作『BLAME!』を26ページにわたって掘り下げていく。プリプロダクションから、キャラクターや背景のメイキング、アニメーションやライティング、モニターグラフィックス、原作/総監修を務めた弐瓶 勉先生のインタビューまで幅広く採り上げている。次ページではそんな誌面から瀬下寛之監督のインタビューを特別に先行公開でお届けしよう。
さらに、5月18日(木)20時から放送予定の第27回ニコニコ生放送『CGWORLD CHANNEL』では、劇場アニメ『BLAME!』メイキングスペシャルとして配信するので、こちらも要チェックだ。

第27回ニコ生配信は、「公開直前!劇場アニメ『BLAME!』メイキングスペシャル!」。本作の副監督/CGスーパーバイザーを務めた吉平"Tady"直弘氏をメインゲストとして、多数の制作スタッフが出演。貴重な実データを用いたメイキング解説が予定されているので見逃せない

劇場アニメ『BLAME!』CGWORLD特別試写会レポート&瀬下寛之監督インタビュー

© 弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

次ページ:
<2>観た人が「行ってみたい」と思える作品世界を目指して〜瀬下寛之監督インタビュー〜

特集