>   >  競輪選手をフォトグラメトリーで3DCG化。AVATTAによるガールズケイリンのビルボード制作事例
競輪選手をフォトグラメトリーで3DCG化。AVATTAによるガールズケイリンのビルボード制作事例

競輪選手をフォトグラメトリーで3DCG化。AVATTAによるガールズケイリンのビルボード制作事例

競輪&オートレース場外車券売場「ラ・ピスタ新橋」に今冬より掲載されるガールズケイリンのビルボードを紹介。制作したのはカメラマンの桐島ローランド氏が代表を務めるAVATTAだ。同社のフォトグラメトリー技術がつぎ込まれたプロジェクトを解説する。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 232(2017年12月号)からの転載となります

TEXT_石井勇夫 / Isao Ishii(Z-FLAG)
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

ガールズケイリン「ラ・ピスタ新橋」ビルボード

Photo



  • 山本レナ選手



  • 元砂七夕美選手

Photogrammetry


©JKA.All Rights Reserved.

ガールズケイリン
www.girlskeirin.com
※「ラ・ピスタ新橋」ビルボードは2017年12月中に掲示される予定です。

フォトグラメトリーでつくる新時代のビルボード

桐島ローランド氏が代表を務めるAVATTAはクライアントへ直接企画を提案し、CG制作、デザインまでを一手に引き受ける、いわば広告代理店に近いスタジオだ。中でも自社の専用スタジオを使った人物のフォトグラメトリーや、レーザースキャナ・ドローンを駆使した建築物の3Dスキャンを得意としている。

  • 左から、AVATTA CEO・桐島ローランド氏、AVATTAマネージャー・中野江美氏、3Dジェネラリスト・エリウム ブラドレン氏、3Dジェネラリスト・長嶋秀訓氏(以上、AVATTA)
    avatta.net

今回のガールズケイリン「ラ・ピスタ新橋」ビルボード制作は、そんな同社の技術がいかんなく発揮されたプロジェクトだった。クライアントである公益財団法人JKA(以下、JKA)に対し、選手だけではなく巨大なインドア競輪場を3Dスキャンしてデータ化し、未来のガールズケイリンのビジュアルイメージをつくり上げることを提案。フル3Dでのビルボード制作にチャレンジしている。さらに、成果物についてはビルボードにとどまらず、VRやフィギュア化など、多岐にわたる展開も見据えられている。

フォトグラメトリー技術の広告への活用について、桐島氏は「例えば、芸能人など忙しい人でも、数時間の拘束でスキャンをすれば様々にデータを利用できるので、広告に向いていると思います」と話す。「一度データ化すればロケなども自由自在なので、時間とコストを抑えられます。まさに"未来の広告プロダクション"ですよね。こういった案件は増えると思います」と、CG制作という範囲にとどまらない、同社の今後の展望を語ってくれた。

一方で、フル3Dはチャレンジだっただけに今回は苦労が絶えなかったと、プロダクションマネージャーの中野江美氏はふり返る。「今回は冒険でした。どれくらい時間がかり、どれだけ大変なのか、今回身をもって体験しました」。しかし、得たものは大きく、ノウハウは蓄積できたということだ。挑戦的とも言える、今回のビルボードの制作に携わる多くのプロセスを細かくみていこう。

選手やスタジアムを3DCGで再現

競輪&オートレース場外車券売場「ラ・ピスタ新橋」に掲示するガールズケイリンのビルボードを制作するという今回のプロジェクト。「ビジュアルは『近未来のガールズケイリン』をイメージしました。3Dデータはビルボードだけではなく、VRなどへの転用も利くことから、複合的なPRができるのではと思っています」とJKAの担当者も期待を寄せている。肝になるのは選手をはじめ、背景のインドア競輪場もスキャンしてデータ化し、写真合成を使わずにフル3Dでつくられているところだろう。建築物をドローンやレーザースキャナなどを使ってCG化しているのだが、こうした取り組みはあまり例がないのではないだろうか。

そして、それを基にクライアントの要望に応えて徹底したクオリティアップが重ねられている。制作の途中では昼のシーンを夜に変えるなど、写真では出ないような要望も出てきたという。時間の許す限りリテイクが可能な3DCGの現場ではよくありがちな苦労だが、「撮影後からライティングを変えたりするような、写真ではできないことができるのが3DCGならではの楽しさですね」と桐島氏。実写と3DCGの良い部分を知っているからこそ、クライアントのからの難しい要望に応えることができているのだろう。さらに、今後はディレクションだけではなく、自分でArnoldを習得したいと意欲的だ。中野氏も「大変でしたが、クライアントのJKAさんに任せていただき自由にやらせていただきました」とふり返る。自ら提案したことからの責任感だろうか。それだけに制作物のクオリティがアップしていったのだろう。

選手たちの着ているコスチュームのデザインはキラリトが担当。もともと衣装デザインのために描かれたキャラクターイラストがクライアントに好評で、こちらも単独でポスターになったという意外な動きがあった。ほかにも企画から参加しているため、3Dデータを使った様々な提案をしながら展開を広げていくことが可能で、今後は今回のデータを活用したVRのコンテンツにも挑戦してみたいとのことだ。

AVATTAのスタジオ

AVATTA社内のフォトグラメトリー用のスタジオ。カメラの数は徐々に増やしていて、現在は150台。NikonのD5300とD5500を使用している。また、被撮影者の身長にカメラの位置を合わせるため、パンタグラフ状の伸縮装置が独自に開発され、取り付けられている

山本選手と元砂選手の写真撮影

今回のビルボードに登場しているのは山本レナ選手と元砂七夕美選手



  • AVATTAのスタジオで行われた全身の撮影



  • 同じく、AVATTAのフェイシャル専用スタジオでの撮影の様子。フェイシャル専用スタジオはNikonのD600と単焦点レンズで構成されている。撮影自体は数時間ほどで済む上、全身とフェイシャルの専用スタジオが同じ場所にあるので効率も良い。そして、一度3Dデータ化してしまえば、様々なことにマルチユースができるのがフォトグラメトリーの利点だ

ディテールアップ作業



  • ZBrush上でのメッシュデータ



  • テクスチャを乗せたモデル



  • スキンシェーダを適用。これらを比較しながらディテールアップが行われていく



  • 制作の後半、設定を詰めてArnoldでレンダリングしたもの。ここからさらに細かい修正を施していく。特にスペキュラや目の印象が重要だとのこと



  • 社内的なテストレンダリング。背景と合わせ、調整していく。この時点でかなり自然な仕上がりだ



  • さらに制作を進めた状態。ここから後もポージングや肌のテクスチャ、目線などが修正されている

次ページ:
コスチュームの作成

特集