>   >  <『ORDINAL STRATA -オーディナル ストラータ』特別連載>第三回:幻想的でリッチなタイトルロゴはどのようにつくられたか?
<『ORDINAL STRATA -オーディナル ストラータ』特別連載>第三回:幻想的でリッチなタイトルロゴはどのようにつくられたか?

<『ORDINAL STRATA -オーディナル ストラータ』特別連載>第三回:幻想的でリッチなタイトルロゴはどのようにつくられたか?

2018年1月に配信が開始された人気スマホゲーム、通称『オデスト』こと『ORDINAL STRATA -オーディナル ストラータ』本誌236号では第1特集として、ゲームのメインキャラクターをフィギュアルックで表現したPVを中心に、ゲーム内のキャラ劇や表紙のメイキングについてStudioGOONEYSへの取材を通して紹介したが、そのタイトルロゴも実はStudioGOONEYSの社内で制作されたものだ。今回はそのロゴ制作について、他作品のロゴデザインも数多く手がけるアートディレクター・大森清一郎氏に話を聞いたので紹介しよう。

TEXT_石井勇夫 / Isao Ishii(Z-FLAG)
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

『ORDINAL STRATA -オーディナル ストラータ』
ジャンル:ドラマチックファンタジーRPG
配信日:好評配信中
対応OS:iPhone 5s以上(iOS 9.0以上)/Android 4.3以上(OpenGL ES 3.0以上)
※一部端末を除く
価格:基本無料(一部アプリ内課金有り)
公式サイト:ordinal-strata.com
ダウンロードはこちら:iOSAndroid
© Fuji Games, Inc. / Marvelous Inc.

<1>ロゴデザインは家を建てることに似ている

「ロゴをつくるときのデザイナーとクライアントの関係は、家を建てるときのハウスメーカーと施主の関係に似ていると思うんです」と開口一番に大森氏。家造りのプロであるハウスメーカーは、建築の知識がない顧客の要望を汲み取り、それを実現しつつ、家として成立させた上でなおかつ住みやすい家を建てるのが仕事だ。ロゴデザインも同じで、デザイナーがつくりたいものをただつくるわけではなく、クライアントの中で明確になっていないぼんやりしたイメージを具体化して形にしていく。

TVアニメ『SHOW BY ROCK!!』(2015)やきゃりーぱみゅぱみゅ『最&高』MV(2016)など、CGプロダクションとしての印象が強いStudioGOONEYSだが、今回の『オデスト』のようなCG制作とロゴデザインの複合案件や、ロゴデザイン単体での案件も数多く手がけている。その制作を一手に引き受けているのが大森氏だ。「クライアントは必ずしもロゴのプロではないので、ロゴを知っているデザイナー側から働きかけるよう心がけています」。特に直接顔を合わせて話す機会を大事にして、話し合いのその場でラフを描いてデザインのベースを提案していくことが多いという。


  • 大森清一郎/Seiichiro Omori
    StudioGOONEYS 取締役・アートディレクター

打ち合わせの場で即興でデザインを展開できるのは、過去にオリジナルのフリーフォントを配布するサイトを運営していたほどフォントに造詣が深く、加えて現在でも必ず月に2作品はロゴデザインを手がけているという豊富な経験による引き出しの多さが成せる業だ。クライアントと話をしていると、このロゴではフォントは「カワイイ」ものより「カッコイイ」ものがいいとか、またはフォントでなく絵として見せるほうがいいなどの多彩なイメージが湧き上がってくるという。

「ロゴデザインは、80~90%まではすんなり進みますが、そこからが長くかかります。完成したものを見ると簡単に見えてしまいますが(笑)」と笑う大森氏。出来上がりがシンプルでもそこに辿り着くまでには多くの工程があり、表に出ない多くのデザインやバリエーションが提案されているのだ。

そんな大森氏がロゴデザインにおいて特に意識しているのが、「ロゴデザインのプロが見ても恥ずかしくないものをつくる」ことだという。クライアントの目をごまかして承認を得るような短絡的な方法ではなく、ロゴデザイナーとして真摯にクオリティの高いロゴを目指す向上心やプライドを感じさせる。StudioGOONEYSの企業ロゴも、普通のCGプロダクションとちがう印象を受けるよう、ロゴを見ただけで「何か面白いことをやってくれそう」なイメージを相当意識してつくられている。

「ロゴデザインはビジネスとアートの要素を半分ぐらいずつで考えています。ビジネスと割り切ってクライアントの言うとおりのものをつくるだけでは誰も喜ばない。見たときに驚きがあるのがエンターテインメントで、それが人が喜ぶものになる。お客さんの言うことと自分のデザインの間でいつもより良いものを目指して試行錯誤しています」と大森氏はロゴデザインに対する姿勢を熱く語ってくれた。それでは次項から、『オデスト』のロゴ制作の工程を見ていこう。

次ページ:
<2>『オデスト』のロゴができるまで

特集