>   >  MRという"魔法"で実現する新世代アトラクション!『マジックリアリティ:コリドール&フラクタス』
MRという"魔法"で実現する新世代アトラクション!『マジックリアリティ:コリドール&フラクタス』

MRという"魔法"で実現する新世代アトラクション!『マジックリアリティ:コリドール&フラクタス』

「VR元年」と呼ばれた2016年から2年が経過。ペースはゆるやかなれど、着実に進化と浸透が進む中、日本でもVRに特化したアミューズメント施設が増えつつある。「Magic-Reality」をコンセプトに、VRとARを融合させたMRアトラクションの開発から運営までを自社で手がけるティフォンの取り組みを追った。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 239(2018年7月号)からの転載となります。

TEXT_神山大輝(NINE GATES STUDIO
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

「TYFFONIUM」で稼働中
www.tyffonium.com
©TYFFON Inc. All rights reserved.

次世代ホラーアトラクション『Magic-Reality: Corridor』
体験人数:1~2名/料金:2,400円/対象年齢:13歳以上

次世代ファンタジーアトラクション『Magic-Reality: FLUCTUS』
体験人数:1~5名/料金:1,800円/対象年齢:7歳以上
(13歳未満は保護者の同伴が必要)

少年時代の夢から始まったMRシアター「TYFFONIUM」

デジタルとアナログ、アートとテクノロジーなど、離れた概念を融合させることで新しいエンターテインメントの創造を目指すTyffon(ティフォン)。深澤 研CEOは、子供の頃から「テーマパークをつくりたい」という夢を抱き、ノートに設定やしかけを書いていくような幼少期を過ごしていたという生粋のエンターテイナーだ。エンジニア職や絵画・映像クリエイターを経て、2011年に中橋英通CTOと共にTyffonを設立。同社が運営する「TYFFONIUM」(ティフォニウム)というMR体験施設では、現在『CORRIDOR』(コリドール)と『FLUCTUS』(フラクタス)の2作品がプレイできる。

(前列・左から)向井秀哉CGアーティスト、髙橋貴博CGアーティスト、トスカーノ・パラシオス・ベニートCGアーティスト、祭田俊作CGアーティスト、伊藤一哉氏、髙田悠氏/(後列・左から)邵 逸川サウンドデザイナー、村上俊介エンジニア、首藤 諒CGアーティスト、蓮池智徳エンジニア、深澤 研CEO、中橋英通CTO、池内美沙CGアーティスト、井澤 亮エンジニア、椹木陽平マーケティングプロデューサー。以上、ティフォン www.tyffon.com

『CORRIDOR』は廃墟の洋館を舞台としたホラーアトラクションで、プレイヤーはHTC Viveを装着し、8.5m×4.5mの空間を最大2名で歩き回る。今春リリースの新作『FLUCTUS』は幻想的な海を航海するアトラクションで、プレイヤーのひとりは現実空間にある舵を手にして、VR空間内の船を操縦していく。いずれも現実空間での行動とVR空間内での現象が融和したコンテンツであるため、体験するためには専用のMR施設が必要となるが、会社として直接TYFFONIUMという施設を運営している理由については「自分たちでコンテンツを配給する場をつくっていった方が独自の体験を提供できると考えたからです。ソフトウェアというデジタル部分だけではなく、施設も運用することで"一連の体験のながれ"をつくりたかった」と、深澤氏。そのコンセプトは待合室の椅子や呼び鈴のディテール、『CORRIDOR』のランタンといったかたちで具現化されている。「VR、そしてMRによるエンターテインメントは黎明期。分野や領域を問わず、われわれの全てを結集することで"体験した人の人生に一生残る思い出"を提供することが目標です」(深澤氏)。現在はタロットをモチーフにした新作を開発中とのこと。デベロッパーの立場にとどまらず、夢を追求するTyffonのさらなる展開にも期待したい。

TOPIC 1
少数精鋭によるアジャイル開発的なアプローチ~『CORRIDOR』~

未知なるコンテンツだからこそ機材の選定はギリギリまでねばる

『CORRIDOR』は、ホーンテッドマンションのようなお化け屋敷のVR版というコンセプトで開発された体験型MRアトラクション。Tyffon初のVR(最終的にはMR)プロジェクトだ。プレイヤーはスタッフの指示に従って軽量のバックパックPCを背負い、HTC Vive製HMDを装着し、その後ゲーム内で使用するランタンを手にして体験に備える。プレイ中は廃墟となった洋館を魔法陣に沿って歩いて行くことで、襲いかかる亡霊やマンション自体が臓物に変形するなどの様々なしかけが飛び出してくるしくみとなっている。同作は2016年夏に企画がスタートし、まずは自らもアーティストである深澤氏が手描きでイメージボードを作成。体験型コンテンツにするために、企画当初からロケーションベース想定であり、"限られた空間で記憶に残る空間をつくる"というコンセプトから「施設+MR」という実現手段を選択。また開発当初は4、5人程度の少数編成だったため、部屋の間取り図やそこで発生するギミック、貴婦人や亡霊のデザインなどは紙ベースで情報共有されており、全員で意見を出し合う機会も多かったという。その中には「お化け屋敷にはひとりで入らないのでは?」という意見もあり、そこからカメラで撮影した同行者をVR空間内に投影するという「CGと現実のミックス」と言うべきMRのアイデアが生まれている。

プレイヤーの移動手段には車椅子などの候補もあったが、最終的には最も没入感の高い歩行となり、導線や部屋の数、体験に必要な空間の広さなどの設備設計やレベルデザインもおおまかな部分は紙の上で行われるかたちとなった。同社は2016年10月に新オフィスへ移転し、本格的な開発に着手。ルームスケールコンテンツにMRを利用した事例は少ないため、手製のグリーンバックスタジオで市場流通するVR機器やカメラの検証を重ねたという。カメラについては「60fpsが出るものがなく、あっても単眼の製品ばかり」という理由からHTC Viveの標準カメラが採用されることになった(※HTC Viveのフロントカメラも単眼だが、ここでは奥行きの表現よりも安定性が選択された)。その後、2017年7月14日から8月31日にかけて行われたTBS主催の「デリシャカス2017 GOURMET&FUTURE TV(東京/赤坂サカス)」では5分間のデモバージョンを出展し、そこでの成功を追い風にして自社運営施設「TYFFONIUM」を発表。3DCGデザイナーながら特殊造形や特殊メイクの技術も併せ持つ池内美沙氏が、亡霊の3Dモデリングからランタンや椅子などの現実の施設デザインまで一括して担当することとなった。

ホーンテッドマンションへのオマージュ ~初期スケッチ~

深澤氏が描いたスケッチの例



  • 最初期に描かれたコンセプトスケッチ



  • 企画を進めるにあたり、システムとコンテンツのパターンが洗い出された。最終的に最初に描いた【左画像】のイメージから本企画を起こしたという



  • シーンとイベントを思いつくままにメモしたスケッチ



  • 屋敷自体が怪物に変化するというコンセプトに決めた後、初期に企画した内容

約20㎡という共通の空間を多彩に演出 ~レベルデザイン~

ほぼ最終段階の演出案の例(各々1ループ分)

恐さとグロさ、そして美しさを ~コンセプトアート~

初期コンセプトアートの例



  • 洋館が怪物に変化するというコアイメージを決めた後、最初に描いたもの



  • 【左画像】の変化後



  • 主要クリーチャー「亡者(Sufferer)」



  • 主要クリーチャー「夫人(Lady)」

次ページ:
Topic 2 若手の自由なアイデアを積極的に採用 ~『CORRIDOR』~

特集