>   >  『ブルーサーマル』的VR超初心者入門漫画 その2>>「で、VR映画と普通の映画のつくり方ってちがうんですか?」
『ブルーサーマル』的VR超初心者入門漫画 その2>>「で、VR映画と普通の映画のつくり方ってちがうんですか?」

『ブルーサーマル』的VR超初心者入門漫画 その2>>「で、VR映画と普通の映画のつくり方ってちがうんですか?」

漫画家の小沢かなです。私が描いた『ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部-』というグライダーで空を飛ぶ部活漫画が、『ブルーサーマルVRーはじまりの空ー』(以下、『ブルーサーマルVR』)というVRの実写映画になり、7月5日(木)に公開されました。そんなわけで、これを機会にVRについて勉強し、ルポ漫画「で、最近よく聞くVRってなんですか?」を描きました。今回はその続編として、VR映画ならではのつくり方や、演出方法についてリポートします。

COMIC_小沢かな(@kana_ozawa_blue
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota









© 小沢かな/新潮社

ここからは写真で解説

▲左から、待場勝利さん(eje/VR推進部 執行役員)、上田 慎一郎監督、廣瀬 敏さん(デジタルSKIPステーション/事業企画部 プロデューサー)。ルポ漫画取材のために、SKIPシティ 彩の国 ビジュアルプラザに集まってくださいました


▲【左】高い身体能力で「都留 たまき」の元気よすぎる動きを再現してくれた小野花梨さん/【右】「倉持 潤」役の水石 亜飛夢さん。そのカッコ良さを、ぜひVR空間の至近距離から堪能してください
©小沢かな・新潮社/埼玉県/ SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ


▲埼玉県熊谷市にある妻沼滑空場での撮影風景。グライダーが離着陸するシーンはここで撮影しました


▲【左】SKIPシティ 彩の国 ビジュアルプラザのマルチチャンネルMA室。『ブルーサーマルVR』では画面を4分割し、4方向から音声が聞こえるように音源を配置したそうです/【右】同じくHDスタジオ。床面積 約220m²、高さ 約9mの大きなスタジオで、ブルーバックやグリーンバックのクロマキー撮影もできますが『ブルーサーマルVR』では使用しませんでした。「スタジオにグライダーを搬入してクロマキー撮影することも検討しましたが、VR映画の場合、太陽光の当たり方や、地面と人やグライダーとの接地などで違和感が出やすいとの判断から、滑空場で撮影することにしました」(廣瀬氏)


第3回の公開は、2018年9月を予定しております。

『ブルーサーマルVRーはじまりの空ー』関連情報

『ブルーサーマルVRーはじまりの空ー』の視聴方法については、下記をご覧ください。
bluethermal-vr.com
www.vrtheater.jp/  

『ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部-』関連情報

小沢かな/新潮社/BUNCH COMICS
圧倒的リアリティと感動のストーリーで話題のグライダー青春譚!
コミックス全5巻 好評発売中!

STORY
主人公の都留たまき(通称・つるたま)は恋愛をするために入学した大学でグライダーと運命的な出会いをする。"空飛ぶ部活"体育会航空部を舞台に、少年少女達の光り輝く青春ドラマが幕を開ける----。

特集