>   >  個性豊かな18人のアイドル、5つのユニットのMVを一手に制作、スマートフォンゲーム『Readyyy!』MV
個性豊かな18人のアイドル、5つのユニットのMVを一手に制作、スマートフォンゲーム『Readyyy!』MV

個性豊かな18人のアイドル、5つのユニットのMVを一手に制作、スマートフォンゲーム『Readyyy!』MV

セガ製作・総指揮による女性向けアイドル育成ゲーム『Readyyy!(レディ)』。今回はそこに登場する5つのアイドルユニットのMV制作を紹介する。手がけたのは本誌ではお馴染みのダンデライオンアニメーションスタジオ。モデリングから演出までアーティストのこだわりを取材した。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 243(2018年11月号)からの転載となります。

TEXT_武田かおり / Kaori Takeda
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada


配信:セガゲームス/価格:基本無料(アイテム課金あり)/キャラクター原案:えびら/キャラクターデザイン:森 光恵/キャラクター制作:Production I.G/MV制作:ダンデライオンアニメーションスタジオ
ready.sega.jp

アーティストの技量が光るフレッシュなアイドルたちの表現

『Readyyy!』はトップアイドルを目指す18人の男子高校生を5つのユニットとしてデビューさせ、育成していくスマートフォン向けゲームだ。セガゲームスより配信が予定されていて、キャラクター制作とオープニングアニメーションはProduction I.Gが手がけ、アプリ内MVをダンデライオンアニメーションスタジオ(以下、ダンデライオン)が担当している。

  • 左より、リードアニメーター・福井雄大氏、プロジェクトマネージャー・泉 貴也氏、演出&3DCGディレクター・西田映美子氏、リードコンポジター・川口紗希氏、リードアニメーター・伊東巧右平氏、リードモデラー・金谷翔子氏、テクニカルディレクター・常川隆弘氏(以上、ダンデライオンアニメーションスタジオ)
    ※ダンデライオンアニメーションスタジオでは現在、モデラーを募集中。詳しくはCGWORLD.jpまで。

2017年初頭にセガゲームスから企画の内容が伝えられ、全部で18人のキャラクター、5本のMVをつくることが決まった。本格的な制作は6月からスタートしたという。

ただし当時、企画は初期段階だったため、キャラクターのイメージは明確には決まりきっていなかった。キャラクターの原案はあったものの、公式絵や設計などはなく、Production I.Gによるラフ画とセガゲームスによる文字ベースのキャラクター設定しかない状況だったという。ディレクターを務めた西田映美子氏は「セルシェーディングのキャラモデリングは当社の強みのひとつですので、キャラの見え方などは任せてもらうかたちで制作を始めました」とスタート時期をふり返る。とはいえ、18体ものキャラクターを数枚の絵と文字ベースの資料だけでモデリングするのは難しい。スタジオのスケジュールもあり、モーションキャプチャのいくつかはモデリングよりも先行して収録したが、現場ではセガゲームスのプロデューサーと「このキャラならこう踊るはず」と詳細を考え、振付師やアクターたちと共有した。「アクターさんたちがキャラクターの個性を深く理解して臨んでくださったおかげもあって、モーションキャプチャ収録時にようやくキャラクターの個性が視覚化された印象があります」と西田氏。

こうしてモデリング工程は順調に進み、アニメーションの作成過程でも文字情報とアクターの演技、それにアニメーターの思い描くキャラクター像を合わせることで、キャラクターごとの性格が表れるような動きを付けることができた。華やかさあふれるアイドルの歌とダンスのMVは、ファンを魅了する出来映えになっている。

Topic01
キャラクターの情報や設定をモデルに盛り込む

キャラクターの見え方を模索しながらのモデリング

前述のようにキャラクターモデルは全部で18体をつくる必要があったが、当初はキャラクターデザインも衣装のデザイン画もない状態だった。キャラクターの設定もセガゲームスによる文字ベースの情報しかなかったため、モデラーが各自で原案や作画のラフを読み解き、イメージを集めて補完しながらモデルを作成していった。

リードモデラーの金谷翔子氏は「キャラクターの文字による資料はたくさんあったので、少しでも原案のイメージに近づけられるように、性格や生い立ちなどの情報をモデルに反映させていきました」と語る。キャラクターは、最終的にアニメーション作品として、レンダリングしたときに見映えが良くなるよう、それぞれ制作が進められた。1体のキャラクターを完成させるのにかけた期間は約1ヶ月。頭部に8日間、衣装に10日間、フェイシャルに3日間、そして微調整。「アイドルは顔が命です。中でも目は重要パーツなので、髪の毛で隠れすぎないようにしました」と金谷氏。制作についてはキャラクター資料に基づいたセガゲームスからのフィードバックに合わせて進められた。

セットアップに関しては「mcp」「fcp」「anim Pri」「animSec」という4種のアセットを使用している。「mcp」はモーションキャプチャの際に、リアルタイムでモデルにデータを反映させるのに使用するアセットだ。また、「fcp」はフェイシャルキャプチャ用のアセットで、あ・い・う・え・おの母音のターゲットが入っている。「animPri」(プライマリアセット)はキャラクターの四肢や顔を動かし、「animSec」(セカンダリアセット)は揺れもの関係を調整する。セットアップ担当の常川隆弘氏は「セットアップには1体につき、ひと月弱をかけています。いったん完成したものでも、実際にアニメーションを付ける際に要望が出れば応えていきました」と語る。アイドルらしい、指先や毛先の繊細な動きも非常に巧みに付けられているので、ぜひ実際のMVを確認してみてほしい。

セルシェーディングを得意とするダンデライオンならではのキャラクターモデル


アイドルユニットのうちのひとつ「SP!CA」の久瀬光希の表情集

久瀬光希のモデル。まず身長175cmのベースモデルをつくり、それぞれのキャラクター設定の体格に合うよう調整を加えて作成している

最終的なレンダリング。"爽やか笑顔の下町王子"という久瀬光希のキャッチコピーが立体で表現されている


ダンデライオンではアニメーションやルックデヴなどの後処理を踏まえて、細かなモデリングルールを定めているという



  • アニメーション時に体のパーツを自在に調整できるよう、モデルの顔のパーツは全てオブジェクトで作成。影や二重ライン、目のハイライトも全てオブジェクトで表現されている



  • 髪の毛に関しては、シリンダー状の髪房ではプリミティブ感が出やすく、ライトを当てると見映えが悪くなりがちだ。平たく、かつ表面と影面をハードエッジで分けることで、ライティングしたときのCG独特の影を抑えている


「SP!CA」メンバーの目。「目力は制作の全ての工程で重要です。目だけでもキャラが立つようにしました」(金谷氏)

アニメーターファーストのセットアップ



  • 「animPri」はモーションキャプチャからのアニメーションをベースに肢体の基本的な動作、およびフェイシャルアニメーションを行うためのリグで、前述の「mcp」と「fcp」を合わせたような機能をもっている



  • 「animSec」は髪の毛や洋服、アクセサリーなど揺れもの関係のリグを追加したアセット。アニメーター側で修正できるレイヤー構造になっている。なお、指についてはシンプルなFKのみのリグを設定。「指の動きが滑らかなのは、アニメーターの努力の賜物ですね」(常川氏)

細かな調整も可能なフェイシャル

フェイシャルは大きく3レイヤーに分けて構成されている



  • おおまかに動かすための、softModを入れた、柔らかい表現が可能なリグ



  • 形状を細かく決めることができる、skinClusterやClusterを使用したリグ


最終的な絵に近づけるための、ブレンドシェイプターゲットを用いたリグ。「ブレンドシェイプやsoftModで顔を変形させても、skinClusterでウェイトが設定されたリグが変形に合わせて追従するのが特徴です」(常川氏)

次ページ:
Topic 2 個性をより引き出すアニメーションや撮影での演出

特集