>   >  エンジニアにもオススメ! 3Dドットモデリング
エンジニアにもオススメ! 3Dドットモデリング

エンジニアにもオススメ! 3Dドットモデリング

四角形の「箱」だけを使い、様々なキャラクターやステージを造形する3Dドットモデリング。『Minecraft』『クロッシーロード』『ポケモンクエスト』などの人気ゲームにも使われているため、慣れ親しんでいる人も多いだろう。書籍『まるごとわかる3Dドットモデリング入門』の著者でソフトウェアエンジニアでもある今井健太氏(DeployGate inc.)が、その魅力と作成方法を紹介する。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 245(2019年1月号)掲載の「エンジニアにもオススメ! 3Dドットモデリング」を再編集したものです。

TEXT_今井健太 / Kenta Imai(DeployGate inc.
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)

絵心がなくても、キャラクターやステージを造形できる

3Dドットとは、2Dドット絵をもじって作成された造語です。一般的にはボクセルと呼ばれていますが、わかりやすく表現するため、本記事では3Dドットと記述します。3Dドットモデリングは、ゲーム用アセット作成での活用に加え、アート表現としても注目されています。一般的なモデリングを行なっているモデラーの方々はもちろん、普段はモデリングを行わないアニメーターやエフェクトアーティスト、ゲームデザイナー、エンジニアの方々にもおすすめしたい手法です。「モデリングをやってみたい」「やってはみたけれど、絵心がなくて挫折した」「ゲーム用アセットを自分で作成したい」といった思いや経験のある方は、ぜひ本記事を参考に、3Dドットモデリングを始めてみてください。

  • まるごとわかる3Dドットモデリング入門 ~MagicaVoxelでつくる! Unityで動かす!~
    発売日:2018年7月24日
    著者:今井健太
    出版社:技術評論社
    定価:2,780円(税抜)

    本書では、ゲームをつくりたいけどキャラクターやステージなどのゲーム用アセットを作成できない、ハードルが高くて挫折してしまうといった人に向けて、できるだけ簡単に、絵心がなくてもゲーム用アセットを作成できる方法を紹介しています。また、筆者の最新作や最新情報は下記サイトにて紹介しているので、合わせてご覧ください。
    voxel.henteko07.com


3Dドットモデリングでは、ボクセル(四角形の箱)のみを使ってキャラクターやステージを造形するため、一般的なモデリングにはない制約があります。しかし、この制約があるから、絵心がなくても形をつくりやすいというメリットもあります。一般的なモデリングの場合、思い描く形を表現することは初学者にとって非常に難しい行為です。練習のため、ほかの人がつくったモデルを真似ることですら簡単ではありません。ですが3Dドットモデリングはブロック玩具を積み上げる感覚で様々なモデルを作成できるため、誰でも簡単に綺麗な形を表現できますし、ほかの人のモデルを真似ることもそれほど難しい行為ではありません。

これは、2Dのイラストとドット絵の関係に非常に似ていると思います。ほかの人が描いたイラストとドット絵、どちらを模写するのが簡単かと問われたら、圧倒的に後者ですよね?以上の理由から、3Dドットモデリングはモデリング初学者にオススメの手法と言えるのです。以降では、3Dドットモデリングのソフトウェアと作成方法について、具体的に紹介していきます。

MagicaVoxelなら、レンダリング機能も抜群

ひとくちに3Dドットモデリングと言っても、それを実践できるソフトウェアはいくつか存在します。本記事では、代表的な4つのソフトウェア(MagicaVoxelQubicleVoxelShopgoxel)の特徴や機能を比較する表をつくってみました。どのソフトウェアを使っても基本的な3Dドットモデリングは実践できますが、対応OS、料金、機能の充実度、操作性、エクスポートできるファイル形式の種類などの点でちがいがあるため、自分に適したものを選択しましょう。

▲3Dドットモデリングができる代表的な4つのソフトウェアの特徴や機能を比較してみました。筆者が一番おすすめするのはMagicaVoxelですが、どのソフトにも一長一短があります。まずは試してみて、自分に適したものを選択しましょう


筆者が一番おすすめするソフトウェアはMagicaVoxelです。これは@Ephtracy氏が個人で開発している無料ソフトですが、その機能は有料ソフトに負けません。モデリング機能はもちろんのこと、レンダリング機能も抜群に優れています。例えば、ライトの強さや色、影の濃度を簡単な操作で調整できます。

建物の壁を半透明なガラス素材にして、内部のモデルも見えるようにするといった表現もできます。さらにカメラの被写界深度を調整し、指定した位置の手前や奥をボケ気味にすることもできます。そのためレンダラを別途導入しなくても、MagicaVoxelだけで綺麗な画づくりが可能です。

▲【左】建物の壁一面を半透明なガラス素材にして、内部の壁やテーブルまで見えるようにしています。MagicaVoxelの[Matter]ツール内にある[Glass]を使うと、ボクセルに割り当てたマテリアルの透明度や屈折率を調整できます/【右】手前の椅子にピントを合わせ、奥はボケ気味にしてみました。MagicaVoxelでは、レンダリング時にピントを合わせたい位置をクリックすることで、被写界深度を調整できます。ボケ表現を効果的に使うと、遠近感や空気感が強調できますし、おしゃれな雰囲気の画づくりもできます


qb、obj、ply、xraw形式へのエクスポートも可能で、ほかの3Dソフトや、Unityなどの各種ゲームエンジンにデータを取り込めます。そのためアート作品の制作や、ゲーム開発の一環として3Dドットモデリングをしている方々のニーズも満たしてくれます。

そんなMagicaVoxelの残念な点を挙げるとすれば、OSS(Open Source Software)ではないので拡張性がないことと、UIが独特で、慣れるまでに少し時間がかかることでしょう。加えて日本語へのローカライズはされていないため、初めて触れる人はどのように操作すればいいのか迷ってしまいます。そんな人の手助けとなるように、次項からのTopic2では、MagicaVoxelによる3Dドットモデリングの基本的なやり方を解説します。

次ページ:
MagicaVoxelによる
3Dドットモデリング

特集