>   >  熱い漢たちの生き様をフルCGで描く力作『蒼天の拳 REGENESIS』前篇
熱い漢たちの生き様をフルCGで描く力作『蒼天の拳 REGENESIS』前篇

熱い漢たちの生き様をフルCGで描く力作『蒼天の拳 REGENESIS』前篇

フルCGアニメ『蒼天の拳 REGENESIS』の制作を担当したポリゴン・ピクチュアズに、"漢らしさ"を追求したという同作のメイキングを紹介してもらった。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 245(2019年1月号)からの転載となります。

TEXT_石井勇夫(ねぎぞうデザイン)
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

『蒼天の拳 REGENESIS』
原作:漫画『蒼天の拳』(原哲夫・堀江信彦 監修:武論尊)/監督:鹿住朗生/CGキャラクターデザイン:勅使河原一馬、佐藤宏美/アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ/製作:株式会社 蒼天の拳

  • Blu-ray『蒼天の拳 REGENESIS』第1巻&第2巻好評発売中!
    第3巻12月21日(金)、第4巻1月30日(水)発売!
    【初回生産限定版特典】 ★原哲夫 描き下ろし豪華仕様アウターケースほか、豪華特典満載!
    各巻6 話収録/ 価格:18,500円+税

  • コミックス『蒼天の拳 リジェネシス』第1巻&第2巻好評発売中!
    原作:原哲夫/監修:武論尊/脚本:八津弘幸/作画:辻 秀輝
    各巻定価:本体580円+税
    発売:徳間書店
    発行:ノース・スターズ・ピクチャーズ

©原哲夫・武論尊/NSP2001, ©蒼天の拳2018

安定した画づくりとスケジュールを実現したフルCGアニメ

80年代の大ヒット作『北斗の拳』の前日談『蒼天の拳』がフルCGアニメ『蒼天の拳 REGENESIS』として放送されている。制作を担当したのは、『亜人』(2016)や『シドニアの騎士』(2014~2015)などTVシリーズの実績をもつポリゴン・ピクチュアズ(以下、PPI)だ。アニメ化にあたって重要視されたのは、作画の安定だった。その点CGは作画崩壊することなく相性が良いという原作サイドの思惑があり、フルCGでのTVシリーズの実績があるPPIが選ばれたという。スケジュールは、オリジナルキャラクターのデザインやルックデベロップメントに1年、ストーリーリール(モーションキャプチャを基にした絵コンテの代わりになるもの)と実制作で1年3ヶ月という進行。制作の遅れはなく、協業先からは感謝されるほど順調に進められたそうだ。

  • 左から、モデリングスーパーバイザー・大橋永志氏、CGスーパーバイザー・中尾嘉樹氏、CGキャラクターデザイン/コンセプトスーパーバイザー・勅使河原一馬氏。以上、ポリゴン・ピクチュアズ
    www.ppi.co.jp

モデリングSVの大橋永志氏はいち早くキャラクター試作の段階から、CGSVの中尾嘉樹氏は脚本から参加し、CGスタッフも企画の初期から関わっている。キャラクターのデザインやモデリング、アセットまではPPIが行い、その後は台湾のスタジオに外注された。PPI社内は少数精鋭で、コアのSVとディレクター、制作管理・進行で20~30名ほど、外注や美術スタッフを含めると約150名になるという。使用ツールはMayaをメインに、コンポジットはNUKE、アセットでPhotoshopZBrushMARI、エフェクトでHoudiniを使用している。

本作は、中性的なキャラクターが多い昨今のアニメに対する差別化として「漢(おとこ)、愛、朋友」をコンセプトに、男くさい裸の殴り合いの、昭和臭を目指している。「ターゲットはおじさんで、マッチョじゃない人は出てきません。それがけっこう女性にも受けたみたいです」と中尾氏はふり返る。原作のもつ漢らしさを追求した世界観をどのようにCGアニメ化していったか、みていこう。

POINT 01
原ワールドをフルCGアニメとして表現するための情報量を意識した徹底的なルック開発

本作は、原作独特の画風をどのようにCGで再現するか、ルック開発に力を入れている。「原哲夫先生の絵柄の魅力や迫力をどう出すかに苦心しました。一番研究したのは影ですね」と、CGキャラクターデザイン/コンセプトSVの勅使河原一馬氏。常にキャラクターの顔が逆光になる劇画テイストを活かすようなアイデアもあったという。影は3Dモデルの形状によってシェーダから落ちるものと、テクスチャとして描き込んでいるものの2種類。「原作の情報量が多いので、どこまでテクスチャを描き込めばいいのか手探りでした」(大橋氏)。女性の顔も、はじめは影が少なかったが、霞拳志郎に合わせて目の下の涙袋や眉間に影を落とすように調整された。肌と髪の毛はセル調、ほかはCGルックというハイブリッドなルックで、セル調の部分はハイライト、ノーマル色、二段階影の構成だ。原作の服の情報量を再現するため、テクスチャが明るいところは細かな模様が浮き出て、影にはあまり乗らないようにする表現も採用している。CGのルックが特殊なため、テクスチャと特殊効果を入れた状態でNUKEを使って色指定を行い、さらにNUKEで画づくりするという工程は、本作ならではだ。

情報量との戦い! 影表現の試行錯誤

原作の情報量をどのように、そしてどこまで表現すればいいのか探るため、まずはコンセプトアートが作成された

コンセプトアートを基に描かれたデザイン画

はじめに情報量が把握しやすい顔のテクスチャを作成したが、顔の情報量が増すと、首から下が寂しく感じられる

  • 裸のデザイン画。このように距離が離れれば違和感はないが、近いと情報量が足らず、テクスチャを描き足すことに

ZBrushでCavityMaskを作成し、それをアタリにしてテクスチャを描く

筋肉の情報量の取捨選択をしつつ、顔の情報量とのバランスに気を配り、どこにどの程度の筋肉の谷の黒い線を描くか、影をどの程度の領域で描くか、体を動かしたときの印象の変化などを考えながら調整していく

顔だけ常に逆光となるライティングも試したところ、迫力は増したが不自然だったため、採用は見送られたという

次ページ:
セル調とCGルックのハイブリッドとなった最終的な影表現

特集