>   >  「アニメ×会計」セミナーリポート(前編)>>もし、あなたがアニメ制作会社を起業するなら?
「アニメ×会計」セミナーリポート(前編)>>もし、あなたがアニメ制作会社を起業するなら?

「アニメ×会計」セミナーリポート(前編)>>もし、あなたがアニメ制作会社を起業するなら?

アニメ×会計 〜アニメ制作会社における会計担当者の役割りと会計実務〜」と題した異色とも言えるセミナーが、2018年9月5日、アカツキのセミナールームにて実施された。登壇者は、長編映画『ペンギン・ハイウェイ』(2018)を制作したアニメ制作会社スタジオコロリド(以下、コロリド)取締役・宇田英男氏。そして、コロリド起業時から税理士として協力してきたアカウンティングフォース税理士法人代表社員・加瀬洋氏の2人だ。会場には、アニメ制作会社に関わる経営者、クリエイター、経理担当者など様々な顔ぶれが集まった。

セミナー内容は、資金調達、会計処理、税務処理など多岐に渡ったため、本記事は前後編に分けてお届けする。ぜひ、「もし、自分がアニメ制作会社を起業するなら?」という問いを思い浮かべながら読んでいただきたい。

・後編はこちらで公開しています。

TEXT_渡辺 由美子 / Yumiko Watanabe(@watanabe_yumiko
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)

起業2年目で短編オリジナル劇場作品へ。コロリドの賭け

宇田氏は、大手電機メーカーを経て、アニメ制作会社に入社。いくつかの会社で制作管理を担当し、その後独立してコロリドを起業した。長く管理を担当してきた宇田氏。会計セミナーを開催した動機を、「アニメ業界は、アニメが好きで、アニメをつくりたいという純粋な動機で入ってきた人が多く、魅力があります。一方で、数字を根拠に物事を考えられる人は少ない気がします。会計や制作コストなどの数字を把握できる人が増えれば、業界はもっと良くなっていくと思います」と語る。

宇田氏と共に登壇し、会計専門知識を解説するのは、アカウンティングフォース税理士法人の加瀬氏だ。コンテンツ業界の会計業務に詳しい加瀬氏は、宇田氏がコロリドを起業したときから協力してきた盟友。セミナーは、コロリド起業時の苦労話をふり返るところから始まった。

▲【左】会場風景/【右】加瀬洋氏(左)と宇田英男氏(右)

・宇田英男氏プロフィール
スタジオコロリド取締役/ファウンダー。ジェノスタジオ取締役/管理担当。レヴォルト取締役/管理担当。1978年神奈川県出身。大学卒業後、大手電機メーカーに就職。その後アニメ制作会社2社で管理を経験し、2011年にスタジオコロリドを起業。2014年にツインエンジン、2015年にジェノスタジオの設立に参画。若手の人材育成とアニメの制作現場における環境の向上を目標に、会社経営や管理業務を行う。

・加瀬洋氏プロフィール
公認会計士 税理士。アカウンティングフォース税理士法人代表として、起業支援、会計・税務相談、会計・税務顧問を行なっている。コンテンツ業界に強く、ゲーム会社、アニメ制作会社などの顧客をもつ。東京都の創業支援施設東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)で宇田氏と出会い、スタジオコロリド創業時の会社支援、会計顧問を務める。


コロリドはインキュベーションセンターの小さな部屋からスタートした会社。「コロリドは知名度のあるプロデューサーやアニメーターではなく、いち管理者の僕が立ち上げた会社なので、実績も営業力も資金力もありませんでした。なので最初はCMやPVなどの受託作品を堅実に手がけて、いずれは夢であるオリジナル作品をつくりたいと思っていました」(宇田氏)。

そこに石田祐康氏が入社した。後の『ペンギン・ハイウェイ』の監督だ。そこで転機が訪れたという。「このままCMなどの受託制作を続ければ、会社の経営はうまく回って安心。なのですが、やっぱり石田さんとつくる作品に賭けてみたい。オリジナル劇場作品という実績をつくりたいと思いました」(宇田氏)。


コロリドは、起業2年目で初の短編オリジナル劇場作品『陽なたのアオシグレ』(17分/2013年公開)を制作する。一番の課題は、資金調達だった。「アニメ業界のスタンダードな資金調達の方法は、いくつかの会社で『製作委員会』を組成することです。けれども僕はコロリド自身が権利をもつ形で作品をつくりたかったので、リスクを承知で、アニメ制作会社としては珍しいのですが、制作会社自らで資金調達を行うことにしました」(宇田氏)。

加瀬氏は、当時のことをふり返る。「オリジナル劇場作品の制作にはすごくお金がかかるし、ヒットしなかったときのリスクも大きい。『会社の実績や資金力が不十分ですから、受託制作をして会社の体力をつけることを優先しましょう』と宇田さんにアドバイスをしたのですが、全然聞いてもらえませんでした(苦笑)」(加瀬氏)。

「突っ込んでいけるタイミングだと思ったので、突っ込みました。僕の心の中で『石田さんの才能を埋もれさせたくない。オリジナル作品をつくりたい。石田さんを20代の間に劇場長編監督にしてあげたい』という気持ちの方が勝ってしまって。会社としては大きな賭けでした。......今ふり返ると、危ない橋を渡っていたなと思います」(宇田氏)。

初年度の売上は数百万円だったというコロリド。『陽なたのアオシグレ』がスマッシュヒットし、フジテレビと組んで制作した短編映画『台風のノルダ』(新井陽次郎監督/26分/2015年公開)で売上が急増。そして今年は初の長編映画『ペンギン・ハイウェイ』が話題を呼び、さらなる成長を続けている。

「なかなかできることではありません。『陽なたのアオシグレ』の制作後、そのまま終了のケースも十分考えられたんですが......宇田さんの実力と運はすごいなと思っています」(加瀬氏)。

アニメ制作会社による資金調達は難しいため、製作委員会が組成される

前述の通り『陽なたのアオシグレ』の制作時、コロリドは自社での資金調達にチャレンジした。だが、その方法では銀行などの融資を受ける難易度が高く、2作目以降は製作委員会を組成するようになった。アニメ業界における製作委員会とはどんなものだろうか。加瀬氏は、製作委員会が組成される理由と仕組みについて説明する。

「製作委員会が組成される背景には、アニメ制作は資金調達のハードルが高いという理由があります」(加瀬氏)。アニメ制作には莫大なお金がかかる。大勢のスタッフに支払う人件費、家賃などの固定費、そして作品を視聴者に届けるためのTV放送や映画配給の費用もかなりの額になる。製作委員会とは、その費用をまかなうために、いくつもの会社が合同で出資して、出た利益を出資割合(比率)に応じて分配する仕組みだ。共同出資には、資金が集まるメリットだけでなく、その作品がヒットしなかったときのリスクを分散する効果もある。

「複数の会社が合同で出資し、製作委員会に資金をプールしておく。"みんなの共通のお財布"というイメージです。そのお金を使って、アニメ制作会社に作品づくりを依頼します」(加瀬氏)。出資する会社は、そのアニメが世に出ることで原作が売れる、宣伝になるなど、直接的なメリットのある会社が多くを占める。映像、ゲーム、出版などの各種コンテンツを販売する会社に加え、テレビ局や広告代理店、さらにコンテンツの制作会社が出資者として参加することも多い。


「製作委員会のそのほかのメリットとして、作品を視聴者に届けるルートが確保できるという点があります。出資する会社は放送・配信、販売などの自社ルートをもっていて、宣伝も可能なのです」(加瀬氏)。アニメで得た利益は、出資した各社に出資額と同じ割合で分配されていく。アニメの場合は、作品の一次利用(テレビ放送・配信・劇場公開など)での利益に加え、ビデオ化、グッズ化などの二次利用での利益も多い。

製作委員会を取りまとめる会社は「幹事会社」と呼ばれ、出資した各社を束ね、利益分配や管理も担当することになる。『陽なたのアオシグレ』ではコロリドが自社で資金調達をし、利益分配や管理などの業務を宇田氏自らが担うことになった。「加瀬先生の会社にお任せしようにもお金がなかったので......自分でやったらすごく大変でした(苦笑)」(宇田氏)。例えばアニメの二次利用などで収入があった場合には、定期的に会計を締め、出資額に応じて利益を分配する業務が発生する。

加瀬氏が「製作委員会は、法律的には民法上の任意組合です。組合契約で、例えば「7年間、継続します」といった"契約上の縛り"を設けたりします」と言うと、宇田氏が「製作委員会が継続し、長く利益を上げてくれれば、それは自社の売上にもつながるので経営者としてはありがたい。でも、会計処理の観点から見ると結構難しいですよね」と返す。

どんな点が難しいのだろうか?

加瀬氏は語る。「実はここがアニメ業界の特徴で、会計ルールの裁量の余地が大きいと言いますか、未整備と思われる部分が多く、決算書作成に関する画一的なルールがありません。製作委員会に入ってきた収入や利益を、どう会計処理に落とし込むのか。幹事会社や出資会社、出資した組合員は、出た利益をどう自社に取り込むのか。そういったことを明確に示したルールがないのです」。

次ページ:
会計ルールが未整備なために起こるリスク

特集