>   >  「アニメ×会計」セミナーリポート(後編)>>もし、あなたがアニメ制作会社を起業するなら?
「アニメ×会計」セミナーリポート(後編)>>もし、あなたがアニメ制作会社を起業するなら?

「アニメ×会計」セミナーリポート(後編)>>もし、あなたがアニメ制作会社を起業するなら?

製作委員会が組成される背景や、アニメ制作会社の資金調達について紹介した前編に続き、後編では「管理会計の重要性」や「会計処理と税務処理のちがい」について紹介したい。登壇者は、アニメ制作会社スタジオコロリド(以下、コロリド)取締役・宇田英男氏と、コロリド起業時から税理士として協力してきたアカウンティングフォース税理士法人代表社員・加瀬洋氏の2人だ。

宇田氏は大手電機メーカーを経て、アニメ制作会社に入社。いくつかの会社で制作管理を担当し、その後独立してコロリドを立ち上げた。起業2年目で短編オリジナル劇場作品『陽なたのアオシグレ』(17分/2013年公開)の制作にチャレンジする中で、スタートアップ時期ならではの苦労を味わった。管理の現場を多数経験してきたことから、アニメ制作を「数字」で把握・管理する重要性を感じている。

TEXT_渡辺 由美子 / Yumiko Watanabe(@watanabe_yumiko
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)

アニメ1本の制作にかかる人件費・時間などを数字で把握する

宇田氏は、「アニメ業界のクリエイターが、できるだけ安定した環境でものづくりに専念できる仕組みをつくりたいという思いを、起業時からもっていました」と語る。アニメは、大勢のクリエイターに発注をして、数ヶ月から年単位の時間をかけて制作される。予想外のコストが発生しやすく、会社の体力を削るケースも多い。だからこそ、管理の必要性が高いのだという。

▲【左】会場風景/【右】加瀬洋氏(左)と宇田英男氏(右)


「アニメ業界ではなぜ数字がブレるのか。それは人がつくっているからです。スケジュールがきつくなってから人を増やしたりすると、予算に収まらないシチュエーションが出てきてしまう。そこが大変なのです」(宇田氏)。重要なのは、予算管理だという。「『この作品は利益がこれくらい見込めるから、これくらいのお金が使える』という予測を事前にしっかり立てることで、アニメの制作時に『どれくらいまでならコストを支払えるか、どこまでリスクを取って挑戦できるか』がわかります。今回はセミナーの参考用に、ある作品の売上や制作費などを試算した予算表をつくってみました」(宇田氏)。


紹介された予算表(上図)では、1年間を四半期に分け、売上・変動費・限界利益・固定費・労務費・経費・貢献利益・製造原価などの項目ごとに、過去の制作実績を基に数字が導き出され、利益と経費の合計が算出されていた。

「アニメの予算管理の基本は作品です。1本の作品に、どれくらいのお金が使われて、どれくらいの利益があるのか。この予算表は一例として作成しましたが、こうした表の形式も"業界の標準"ができればいいなと思っています」(宇田氏)。

アニメ制作の数字は、大きく「収入」と「コスト(支出)」に分解でき、「コスト」はさらに2種類に分解できる。ひとつは作品の制作に応じて変動する「変動費」。もうひとつは作品がなくても固定で発生する「固定費」だ。この「固定費」のほとんどは「販管費」(※1)に含まれることが多い。

※1 販管費:販売費、および一般管理費のこと。広告宣伝費、営業、経理担当者の給与など、作品をつくる直接費以外に必要となる費用のこと。

宇田氏は、アニメ産業は、ほかの産業と比べるとムダな部分が多いように感じていると語る。「利益やクオリティにつながらないことに人材と時間を費やすケースが多いです。スケジュールが悪化することで想定外の対応をしなくてはいけなくなり、結果的にクオリティも下がり、費用がかさむというケースがアニメ業界では多く発生しており、これがムダの生じる原因のひとつになっています。利益だけでなく、クオリティも数字に変換して把握することで、ムダを削ったり、どこに注力すればどれだけ効果を出せるかがわかったりします」(宇田氏)。

リソースの集中と選択をすることで、コストを削減するだけでなく、作品のクオリティも上げられると宇田氏。数字を把握するために必要なのが「管理会計」だ。

人件費がメインのアニメ業界で重要なのは「管理会計」

ここから、加瀬氏による管理会計の説明が始まった。「皆さんが経営的な視点で会社の会計業務を行う場合、中小企業であれば『財務会計』よりも『管理会計』が重要になってきます」(加瀬氏)。


会計には「財務会計」と「管理会計」の2種類がある。端的に言うと、会社全体の収入と支出を決算書の形で取引先、債権者、税務署といった外部に見せるのが財務会計だ。それに対し、社内業務を把握するために作成するのが管理会計だ。例えば、「会社全体でかかった人件費はいくら」というように会社全体の収支把握に用いるのが財務会計で、1プロジェクトあたりの人件費を算出するのが管理会計だ。管理会計の方がより自由度が高く、会社のニーズに合わせて、必要な情報を収集することを目的とする。

「管理会計では、実際の制作にかかった時間やコストを集計したりして、計画との比較や採算の良し悪しの評価を行うため、次のアクションに結びつけやすくなります。アニメ制作会社においては、管理会計が圧倒的に重要です。アニメ制作のコストの大半は人件費で、時間の経過と共に増えていくからこそ、増減をしっかりコントロールする必要があります」(加瀬氏)。

アニメ制作のスタッフは外注のフリーランスも多い。経営的な視点で見ると、クリエイターをどの時期に何人投入するかが思案のしどころで、その判断が会社の支出と作品のクオリティを左右するという。

時間あたりの利益の算出

加瀬氏が経営する会社では「1時間あたり、どれだけの利益を出しているか」を算出しているという。「アニメ制作会社においても、管理担当の方は、枚数であれ、進捗であれ『時間あたり〜』を指標とする数値の把握を心がけてもらえればと思います。その視点に欠ける会社経営は、危うい採算状態になりかねません。ただ、過度に目標数値をタイトに設定しすぎると、今度はスタッフのモチベーションや作品のクオリティがないがしろにされてしまうことがあるので、両方のバランスを取ることが求められると思います」(加瀬氏)。

すると、宇田氏が実際に計算した結果を語った。「突き詰めると、アニメは1枚1枚の絵の集合体。なので、TVアニメ1話の制作にかかる全コストを集計し、1枚の絵の制作に直接関わっているコストの割合を算出してみました」(宇田氏)。

それが以下のスライドだ。


「この予算配分はあくまで一例ですが、絵の制作に直接関わっているコストは全体の約50%という考え方ができます。アニメをつくる際には、制作進行が自動車で絵を回収するコストをはじめ、直接的な"絵づくり以外の費用"も相当な額になります。こういった制作工程を数字で理解することで、どの部分を改善すれば良いかという具体的な行動指針が見えてきます」(宇田氏)。アニメ制作にかかるコストの50%が"絵づくり以外の費用"だとわかったことが、宇田氏にとって大きな気づきとなった。その気づきを経て、より多くのリソースを絵づくりに集中させたいという思いで進めているのがアニメ制作の「デジタル化」だ。

次ページ:
デジタル化によりムダを省き
働く人の報酬体系を変えたい

特集