>   >  VRChatを用いてVR空間で開催される展示即売会「バーチャルマーケット」の魅力に迫る
VRChatを用いてVR空間で開催される展示即売会「バーチャルマーケット」の魅力に迫る

VRChatを用いてVR空間で開催される展示即売会「バーチャルマーケット」の魅力に迫る

来たる3月8日(金)~10日(日)の3日間、VRChat内の特設ワールドにて、仮想空間上の展示即売会「バーチャルマーケット 2」が開催される。そこで今回は、バーチャルマーケット 2の開催に先がけ、本誌『vol.248』の特集「リミテッドモデリング」より、バーチャルマーケットの主要スタッフへのインタビューを紹介しよう。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 248(2019年4月号)からの転載となります。

TEXT_石井勇夫(ねぎぞうデザイン
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

VRChat Inc.が開発運営しているVRコミュニケーションサービス「VRChat」は、VR空間で会話をしたり、コントローラを使って身振り手振りを加えてコミュニケーションをとったりできるサービスだ。オリジナルの3Dモデルを使ったアバターも使用可能で、日本でも注目されている。そのVRChatの特設ワールドで、3月8日(金)~10日(日)の3日間「バーチャルマーケット 2」が開催される。前回よりスケールアップした日本最先端のVRイベントについて、開催の主要スタッフへインタビューした。

  • バーチャルマーケット 2
    開催日:2019年3月8日(金)、9日(土)、10日(日)〈全3日間〉
    開催場所:VRChat内特設ワールド
    バーチャルマーケット:来場者が会場に展示された3Dアバターや3Dモデルなどを自由に試着、鑑賞、そして外部サイトを利用して購入できる仮想空間上の展示即売会。バーチャルマーケットは、その開催を通じて「仮想現実空間を発展させ、豊かにする」ことを目指す
    www.v-market.work

バーチャルマーケットとは

CGWORLD(以下、CGW):自己紹介とバーチャルマーケット(以下、Vケット)の解説をお願いします。

舟越 靖氏(以下、舟越)VR法人HIKKY代表として、広報・営業・会計管理および取材対応をしています。「リアル側」での対外的な活動の統括・担当ですね。

新津佑介氏(以下、新津):昨年の8月に開催したVケット 1では、Webサイトの作成、SNSの運営や外部からの問い合わせなどの窓口として、調整を担当していました。今回も運営スタッフ間の契約面などの調整や取材対応、PV制作を担当しています。

【左】新津佑介氏 フナコシステム/HIKKY映像編集・ディレクション
【右】舟越 靖氏 フナコシステム代表取締役/HIKKY代表取締役
www.funaco.co.jp
www.hikky.life

動く城のフィオ氏(以下、フィオ):Vケットの主催をしている、旅するバーチャルYouTuberの動く城のフィオといいます。見た目は小さい女の子だけど、300歳を超えるおじいちゃんで「ロリじい」というジャンルの生物になります(笑)。現実世界では妻がひとりと小さな息子がふたりいるパパでもあります。

  • 動く城のフィオ氏
    バーチャルマーケット主催(HIKKY所属)
    VTuber/Virtual-Tainer/仮想空間興行師

水菜氏(以下、水菜):HIKKYに所属している水菜です。本業はエンジニアで、フィオさんと一緒にバーチャルマーケットの主催をやっています。

  • 水菜氏
    バーチャルマーケット副主催(HIKKY所属)
    企画補佐/裏方/脚本/異世界酒場マスター

フィオ:Vケットは、VR空間上で行われる同人イベントのようなものです。VRChatの中に特設のイベント会場を用意して、3Dモデルをつくっているサークルさんが自分のブースを出展します。来場者は会場でアバターの3Dモデルを試着してみたり、アクセサリーや武器とかの装備を手に持ってみたり、お気に入りの3Dモデルを探すイベントですね。コンセプトは「Vケットを開催して、バーチャル空間をより豊かにすること」です。

CGW:今回は2回目の開催となりますが、Vケット 1はいかがでしたか?

フィオ:Vケット 1の開催前後で、VRChat内でのアバターの流行が大きく変わり、見かけるアバターのバリエーションが増えましたね。

水菜:かなり盛り上がって、Twitterでトレンドの1位になりました。VRChatを知らない人もTwitterでVケットの動画を見かけて「何だこれは?」と。映画『サマーウォーズ』(2009)みたいな未来を感じた人たちが、すごく大勢いたみたいです。

フィオ:開催された昨年の8月は、VRがココまで来たかという月でした。VケットみたいなVR空間上での大規模なイベントが開催されたり、輝夜 月さんのVR LIVEが開催されたり。同時多発的に起きたので、VR特異点といわれています。Vケットに行きたいからVRChatを始めたという人も多くて、すごく嬉しいですね。出展するために初めて3Dモデルをつくった人もいて、サークル側にとっても来場者にとっても、VRに注目するひとつのキッカケになったのではないでしょうか。

CGW:前回とのちがいや、Vケット 2の見どころを教えてください。

フィオ:すごいですよ、今回は。みんなを歴史の目撃者にします(笑)。まずは出展サークルの数が76から426に増えました。短期間でクリエイターさんが5倍になったんです。より多様に、たくさんのクリエイターのこだわりが詰まったものが集まってくるお祭りになるんじゃないかな。それに合わせて会場(ワールド)も6種類用意しています。前回はブースのイメージを邪魔しないような、装飾のない会場でしたが、今回は会場ごとに明確なテーマをもって作成しました。みんなで統一された世界をつくるイメージですね。

水菜:前回は1日だったけど、今回は平日を含んだ金・土・日の3日間の開催になったことも大きいかな。3日あれば平日・休日のどこかで参加できますし。VRなので、家でHMDをかぶれば新幹線とか飛行機とかの移動を考えなくてもいいです。時間の制約なく会場を24時間開くこともでき、VRならではの開催ですね。

フィオ:会期が3日間に増えてもまわりきれないくらいの濃さになっています。それと、いろいろな企業さんが協賛というかたちで応援してくださることになりました。Vケットのエントランスに入ると、企業スポンサーの協賛ブースが並んでいる道にくるので、それも見どころです。ほかにも、アクセサリーなど、Vケットで販売されている3Dモデルを購入すると、3Dプリントされた実物が届くというものもあります。VR空間でもリアルでも、同じものを持つことができるんです。

Vケット 1の様子

Vケット 1の会場はひとつで、装飾はあまり個性を出さない方針だった。それでも、自由なVR空間だけあって、現実の建築より自由かつ独創的である。各出展者のブースでは3Dデータが展示され、来場者は気に入ればBOOTHなどで購入するながれだ。実際にHDMを装着して会場を歩かせてもらったが、デスクトップ画面で見るより広く、動きもリアルで没入感が高かった。アバターで見た目こそちがうが、歩きながらコミュニケーションをとるのは現実と同じ感覚だ。一方で、現実ではできないような高いジャンプをすることもでき、VR空間ならではの面白さもあって飽きさせない

次ページ:
Vケットにおける制限

特集