>   >  映画・ゲーム・TVアニメほか、優れたCG・VFX作品が集結「VFX-JAPANアワード2019」表彰式レポート
映画・ゲーム・TVアニメほか、優れたCG・VFX作品が集結「VFX-JAPANアワード2019」表彰式レポート

映画・ゲーム・TVアニメほか、優れたCG・VFX作品が集結「VFX-JAPANアワード2019」表彰式レポート

3月6日(水)、一般社団法人VFX-JAPANによる日本の優れたCG・VFX作品を顕彰する「VFX-JAPANアワード2019表彰式」が東京・秋葉原UDXシアターにて開催された。会場では、2017年11月〜2018年10月末までに公開されたCG・VFX作品から推薦により選出された優秀賞26作品と、各部門の最優秀賞7作品が発表された。各部門の優秀賞作品と、最優秀賞受賞者のコメントをレポートする。

TEXT_峯沢琢也 / Takuya Minezawa
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充/ Mitsuru Hirota

先導的視覚効果部門:最優秀賞『チコちゃんに叱られる!』

先導的視覚効果部門の最優秀賞にはNHKのTV番組『チコちゃんに叱られる!』が選出され、代表として林 伸彦氏(株式会社NHKアート 総合美術センター デジタルデザイン部 CG映像担当部長)、中野大亮氏(同部所属)が登壇した。優秀賞には『REAL 3DMAP TOKYO 夜景』『IGT-VR』『Sony Immersive Space Entertainment / KLEIN』が輝いた。

■最優秀賞
チコちゃんに叱られる!

■優秀賞
REAL 3DMAP TOKYO 夜景
IGT-VR
Sony Immersive Space Entertainment / KLEIN

林 伸彦氏(株式会社NHKアート 総合美術センター デジタルデザイン部 CG映像担当部長)

「本日はこのような栄誉ある賞に選んでいただき感謝します。『チコちゃんに叱られる!』は最近いくつかの賞をいただきましたけれども、CG・VFXを生業にしております皆さんの投票によって選ばれた賞を本当に楽しみにしておりました。スタッフ一同本当に喜んでおります。『チコちゃん』は特番を始めるときには本当に「無謀なんじゃないか?」と心配されておりました。そしてレギュラーシーズンが始まるときには1年間本当にやりとげられるのか? と自分たちでも心配しておりました。ですが幸いにも多くの方々のご支援をいただきながらなんとかやりとげまして本当に多くの人の支持を得ることができました。その支持を糧にスタッフの皆も1年間頑張ってきたと思っています。『チコちゃん』はまだまだ続きます。これからもますます『チコちゃん』の魅力を引き出せるようスタッフ一同頑張っていきたいと思います、今後とも応援をよろしくお願い致します。本日はどうもありがとうございました」(林氏)


  • 中野大亮氏(株式会社NHKアート 総合美術センター デジタルデザイン部)

「自分たちが最優秀賞を取ると思っていなかったので、何の準備もしていないんですが(笑)。『チコちゃん』を初めて制作したのは2年前、当時はまだ30分の特番で、それが終わった後に「まずは番組がレギュラー化したら良いね」、その次に「紅白に出たいね」、さらには「ボーっと生きてんじゃねーよ!」が刺激的なワードですので「流行語大賞とか取れたら良いね」と、飲みの席で冗談で言っていましたら、本当に全部叶ってしまいました」(中野氏)。

CM・プロモーションビデオ部門:最優秀賞『カップヌードルCM 「HUNGRY DAYS 最終回 篇」』

CM・プロモーションビデオ部門の最優秀賞は『カップヌードルCM 「HUNGRY DAYS 最終回 篇」』。代表として背景CGの制作を担当した山内 太氏(Slanted ディレクター)が登壇した。優秀賞には『GINZA SIX スペシャルムービー「メインストリート」篇』『マクセル コーポレートムービー「未来のカケラ、この手の中に。」』『WELL DONE SABOTAGE 「NEW ORDER」ミュージックビデオ』が選出された。

■最優秀賞
カップヌードルCM 「HUNGRY DAYS 最終回 篇」

■優秀賞
GINZA SIX スペシャルムービー「メインストリート」篇
マクセル コーポレートムービー「未来のカケラ、この手の中に。」
WELL DONE SABOTAGE 「NEW ORDER」ミュージックビデオ


  • 山内 太氏(Slanted ディレクター)

「素晴らしい賞をいただきありがとうございます。今回の作品はネタが良かったのかなと思います。クライアントも監督も好きにやって良いよ、ということで結構楽しんで好き勝手やりまして。20秒ぐらいの尺ですがスケジュールも2ヶ月弱あっていろいろ試すことができ、こういう賞もいただけまして本当に良かったと思います」(山内氏)。

ゲーム映像部門:最優秀賞『Project Awakening』

ゲーム映像部門の最優秀賞には、Cygamesが現在開発中の『Project Awakening』が選出され、代表として細谷宜史氏(株式会社Cygames 3DCGアーティストチーム)が登壇。優秀賞には『モンスターハンター:ワールド』『STREET FIGHTER V ARCADE EDITION』と、いずれもカプコンのタイトルが選ばれている。

■最優秀賞
Project Awakening

■優秀賞
モンスターハンター:ワールド
STREET FIGHTER V ARCADE EDITION

『Project Awakening』PlayStation® LineUp Tour(日本語音声)


  • 細谷宜史氏(株式会社Cygames 3DCGアーティストチーム)

「この度はゲーム部門で最優秀賞をいただき誠にありがとうございます。そして『Project Awakening』を制作している優秀なスタッフたちに感謝したいと思います。『Project Awakening』は現在鋭意製作中なのですが内容や映像のクオリティともに皆様のご期待を簡単に超えてくるようなとんでもないモノが生まれようとしています。私自身も日々ワクワクしながら制作を進めておりますので、引き続き『Project Awakening』にご期待下さい」(細谷氏)。

次ページ:
テレビ番組アニメCG部門:最優秀賞『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』

特集