>   >  企画提案から実制作まで一手に担うCutting Edge流CM制作:ソフトバンク『しばられるな』&GEEKLY『Mr.Geekly/転職エージェントの意味』
企画提案から実制作まで一手に担うCutting Edge流CM制作:ソフトバンク『しばられるな』&GEEKLY『Mr.Geekly/転職エージェントの意味』

企画提案から実制作まで一手に担うCutting Edge流CM制作:ソフトバンク『しばられるな』&GEEKLY『Mr.Geekly/転職エージェントの意味』

企画から完成まで短期間で制作するCMの現場。世界トップクラスの技術をもち、オーストラリア最大級のポストプロダクションスタジオCutting Edgeの日本スタジオが得意とする分野でもある。今回はCutting Edge流のCM制作について中心スタッフに話を聞いた。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 249(2019年5月号)からの転載となります。

TEXT_石井勇夫(ねぎぞうデザイン
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

日本の現場を盛り上げたい! 実力者が集うVFXスタジオ

オーストラリアのVFXポストプロダクションスタジオ Cutting Edgeは、グループ内にデジタルエージェンシーやプロダクション企業をもつ、企画から制作までワンストップで対応できるワールドクラスのスタジオだ。日本では、10年ほどひとりで営業活動を行なってきた松尾順治エグゼクティブプロデューサーを代表として、2016年に法人化した。2017年にスタジオを設け、VFX・CGIを中心にポストプロダクションサービスを提供し、CMを中心に映画、TV番組、ゲームなどの映像を広く手がけている。「オリンピックが決まったことを機に、日本のマーケットでもっと活動しようという機運が高まり日本スタジオを起ち上げました」と松尾氏は設立の経緯をふり返る。

前列左から、渡部健司VFXスーパーバイザー、ベンジャミン・リチャーズ アジア・リージョナル・マネージャー、松尾順治エグゼクティブプロデューサー。後列左から、ラザロ・スアレズ VFXアーティスト、遠藤厚子PR・マーケティングマネージャー、橋本杏奈プロデューサー、申 崇寛リードアーティスト、野村直樹VFXアーティスト。以上、Cutting Edge
www.cuttingedge.com.au

「CGだけではなく、VFXの領域は広いのです。Cutting EdgeはCGIスタジオではなく、VFXのスタジオを目指しています」と語るのは、今年2月にVFX SVとして参加した渡部健司氏だ。80年代のCG黎明期から業界に携わり、特撮の現場も経験し、今は大学教授もしているという豊富なキャリアをもつ同氏の考察は鋭く、深い。日本にはVFX全体がわかるSVやスタジオが少ないという懸念と、海外に追いつくように日本のVFXを盛り上げたいという想いがあり、Cutting Edgeはその先駆けとして動いていくとのことだ。CMなどのVFXを担当している申 崇寛氏は、同社に参加して約1年半。現在はリードアーティストを任されている。「入ってすぐにオーストラリアの本社へ3ヶ月ほど出向しました。撮影現場まで行って監督や照明、撮影などのスタッフとミーティングしながら業務をこなすスタイルです」と申氏。渡部氏と申氏は顔見知りで、偶然の再会に驚いたそうだ。「経験豊富な渡部さんという富士山に登って、追いつけるようにがんばります」(申氏)、「俺はエベレストですよ(笑)」(渡部氏)と、ふたりのやり取りからは互いに意識し合って切磋琢磨をしている様子が窺えた。今回は、Cutting EdgeのVFXに関する考え方や実際の制作事例を紹介する。

Topic 1 本格的なVFXスタジオの構築に向けて

撮影前から参画するスタイルで無駄を省いて効率的に制作する

VFXとは、CGIだけでなく、モーションコントロールカメラ、マットペイント、スペシャルメイクアップ、ミニチュアなど、広い領域を含んでいると、渡部氏は話す。日本には、まだ海外のようなトータルで制作できるVFXスタジオと呼べるところは少ないという。「僕はCGから業界に入り、特撮の経験も積んできました。ここ数年は大学の教授もやっていて、若手をどう業界に送りこむか考えたときに、日本に本格的なVFXスタジオがないと気づいたのです。最近は中国やインドなど、アジア圏にもVFXスタジオができているのに、日本はガラパゴス状態です」と渡部氏は警鐘を鳴らす。そこでCutting Edgeは、依頼されたVFX制作だけでなく、クライアントのイメージに対して撮影現場で表現のアイデアを出したり、スケジュールや予算も念頭に入れた選択肢を提示したり、プロジェクトの初期から制作に入り込んで提案していくスタイルのVFXスタジオを目指しているという。それを体現しているのが申氏だ。

「ある案件では、クライアントからどうやって演出を達成すればいいかの相談をいただいたので、すぐに伺ってラフコンテを見せてもらいながら話を進めました。予算なども聞いて、どこまで撮影するか、どこをCGでつくるか、具体的に検討します」(申氏)。できるだけ撮れるものは撮影し、それでも撮れないものをつくるのがCGだという。特にスケジュールがタイトなCM制作の現場では、いかに無駄を省くのかが大事だ。だからこそ、現場で一緒に仕事をするスタッフと面を通し、コミュニケーションを円滑にできるようにしておく必要がある。監督が何を目指しているかは、素材を渡されただけではわからないのだ。

一方「私たちは以前から行なっていましたが、VFXの担当者が撮影現場に立ち会って発言できるようになったのは最近ですね」と渡部氏。フィルムからデジタルに代わり、新しい技術が採り入れられ、撮影現場にもデジタルに詳しい人が不可欠になってきたのだ。また、渡部氏は制作現場でVFXの地位が上がってきていると感じているという。「VFXは撮影後に何かをするポジションではなく、撮影前から視覚効果の提案をしたり、プリビズをつくったり、エフェクトプランや合成プランを提案したりするのが本来のスタイルです。Cutting Edgeはそれを体現し、今までにないVFXスタジオを目指していきます。そして自分たちだけではなく、日本のVFXに関わるみなさんと一緒にやっていきたいので、ぜひ他社とコラボなどもしてみたいですね」と、渡部氏は今後の展望を語ってくれた。

VFXとCGIの関係図

渡部氏によるVFXとCGIの関係図。VFXにはCGI以外に多くの領域がある。「CGをやっている人からすると"VFX"は当たり前に使う言葉だけれど、CGIは緑の枠で囲われている部分でしかありません。VFXの領域はもっと広く、CGIと距離のあるフィールドもたくさんあります。日本だと、これらVFXをひとくくりで制作できるVFXスタジオはまだ成立していないのが現状です」(渡部氏)。幅広く活動している同氏はその現状に気がつき、Cutting Edgeの東京スタジオを、VFX全体を網羅したスタジオにしていくという

撮影用の機材たち

VFX作業を行うにあたり、様々な情報を収集するために機材は必須だ。Cutting Edgeでは、以下のような環境撮影用機材を主に使っている。カメラ:キヤノンEOS 5DsR、レンズ:SIGMA 8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE およびキヤノンEF24-70mm F2.8L USM、レリーズ:キヤノン リモートスイッチRS-80N3、雲台:Nodal Ninja 6 + Nodal Ninja RD10 Advanced Rotator、レベラー:Nodal Ninja EZ-Leveler-II、三脚:ベルボンシェルパ445Ⅲ、360度カメラ:サムスンGalaxy Gear 360、カラーチェッカー:X-Rite ColorChecker Passport PhotoおよびX-Rite ColorChecker Classic、メジャー:ボッシュ電動工具 レーザー距離計 GLM150。なお、グレーボール&ミラーボール&グリッドは手づくりだ。スティッチは、魚眼の場合はPTGuiを使用。Galaxy Gear 360による360度撮影の場合は、NUKEで展開と調整することもあるとのこと

次ページ:
Topic 2 CM制作におけるVFXの役割

特集